サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. あさぎ色の風 とこしえ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あさぎ色の風 とこしえ(コバルト文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2005.1
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/220p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-600537-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

あさぎ色の風 とこしえ (コバルト文庫)

著者 藤堂 夏央 (著)

あさぎ色の風 とこしえ (コバルト文庫)

473(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/01/22 23:27

投稿元:ブクログ

一巻でここまで物語がすすむかー!とちょっと驚きつつ(笑)

油小路の変はもうちょっと丁寧に書いて欲しかったかなと。
沖田と土方からの視点ではなく、番外編で永倉視点でやった方が良かったかもと思います。
山南さんのシーンは中々、明里さんとの係わり合いをもっと濃く描けていればもっと綺麗に感動するんだけど、一冊に詰め込むとしたらこんな感じで万歳なんだろうなあ。

沖田の死については言うこと無し、ずっと一人で寂しかったんだろうなあと思います。
土方がいなかったら彼はずっと一人でしょうから。兄貴分の彼がいてくれたから、彼も安らかに死ねたんだろうなと仄かな苦さと儚さを感じたり。

沖田と土方の物語はこれで完結とのことですが、まだ描いて欲しいお話はたくさんあります。
この後の蝦夷共和国は勿論ですが、最近発売されたうたかたのようにもう少しだけ物語を続けて欲しいなと思います。
そこまで思わせてくれる素晴らしい作品でした。
全体的に中高生向きの新撰組小説と言う感じで読みやすく、やはり「燃えよ剣」を越える面白さではなかったですが、こちらでも十分楽しめましたので、一般の方も是非。
うたかたのレビューはまた今度書きますが、また別の形(漫画とか)でもこれに会えればいいなあと思ったり。
続き、是非とも期待しています。
ではでは、この作品に関わった全ての人物に幸せがありますように。

2011/01/25 00:46

投稿元:ブクログ

山南脱走〜沖田の死まで。シリーズ完了。
このあたりになると読むペースが落ちてしまう。
鳥羽伏見の戦いの場面が少ないのが救いか。

2010/05/08 23:50

投稿元:ブクログ

(シリーズ通しての感想で)沖田さん視点、土方さん視点で話しが進みます。沖田さんと土方さんの会話が楽しいです。それと伊庭さんもたくさん出て来てその2人も良かったです。特に最期に沖田さんが伊庭さんに頼む事は、この話の中では伊庭さんがどうしたかまでは出て来ませんが、最期知ってる人なら涙です。

2010/03/15 20:05

投稿元:ブクログ

あさぎ色の風シリーズ第5弾にして本編最終巻。
読みたいんですが、在庫の取り扱いもなく、古本屋でもみつからず…。と思ったら、近所の古びた本屋で発見。

今回は山南さんの死、油小路など新撰組にとっての転機でまさにここから一直線に転がり落ちていく場面。何より、総司の最期。最後の総司の語りには、悲しくて切なくて、でもどこか清々しく、そしてとても愛しくて。
今までのところに4冊も使っているのに、これだけの話を1冊できゅうきゅうに書いちゃうのはちょっともったいなくて、もっとしっかり書いて欲しかった。作者もこのあたり書くのが辛かったようですが、読者としてはもっと読みたかったし、読みたい場面だったというだけですが。

2011/05/21 00:00

投稿元:ブクログ

最後は駆け足だったなあ。まあ、沖田を主役の一人に据えている以上、仕方がないけども。一応、歴史は押さえている、という感じ。

居候だった子どもの頃の刷り込みが原因で、役に立たないと居場所がなくなると必要以上に恐れている総司、というキャラは、キャラとして納得できなくもない…

けど、この作者さんはきっとほんとは、沖田よりも、土方さんと斉藤、伊庭が好きなんだろうなあ、というのを行間からうっすら感じた(笑)。穿ち過ぎかな。
いや、土方と沖田の絆はことあるごとに描写されてはいるんだけど…

総司の最後のシーン、一番泣けるのはやっぱり燃え剣、そして幕末の青嵐だな…(この本の感想じゃなくてごめんなさい;)

2011/10/19 22:35

投稿元:ブクログ

 終わっちゃった……。
 終わっちゃったなぁ……。
 切ない……。

 最後、ものすごく、総司の結核を治してあげたくて仕方がなくなった。
 今はちゃんと治る薬があるのにね……
 最後の最後に、一人取り残される、というのはどういう気持ちなんだろう……
 寂しいよね、きっと。

2013/05/19 16:53

投稿元:ブクログ

最後の方がかなり駆け足でちょっと拍子抜けしてしまいました。
良くも悪くもライトノベルといった感じですが、史実はきちんと押さえてありますし、気軽に読める新選組モノとしてはおすすめです。
ただ、シリーズ全体を通してBLくさい記述が多々ありますので、そういったものに抵抗がある方は気をつけた方がいいかと思います。