サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  眠れなくなる本 眠りたくないときも眠れないときもあなたに寄り添う ~11/24

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 80件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2005/02/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/515p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-275003-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

終戦のローレライ 4 (講談社文庫)

著者 福井 晴敏 (著)

【吉川英治文学新人賞(第24回)】【日本冒険小説協会大賞(第21回)】【「TRC MARC」の商品解説】「ローレライは、あなたが望む終戦のためには歌わない」あらゆる絶望と...

もっと見る

終戦のローレライ 4 (講談社文庫)

税込 765 6pt

終戦のローレライ(4)

税込 765 6pt

終戦のローレライ(4)

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 4.5MB
Android EPUB 4.5MB
Win EPUB 4.5MB
Mac EPUB 4.5MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【吉川英治文学新人賞(第24回)】【日本冒険小説協会大賞(第21回)】【「TRC MARC」の商品解説】

「ローレライは、あなたが望む終戦のためには歌わない」あらゆる絶望と悲憤を乗り越え、伊507は最後の戦闘へ赴く。第3の原子爆弾投下を阻止せよ。孤立無援の状況下、乗員たちはその一戦にすべてを賭けた。そこに守るべき未来があると信じて。今、くり返す混迷の時代に捧げる「終戦」の祈り。畢生の大作、完結。【2005年3月公開 映画「ローレライ」原作】 (講談社文庫)


万感の思いを乗せ艦は行く信じた明日のため錯綜する思いもついには、たったひとつの真実にたどりつく。一丸となった乗組員は、その全てをかけて最期の戦いへと漕ぎ出だす。必涙の傑作長編小説、ここに完結。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー80件

みんなの評価4.3

評価内訳

電子書籍

終戦のローレライ、のタイトルが持つ意味

2017/12/04 15:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アルファ - この投稿者のレビュー一覧を見る

綿密なプロットに裏打ちされた物語が、著者一流の筆力で迫ってくる。映画や漫画もいいだろうが、情景のにおいまでかぎとれる感覚におちいるのは、小説の長所である。折笠少年を始めとする人物たちが向かう先を、是非読んでいただきたい。そして「終戦のローレライ」という言葉にこめられた想いの記述がある後半に至るまで、是非読み進めていただきたい。(追記:映画化の際にタイトルを単に「ローレライ」としたのは、残念でならない。まさにあのタイトルにこそ意味があるのだから)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

奇跡

2005/03/30 09:04

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

ごくたまに、読書を趣味とした自分を誉めてさえやりたくなる作品に出会う。年間約100冊読む中で、ほんの数作品。5作品は無い。この作品は、まさにそれにあたる珠玉の1作だ。
日本人として、というより人としての矜持が当然のように生きている。守るべき物の為に命を張り、後世の為に子供を諭そうとする大人らしい大人がいる。縦と横の社会が、礼儀と道徳を持って存在する。全て、現代社会が忘れてしまった「大事な物」。
人の命が軽んじられた時代。命の有り方を勘違いした時代。1ページ繰るごとに、死んで行った者達の無念を痛感し、今の時代に生まれた自分に感謝さえ覚える。だけに、「戦争は絶対にいけないのだ」という思いが溢れてくる。そして、自分の命も人の命も、全てかけがえの無い物であって、決して軽んじてはいけないのだと痛感させられる。読了時の呆然とした感触。珠玉というより、奇跡と言った方が良い作品かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ローレライの最終巻。

2009/02/07 22:10

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

ローレライの最終巻。

「国家としての切腹」の思想は、戦争を始めた大人たちのエゴなのでしょう。

それよりも「命の大切さ」を選択する乗組員に共感を覚えます。

圧巻なのは、最後の戦闘シーン。

アクロバット的な操船術と緻密な戦術。

この二つがかみ合って初めてなさせる驚くべき戦果。読む者を引きこませずにはいられません。映画のシーンも悪くはないのですが、文字情報による描写はディテールにこだわっているため、画像よりも現実感が増します。

しかし、最後はやはり「命」の大切さ。

「命をつなぐ」という表現がぴったりです。

「名も知れぬ 遠き島より 流れ寄る 椰子の実ひとつ 故郷の岸を離れて 汝はそも波に幾月・・・いずれの日にか 国に帰らん・・・」

しばらく詩が頭を離れませんでした。

龍.

http://ameblo.jp/12484/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦争

2020/12/30 19:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鎮文修 - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊507のクライマックスと戦後のエピローグが描かれる完結巻。
小説全体を通して描写がかなり長い。特に船の仕組みが分かっていないと場面を取るのが大変なのではないかと思った。しかしそれを上回る迫力と面白さだと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/17 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/23 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/01 06:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/15 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/24 09:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/17 20:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/02 15:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/13 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/25 09:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/04 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/19 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。