サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン 10/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

論理表現のレッスン(生活人新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.1
  • 出版社: 日本放送出版協会
  • レーベル: 生活人新書
  • サイズ:18cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-14-088132-1
新書

紙の本

論理表現のレッスン (生活人新書)

著者 福沢 一吉 (著)

論理表現のレッスン (生活人新書)

734(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

懇切ていねいな説明がいい

2008/12/23 23:38

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:半久 - この投稿者のレビュー一覧を見る

好評だった、前作『議論のレッスン』の続編。懇切ていねいな語りくちは健在だ。

なぜ論理表現のレッスンなのかというと、だいじなのは「論理的に思考する」ことではなく「思考を論理的に表現する」ことだからだ。
思考はそもそも論理的なものではなく、ハチャメチャなものであるという。しかし、そのハチャメチャな思考をそのまま表現してもわかってくれる人はほとんどいない。第三者に伝えるためには、なんらかの共有ルールにしたがって自分の考えを整理して、表出する必要がある。そのルールが論理ということになる。

このルールを学び、例題を使ったレッスンによって、論理表現力を磨いてもらおうというのが本書のねらいだ。新しい「アイテム」もいくつか登場するが、基本からしっかりレクチャーしてくれるので、前作を読んでいなくてもついていけると思う。

そのアイテムだが、まず「理論語」と「観察語」がでてくる。簡単にいえば、使い方を決めて使う語が理論語であり、決めないで使える語が観察語になる。一般に理論語のほうが抽象度は高い。議論のすれ違いを防止するためには、理論語の再定義をしっかりしておくことがたいせつになる。
次は「論証」。これも簡単にいえば、主張と根拠のペアに、隠れた根拠であるところの論拠が加わったもの。主張と根拠と論拠は、論証の勘どころである(このあたりは前作と同じ)。
さらに論証の二大類型として、「演繹的論証」と「帰納的論証」が登場する。ごぞんじの方にはおなじみのものだが、著者はまったくの初心者でも理解できるように説明してくれる。続けて論証の妥当性・推測力・健全性を判定するための方法が解説される。

妥当性の高い論証とは、統計的なデータが根拠となっている主張なのであるが、これをおこなうのはけっこうむずかしい。最初から統計になじまないタイプのもの、まだ統計化されていない「素材」もある。世の中にあふれかえっている「主張」の相当数は、統計的なデータに裏づけられているわけではない。そういった主張は、みずからの体験や皮膚感覚などに照らしてやっていることが多い(それを完全に排除するわけにもいかないのが、むずかしいところだ)。
単なる放言ではなく、信頼性の高い主張をするということはたいへんなことなのだ。

最後の終章における「論証の評価」が、まとまりきれてないように感じた。だが、総じて初心者に好適であるだけでなく、中級者にも復習として使えるよい論理本であると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/29 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/03 10:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/05 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/10 19:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/31 06:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/21 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/23 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/21 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/18 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/07 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む