サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2005/02/10
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-42053-3
文庫

紙の本

アフガニスタンの診療所から (ちくま文庫)

著者 中村 哲 (著)

幾度も戦乱の地となり、貧困、内乱、難民、人口・環境問題、宗教対立等に悩むアフガニスタンとパキスタンで、ハンセン病治療に全力を尽くす中村医師。氏と支援団体による現地に根ざし...

もっと見る

アフガニスタンの診療所から (ちくま文庫)

税込 814 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幾度も戦乱の地となり、貧困、内乱、難民、人口・環境問題、宗教対立等に悩むアフガニスタンとパキスタンで、ハンセン病治療に全力を尽くす中村医師。氏と支援団体による現地に根ざした実践から、真の国際協力のあり方が見えてくる。テロをなくすために。戦乱の地での医師の実践。
解説=阿部謹也 「アフガニスタンと日本」


今、内外を見渡すと、信ずべき既成の「正義」や「進歩」に対する信頼が失われ、出口のない閉塞感や絶望に覆われているように思える。十年前、漠然と予感していた「世界的破局の始まり」が現実のものとして感ぜられ、一つの時代の終焉の時を、私たちは生きているように思えてならない。
強調したかったのは、人が人である限り、失ってはならぬものを守る限り、破局を恐れて「不安の運動」に惑わされる必要はないということである。人が守らねばならぬものは、そう多くはない。そして、人間の希望は観念の中で捏造できるものではない。本書が少しでもこの事実を伝えうるなら、幸いである。
(「文庫版あとがき」より)

「本書によって私たちはアフガニスタンの状況だけでなく、私たち自身の姿を見ることが出来るだろう。」――阿部謹也 (「解説」より)【商品解説】

目次

  • 帰郷―カイバル峠にて
  • 縁―アフガニスタンとのかかわり
  • アフガニスタン―闘争の歴史と風土
  • 人びととともに―らい病棟の改善と患者たちとのふれあい
  • 戦乱の中で―「アフガニスタン計画」の発足
  • 希望を求めて―アフガニスタン国内活動へ
  • 平和を力へ―ダラエ・ヌール診療所
  • 支援の輪の静かな拡大―協力者たちの苦闘
  • そして日本は…

著者紹介

中村 哲

略歴
1946年福岡県生まれ。九州大学医学部卒。医師。ペシャワール会現地代表、PMS(平和医療団・日本)総院長。84年ペシャワールに赴任。ハンセン病を中心とした貧民層の診療に携わる。86年からはアフガン東部山岳地帯に三つの診療所を設立。2000年以降は、アフガニスタンの大旱魃対策のための水源確保事業を実践。2019年灌漑面積約1万6500ha。年間診療数約8万人(2006年度)。著書に、『医は国境を越えて』『医者、用水路を拓く』(以上、石風社)ほか。19年12月4日アフガニスタン・ジャララバードで凶弾に斃れる。享年73歳。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

現代の木鐸

2020/03/23 09:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大きな夢を抱いた現実主義者。本書を読んで抱いた中村氏のイメージです。西洋式の上から目線援助に与することなく、現地主義を徹底。時を経てアフガニスタンに根付いたのはどちらかを見れば、中村氏の示した視点の重みがよくわかります。
先に「西洋式」と書きましたが、日本もすっかり西洋スタイル。本書を読んで、中国の一帯一路への対抗など、現在の日本の支援も、理念より実益が勝ちすぎているように思えてきました。
中村氏は後進国を発展途上国と言い換えるなら、先進国も発展過剰国と言い換えよとも書いています。発展過剰国の将来は明るいのかと問いかけているようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不朽の名著

2016/09/16 18:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

世界の荒地で人として生きるとはこういうことだ。困窮した人々とどのように接すればその苦しみを分かち合い、少しでも暮らし向きを良くしていくことがいるのかを考えさせる名著である。ここに学ぶべきことがたくさんある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

復刊

2020/01/13 08:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto Rosenthal - この投稿者のレビュー一覧を見る

正に殉職ともいえる最期を遂げた中村医師が、支援団体とともに現地に根差した医療を実践していく姿から、国際協力のあり方を見せてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/12/07 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/11 08:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/15 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/18 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/24 07:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/03 15:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/17 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/01 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/08 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/06 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/09 13:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/02 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。