サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0514-15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.2
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/282p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-182423-6
新書

紙の本

天岩屋戸の研究 (講談社ノベルス 私立伝奇学園高等学校民俗学研究会)

著者 田中 啓文 (著)

「最後の審判」後の世界を記しているという預言書「伊邪耶による黙示録」によると、伝奇学園の「常世の森」の洞窟を開けば、世界はよきものへ一変するという…。保志野たち民俗学研究...

もっと見る

天岩屋戸の研究 (講談社ノベルス 私立伝奇学園高等学校民俗学研究会)

税込 968 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「最後の審判」後の世界を記しているという預言書「伊邪耶による黙示録」によると、伝奇学園の「常世の森」の洞窟を開けば、世界はよきものへ一変するという…。保志野たち民俗学研究会が日本神話の根幹を揺るがす秘密に迫る!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

田中 啓文

略歴
〈田中啓文〉1962年大阪生まれ。「背徳のレクイエム」で第2回ファンタジーロマン大賞に入賞し作家デビュー。著書に「銀河帝国の弘法も筆の誤り」「水霊」「蹴りたい田中」「邪馬台洞の研究」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

駄洒落で謎を解明してきた冒険譚も、これにて完結。

2005/02/15 15:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カルバドス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ミステリのようでSFのようでホラーのようで学園ラブコメのようで……一体、どのジャンルに分けたらいいのか、なかなかに判別が難しいこのシリーズ。第三弾の本書で、いよいよ学園と古代史の謎が明らかになる。シリーズ完結巻。
 近年の田中啓文作品の特長として、良く言えば言葉遊び、悪く言えば駄洒落の多さがある。無理矢理に漢字をあてたり、読み方や語呂にこじつけたり、その多くは「そんな無茶な」と思わず口に出してしまうようなものだ。しかしながらその言葉遊びが、結局は解決に導いている。万葉集や古今和歌集などに選ばれている歌にも、韻を踏んだり掛詞といった遊びが多いことからも、一種の技法であることは周知の事実だ。たとえ寒い風が吹きそうな駄洒落であっても、やはり認めるべきなのであろう。
 シリーズ最終巻ということもあり、中盤からスピードアップする。前二作を含めてちりばめられた伏線を、片っ端から片付けていく。どちらかというとじれったさを感じたこれまでとは違い、爽快感すら感じるかもしれない。主人公の底無しの大食い同様、テンポが気持ちいいのだ。
 最終巻なので、もちろん学園の謎も解かれる。だが、どうだろう。素直に結末に納得出来たかと問われれば、「否」と答えるしかない。当初からの謎については一応の解決を見るものの、学園自体の謎の解明が中途半端だからだ。無理矢理、結構。こじつけ、結構。せっかく駄洒落で危機を切り抜けてきたのだ。最後まで貫いて欲しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/04/03 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。