サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0704-05)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2005/02/01
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/552p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-325181-4
文庫

紙の本

カンディード 他五篇 (岩波文庫)

著者 ヴォルテール (作),植田 祐次 (訳)

カンディード 他五篇 (岩波文庫)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

ミクロメガス 5−45
この世は成り行き任せ 47−82
ザディーグまたは運命 83−227

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

新世界から宇宙から。

2010/07/27 00:06

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

特に冒頭の「ミクロメガス」が気に入り。シリウスを巡る巨大な惑星の一人の住人が、故郷の星を離れた旅の途中で地球を訪れるのだが、惑星の大きさに比して彼の体も地球人よりも格段に大きい。そのサイズは地球人の2万倍である。彼は途中、土星にも立ち寄り、そこの住民も同行しているのだが、そのサイズはちょうどシリウス惑星人と地球人の中間ほどであり、地球人との対話においてシリウス惑星人ミクロメガスとの介在的役割を演ずる。彼らは生物の知性はその体の大きさに依存すると考えており、地球人の知性もそれ相当であるとみなす。そもそも地球人の存在を目に止めることが困難なのだが、しかしその知識人たちを対話してみると意外に知性的なことも発見し、また体の大きさから順当であるところにも大いに納得する。
これが風刺作品としてはスゥフト「ガリヴァー旅行記」のミニチュアで、宇宙規模で言えばベルジュラック「太陽の諸国諸帝国」などの拡張版に過ぎないとしても、やはり2万倍という思い切ったスケール感は瞠目に値する(ような気がする)。いや、面白い。荒唐無稽な感じがいいです。
そして奇妙な世界遍歴「カンディードまたは最善説」と、それに至る習作あるいは予告編のような諸作がある。「カンディード」では、無垢な主人公が、フランスとドイツの間の七年戦争の混乱をくぐり抜けてヨーロッパを彷徨し、さらに新大陸へ渡りエルドラド(黄金郷)を経て、トルコに到達する。これもこの時代=17世紀らしいダイナミックさに溢れて楽しい。その酷薄な運命、世間の不条理や汚職、人々の蒙昧さやご都合主義、学者の理想主義と世間知らず、全方位的にやたらめったと斬りまくる。それでいて全体に情けない感じ、諦念の情に溢れて、人を批判している場合かという自省が随所に現れる。
「この世は成り行き任せ」「ザディーグまたは運命」はアジアを舞台にして、半ば神話的とも言える展開でありながら、その論理的批判の餌食になる対象に東西の違いがあるように見えないのがミソだろう。「カンディード」の舞台もワールドワイドである。さらに言えばユニバーサルワイドである。戦争の残忍さ、悲喜劇あり、また当時ポルトガルでは大地震があって多くの死者を出したそうで、この出来事に大きな衝撃を受けたことも作品に現れている。その感性は現代にも通じるし、世界の拡がりを感じとるライブ感も瑞々しい。
哲学や神学、道徳などが関心の範囲として語られていて、哲学コントという呼ばれ方をしているが、むしろ現代となっては(というより哲学史を語られても分からないので)、旅の先々で発見する世界、襲来してくるものがもたらすもの、理念では解決しきれない数々の体験に新鮮さを感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/08 01:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/18 19:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/29 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/08 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/13 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/08 15:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/17 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/23 19:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/30 01:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/13 10:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/03 04:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/18 15:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/26 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/26 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。