サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. トリポッド 2 脱出

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

トリポッド 2 脱出(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.1
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/283p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-011497-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

トリポッド 2 脱出 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 ジョン・クリストファー (著),中原 尚哉 (訳)

トリポッド 2 脱出 (ハヤカワ文庫 SF)

691(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

白い山へ

2005/12/04 21:07

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新シリーズとしては、二作目になりますが、一作目が、書き足されて、4作のシリーズになったため、本来の、トリポッド・シリーズだとオープニングの作品になります。
 前作から、百年単位で時間は経過した地球(主にヨーロッパ)が舞台です。
 トリポッド側の支配政策により、我々の高度だった文明は、もう既に、滅んでいて先史文明と呼ばれています。
 で、本書内での文明の進展度は
丁度、中世ぐらいな感じ、高度な、内燃機関や電力を使用した動力
は、一切使用されていません。
 前作でも登場したトリポッド側からの、支配を受ける
キャップをかぶらされる、戴帽式が、14才になると、
行われると、取り決められています。
 併し、このキャップに対して疑問をもつ主人公は、
14歳の戴帽式の直前に、故郷(今でいう英国)を、脱出、
トリポッドの支配が及んでいなく且つ
抵抗活動が行われているという、南部の白い山脈地帯
(前作でも出てきましたが、今でいうスイスあたり)
を目指します。
と、いうプロット。
 主人公が、逃避行の旅の途中に訪れる、
伯爵家なんかでの、生活描写なんかでもあるのですが、
中世っぽい世界観で、これは、一種のファンタジーっぽくも、
仕上がっています。
 このシリーズが、英語圏では、優良書として、
欧米では、推薦本となっていると前回も書きましたが
そのとおりで、戴帽式=大人への成長儀式であり、
キャップをかぶってトリポッドへの支配を受けるということ
イコール大人として社会の枠の中で生活することと、
同意義にとれます。
 そのことの、心の揺れも、主人公は、微妙に感じていて、
キャップをかぶっても、取り分け、命に別状があるほど、
過酷な生活を強いられるわけでもなく、
伯爵家で、介抱を受けている時など、このまま、キャップ人として
生活するほうが、緩やかで、穏やかな幸せでは、ないかと、さえ
思ったりします。
 まぁ、成長ものの、一種のジュヴィナイル小説なのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

へっへっへっ、しぃ〜んりゃぁくしゃ〜っ!

2006/01/30 18:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宇宙の三文文士 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あっ!そうか。このシリーズものを「襲来」から読んでいる人は知っているわけですよね。
なぞの「三本脚機械」が宇宙からの侵略者であるっツーことを。口絵にも書いてあるし。
むかし読んだときとずいぶん印象が違って感じたのはそのせいか、ウン(勝手に自己論決)。
だけどオジマンディアスかんけーのやりとりには、もっと複雑なスパイアクション(コメディー含有?)さながらの雰囲気があったような気がするんだけどなぁ…。
 二十年ぐらい前に読んだ頃はまだ「襲来」のエピソードはなかったので、ミツマタマンジュウアタマ(ヘンな呼び方はよせ)が何者なのかは、話が進まないと解りませんでした。
で、いろいろ推理推測をかさねて想像してみたわけです。そんな勝手な推測がずいぶん想像の幅を広げてくれました。
またそうした想像と合致するかのようなストーリーを展開する映画やアニメや小説やらもずいぶんあったように思いますケド。もしかして発想の原点って同じだったりします?そんなわけないか…。
 推理推測の過程も答えが解っちゃってると「えぇい、うっとうしい!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
でもなぁ〜んにも知らずに「脱出」から読み始める人がいたら(口絵も見ないで?)、独自の世界観を切り開いていけるかもしれませんよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

自由への逃走

2005/01/25 06:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の主人公ウィル・パーカーから
ごあいさつ。

「やあ、みんな、元気? ウィルだよ。前作はどうだった。
ドハデに「異星からの侵略者」トリポッドが暴れたから、
そういうのが好きな人には
よかったかもしんないな。

でも、『脱出』がそもそもの第一作目なんだ。
トリポッドに征服された地球が舞台。
いたるところキャップをかぶった人間が歩いていて、
彼らはトリポッドのいいなり。

平和に見えるかもしれないが、違う。
それは、トリポッドの恐怖政治によるものなんだ。

ぼくは従弟のヘンリーと発明狂、
つーかちょっと変なビーンポールと三人組で
トリポッドに支配されていない場所を求めて旅に出る。

三人寄れば文殊の知恵なんだけど、三人寄れば派閥ができる。
対立も二人より三人の方が込み入っていて物語もぐっと深くなる。

でも、ぼくは、旅の途中、病に倒れ、貴族の館で手厚い看病を受ける。
静養しているうちに、館の人たちとも心が打ち解け、
このままここで一生暮らしても構わないと心が動く。

しかあし、僕は男だ。先に旅立った二人に追いつこうと馬を走らせる。

それまではなりを潜めていたトリポッドがぼくたちをやっつけに来る。
ものすごいスピードで。

やっとの思いで逃げ切ったが、旅は続く。
その中でトリポッドをいつか必ず
やっつけてやると心に誓うぼくたち。

いいところでto be continued
次をお楽しみにねえ、バイバーイ!」

だとさ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/01/17 00:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/17 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/29 02:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/10 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/06 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/30 09:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/03 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む