サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

監督不行届(フィールコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 153件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2005/02/08
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: フィールコミックス
  • サイズ:21cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-396-76353-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

監督不行届

著者 安野 モヨコ (著)

監督不行届

864(税込)

監督不行届

540(税込)

監督不行届

ポイント :5pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー153件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

日本一のオタク夫婦に決定!

2005/04/21 14:04

13人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カルバドス - この投稿者のレビュー一覧を見る

安野モヨコといえば、大人気の女性漫画家だ。マンガに登場するキャラクター達同様に、本人もスマートでスタイリッシュ。そんな彼女が何を思ったか結婚相手に選んだのは、オタク文化の代名詞ともいえる、あの大ヒットアニメ『エヴァンゲリオン』の監督・庵野秀明だった。発表された時は、世のオタク達誰もが驚愕したものだ。もちろん、安野モヨコファンも驚いたことだろう。本書は、彼らの結婚生活体験談。
夫である庵野監督(作中では監督クン)は、自他共に認めるオタク族。特撮ヒーローモノを見るためだけに日曜日でも早朝に起き、精緻なフィギュアが魅力の食玩にはまり(もちろん大人買い=ボックス買い)、愛車の車中で聴くのは特撮&アニメ音楽で、特撮やアニメの作品に一家言を持っている。作中で安野モヨコ自身が「私はオタクだった」とカミングアウトしているが、それでも庵野監督の足元には遠く及ばないはず。果たしてどのような結婚生活を送っているのか、興味が湧かないはずがない。
典型的なオタクである庵野監督の姿を知っている人間にとっては「監督はこんなにカワイクないよ〜」となるだろうが、ソコはソレ、恋は盲目というか何というか、全ては愛情のなせる技である。ウン、とりあえず、奥様からの主観イメージについては何も言うまい。
こんな感じかなとの予想はあったが、やはり二人の結婚生活は一筋縄ではいかないようだ。庵野監督の“オタク中心生活”に、ロンパースこと安野モヨコは振り回されっぱなし。それでもブチ切れず、また相手のことを思いやってしまうのは、彼女の性格が良いからに他ならない。いや、ココでも愛情が一番に物を言っているのか?
一言で言ってしまえば“おのろけマンガ”なのだが、庵野監督と安野モヨコの考え方のギャップが面白く、のろけられているようには感じない。「こんな夫婦も面白そうだなあ」そう思って笑ってしまおう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しあわせな夫婦の一形態を覗き見!

2007/02/20 05:34

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:考える人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これは面白い。
 日本のオタク四天王と称される男性と結婚した女性マンガ家が、自分たちの夫婦生活を描いたコミックエッセイ。ですが冒頭には「この物語はフィクションであり〜」という注意書きが入ります(遊びのひとつとして)。巻末の映画監督である旦那さんのインタビューでも、事実をかなり脚色していることが名言されていますし、内輪受けのお惚気マンガにしないよう努める作者のプロ意識の高さが感じられた作品です。「嫁さんは自分を美化できない」という旦那さんの言葉が本当なのは、読めばわかります。

 安野モヨコの作品といえばオタク精神は皆無じゃないでしょうか? むしろオタク系の男をみたら引きながら「お風呂に入ってなさそう」と話すような女の子を描く人です。
 この作者の有名なエッセイ美人画報でも「一般受けするキレイなお姉さん」を目指しており、オタク女子やバンドのファンの子にありがちな個性派(?)ファッションに対しては否定的だったと記憶しています。つまり耽美生活百科(楠本まき←学生の頃からライブハウスに入り浸ってた系の作者)などを愛読する私の趣味ではありません。
 しかし本書で作者は、自分がオタクだと告白。同業者やオタクの男子とつきあったことがなかったのは、非オタクの人と一緒にいれば中和されて自分もフツウになれるんじゃないかと思ったから、だそうです。
 私は彼女を誤解していた。

 そんな作者がオタクの男性と結婚し、中和されるどころか高濃度になっていく様子は、影響されたというよりも「本来の自分を取り戻した」と表現するべきじゃないでしょうか。
 オタクを悪いこと、恥ずべきことを思い、隠そうとしたり治そうとしたりする「隠れオタク」の女子って、私の知るかぎり非常に多いんですよね。なぜそんな引け目を感じなければならないのか、男性と比較してジェンダー的な観点で追究するのも実がありそうですが、本書はそんな彼女たちに生きる道のひとつを示しているように感じました。

 男女どちらにもいえますが、結婚相手がオタクだったとき起こるトラブルといえば、まず自分の部屋だけでなく家中をコレクションで占領してしまうこと。さらに給料の大半を趣味につぎこみ、家計や教育費や老後の蓄えにまわさない。そして休日や余暇は趣味に没頭して家族サービスしない。などが典型的ですよね。
 そういった問題をどう乗り越えていくか、あるいは乗り越えられずに妥協している部分も含め、ふたりがオタク特有の夫婦生活を全身で楽しんでいる様子が伝わってきて、なんとも微笑ましい気分になりました。

 その辺の隣家の中でも、こんな未知の世界(笑)が繰り広げられているかもしれないと思うだけで、楽しくなります。面白い!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

あの二人が夫婦だったとは……。

2016/08/15 01:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BlueSky - この投稿者のレビュー一覧を見る

某ブログで某漫画家が話題にしていたので、立ち読みで気に入り買うことに。
この手のオタクエッセイが割と好きで、また、夫婦二人ともこの業界では有名人。
世代も近いのでネタのほとんどが理解できました。が、幾つかは巻末を見るまでネタが細かすぎ気がつかず……。こっち系の人なら間違いなく楽しめるかと思います。
一般人が読んで面白いかは不明……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エヴァの庵野さんってこんな人。

2006/09/09 22:44

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 二人ともアンノさんのこの夫婦。
最初この御両人の結婚のニュースを聞いた時、マジでちょっと吃驚しました。
奥さんで漫画家の安野さんから見た、旦那さんの庵野さんがメインの夫婦ネタのマンガです。
(漢字で書き分けできて便利だなぁ、さすが表意文字文化)
庵野さんが物凄いオタクだってことは、インタビューや、対談なんかで、
(角川から出ている、特撮の雑誌で庵野さんのその博学を知ることが出きます)
判ってましたが、あれも、メディア向けの表の顔で
実生活は、相当の”困ったちゃん”。
 しかし、奥さんの安野さんも、実は、ムーミンのDVDがどうのって言うぐらいのそうとうのオタクなんですが、悉く、庵野さんには、敗北。
 そして夫婦の役割分担も、マンガで描かれているのですが、旦那の庵野さんがわがままなお姫様役で、奥さんの安野さんが、”じいや”役みたい、、。

 「オタ嫁よのぅ」の一言で、どんどんオタク教育を受けてレベルアップする安野さんですが、実は、対照的に庵野さんも、安野さんから、
一般人への教育(回帰)を受けてかなりソフィシケイテッドされてきたみたいです。
 二人で、お互いに共鳴しつつ中間に歩み寄っている姿が見られます。
実は、巻末で庵野さんが語っているのですが、
オタクぶりを発揮して安野さんを振り回しているように見える
庵野さんも、奥さんのことを、愛情込めて客観的に見ていて、
安野さんもあれで、家計を支えなきゃとか、割と限界ぎりぎりで、
マンガ作家として、自分を律しているとか、、。

 このマンガで、わりと閉鎖的な、一般的オタク人間の
生活の一旦というか、理解へとなれば、思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エッセイ漫画

2016/03/22 20:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:onew - この投稿者のレビュー一覧を見る

安野先生と庵野監督のヲタクライフを覗くエッセイ漫画。庵野監督が思っていた以上にウルトラマン好きだったに驚き、巻末のインタビューで、監督から安野先生への愛の告白が素敵でした。末永くお幸せに!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/21 17:16

投稿元:ブクログ

服を1週間以上着替えないという不潔さなどに代表される庵野監督の“オタクっぷり”を余すところ無く伝え、安野モヨコの購読層と思われる現実的な女性に、いわゆるオタクという人種との共生をささやかながら提唱する作品になっている。ファッションやら恋愛やらに代表される若者的なプライオリティが、結婚に付随する生活の変化に伴い相手の価値観を受け入れることで大きく変化する様が赤裸々に描かれ、最終的には人間性を愛でるという部分に行き着くという結論めいたものが用意される。そこにおける、若者の価値観を描き続けていた作者の明るい諦観のようなものはこの作家の作品を読んできた読者なら納得せざるを得ない、そしてかなり笑えるものになっている

2005/08/23 19:59

投稿元:ブクログ

安野モヨコの旦那が庵野秀明だとは知らなかった(安野モヨコと私の誕生日が一緒だったのも)。壮絶なオタクっぷりに少々驚いたが、なんか楽しそうで羨ましい。「オタク、オタク」と言うけど、カントクくんなら自慢の旦那だろ。アキバに集まるオタク達が全部あんな感じだったら、オタク文化、少しはが見直されるんだろうなぁと思う。で、ヨン様のクチって何で出来てたの?夫婦愛が詰まった一冊。

2006/03/31 15:14

投稿元:ブクログ

最初のページからして、ナイスユーモアだよね。この作品はフィクションであり云々て奴。そして、何てったって、カントクくんのかわいさったらない。。きっとこんな人と一緒にいたら普通は愛想を尽かすよ。だって、すげいもん、カントクくん。けれど、モヨコはちゃんと愛溢れる眼差しでもって描いてる。そりゃあ、漫画だからってのも勿論あるけど、それだけじゃないよ!あー、この二人って運命の二人なんだなぁって思った。ステキだ!!(05/2/10)

2005/05/12 20:25

投稿元:ブクログ

新婚ってこうだよなーと思わせる本です。監督さんが、いつまでもロンパースさんのことを命をかけて守る存在だと思ってくれるといいな。

2005/04/10 22:19

投稿元:ブクログ

私はきっと軽いオタクなのだろうと思う(オタクの気持ちがちょっぴりわかるから)。でも、オタクをダンナももらいたくはない、と思っている。いろいろお金がかかりそうだから。読了/05.04.10

2005/05/01 18:56

投稿元:ブクログ

エヴァの庵野監督と漫画家安野モヨコのダブルアンノ(笑)によるヲタク的結婚生活を面白おかしくつづる漫画エッセイ。フィールヤングで連載してものを書き下ろし番外篇を新たに加え単行本化。
少しでもオタク素養のある人には笑える一冊。
私は大爆笑でした(・・・)
普通の人にしたら退いてしまうようなオタクっぷりも安野さんの漫画で笑いをさそいつつどこか心温まる風景に変えてしまうマジック。仲良いですすね。
監督インタヴューではなかなか良いこと言ってます。

2006/06/13 19:22

投稿元:ブクログ

庵野監督の発言が夫とかぶってて笑えました。男は乙女な生き物なんだなってしみじみ思いました。
あまりアニメに精通してないので
わからない所もあるけど、そんなのぶっ飛ばすぐらい面白かった一冊。

2006/02/04 02:36

投稿元:ブクログ

安野モヨ子の監督に対する愛にあふれた作品だ。
どれだけおタク自虐ネタをくりだそうとも、そんなオタクな監督くんに対するリスペクトがあふれていて、幸せたっぷりです。
しがない一人身には、うらやましいかぎりです。

2005/03/30 21:26

投稿元:ブクログ

庵野監督と漫画家の安野モヨコさんの結婚生活エッセイコミック。オタ嫁ぶりが面白い〜。カントク君のヲタ行動や思想を見ると私なんかまだまだだなぁと思いますよ。巻末にオタク用語が載っているので、分からない言葉があってもだいたい大丈夫。

2009/11/10 20:33

投稿元:ブクログ

安野モヨコと監督さんの結婚生活エッセイ。おもろいです。監督さんマジでイカす!毎日楽しそうで羨ましいです。オタヨメ最高!

女性コミック ランキング

女性コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む