サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 暮らし・実用の通販
  4. 健康・家庭医学の通販
  5. 哲学書房の通販
  6. 性のお話をしましょう 死の危機に瀕して、それは始まったの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.2
  • 出版社: 哲学書房
  • サイズ:20cm/192p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88679-151-4

紙の本

性のお話をしましょう 死の危機に瀕して、それは始まった (魂の本性)

著者 団 まりな (著)

生物の営みはDNAでなく細胞が担う! 有性生殖の本質は遺伝子の若返りと修復であり、遺伝子の組換えは修復の一方法にすぎないこと、遺伝子から「種」の謎に迫ることはできないこと...

もっと見る

性のお話をしましょう 死の危機に瀕して、それは始まった (魂の本性)

税込 2,640 24pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

生物の営みはDNAでなく細胞が担う! 有性生殖の本質は遺伝子の若返りと修復であり、遺伝子の組換えは修復の一方法にすぎないこと、遺伝子から「種」の謎に迫ることはできないこと等、定説を大胆に覆す創見に満ちた性入門。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

自然界の新たな見方を提示する洞察の書

2005/05/08 14:26

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:海寂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

もしもあなたが世界の秘密を垣間見たいと言うのであれば、何十年もの間、自然界を観察し、そして思索し抜いてきた人の話に耳を傾けるべきだ。
性はこの世で最も神秘的で霊妙な現象の一つだ。なぜ生物にはオスとメスが存在し、なぜ生命は、この二つが結合した受精卵から出発しなければならないのか。
著者の団まりな氏は、発生生物学者という立場から、長年にわたって、この問題の解明に取り組んできた。この問題ばかりではない。性の問題を含む生物界の全体が持っている秩序を論理的な構造として理解しようと努めてきた。その結果、「階層」という概念によって、生物界の秩序を体系化することに成功している。
性の問題は、その重要な部分を成している。読者は、性が原始の歴史の中で、どのように登場してきたかを見ることができると同時に、現在の生物界全体の壮大な交響楽の中で、どのような地位を占めているかということを概観することができる。
そればかりではない。本書には、生物学の従来の常識を打ち砕こうとする3つの主張が込められている。第1は、性の意義は、種や個体の多様性を生み出すためのものだという従来の常識に対して、本書では、「性は、細胞が若返って、死を越えていくためのもの」という立場に立っている。第2は、遺伝子に関して、現在の分子生物学では、まるで遺伝子ですべての現象が説明できるかのように考えられているのに対して、本書では、「遺伝子は情報に過ぎない。発生や遺伝を担っているのは、細胞質・細胞構造だ。」という立場に立つ。第3は、生物の進化は、遺伝子の突然変異によって起こると言う従来の考え方に対して、本書では、「細胞には何をしなければならないかある程度分かっている」という考え方が提示されている。
そして、従来の常識に対するこの3つのアンチテーゼは、ひとつながりの物語を成している。
この3つの考え方を通じて言えることは、有機分子のような生物の断片を扱うのではなく、生きて生命を持った細胞の全体を基本において考えようとしていることだ。
勢いのある、視覚的な文体によって、難解な事象も平易に理解できるようになっている。読者は、宇宙線や太陽光の注ぐ浅い海で起こった生命の誕生を、単細胞のクラミドモナスが合体するダンスを、そしてプールとトイレと料理人の付いた爬虫類の卵を、生き生きと目の前に思い描くことができる。
「科学」が、「細分化された専門領域における研究」と同義語となって久しいが、本来の「科学」とは、自然界の姿を全体として論理づけて捉えようとするものではなかっただろうか。そうした論理の提示とは、それはコペルニクスの地動説であったり、ダ−ウィンの進化論であったり、ウェゲナーの大陸移動説であったりしたわけだが、人類は、こうした新たな知識に触れるたびに、世界をそれまでのものとは違ったものとして見ることができるようになっていった。
古代ギリシャの時代から、学問とは、万物に対する知の欲求として存在していたのであって、そこには科学とか哲学とかの区別はない。
団氏の提示する「階層」に基づく世界観は、そうした学問の醍醐味を味わわせてくれるものだ。「階層」という新たな座標軸を得て、動物や植物の世界が今までとは違って見えてくる。性の問題について語る本書においても、「目からうろこが落ちる」という経験を何度もすることができる。
そういう意味において、本書は、易しく面白く書かれてはいるが、驚きと発見に満ちた深い洞察の書なのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。