サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. 神戸在住 7 (アフタヌーンKC)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神戸在住 7 (アフタヌーンKC)(アフタヌーンKC)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.2
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: アフタヌーンKC
  • サイズ:19cm/194p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-321167-3
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

神戸在住 7 (アフタヌーンKC)

著者 木村 紺 (著)

神戸在住 7 (アフタヌーンKC)

648(税込)

神戸在住(7)

540 (税込)

神戸在住(7)

ポイント :5pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「神戸在住 7 (アフタヌーンKC)」が含まれるセット商品

神戸在住(アフタヌーンKC) 10巻セット(アフタヌーンKC)

神戸在住(アフタヌーンKC) 10巻セット

  • 木村 紺
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:6,48060pt
  • 発送可能日:購入できません

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日和さんの死との直面。

2005/03/03 04:47

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:坂村 ゆうや - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前巻は亡くなった日和さんに対して主人公の桂があまりにアッサリしてたので、そうゆうものかな。と思っていましたが、7巻ではその想いが切なく描かれています。

 身近な人間の死でショックによる自己喪失の感覚がうまく描かれていると思います。

 日和さんの死は出会ったころから約束されていたことで、いつか必ず来るものが、ついに来てしまった。
 
 取り返しのつかないこと。それでも、乗り越えなければいけないこと。

 日和さんは、桂にどんな想いで接していたのか。それを考えると胸がつまります。もしかしたら、日和さんは桂に好意以上のもの持っていたかもしれません。でも、自分の体のことを考えると…。

 電車の中で読んでいて、危なく涙がこぼれるところでした。危ない。危ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

日和さんの死

2017/07/22 13:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり。
6巻で日和さんの死が知らされましたが、それを受けて桂が自分なりに日和さんのことを語れるようになるまでこれだけの時間がかかったということでしょうか。
私は日和さんのキャラクターがあまり好きではなかったのでそこまで思い入れが無いのですが・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/03/21 12:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/13 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/07 12:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/18 15:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/12 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/25 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/24 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/26 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む