サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ちゃんと話すための敬語の本(ちくまプリマー新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2005.1
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくまプリマー新書
  • サイズ:18cm/127p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:4-480-68701-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

ちゃんと話すための敬語の本 (ちくまプリマー新書)

著者 橋本 治 (著)

ちゃんと話すための敬語の本 (ちくまプリマー新書)

税込 734 6pt

ちゃんと話すための敬語の本

税込 648 6pt

ちゃんと話すための敬語の本

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.5MB 無制限
Android EPUB 4.5MB 無制限
Win EPUB 4.5MB 無制限
Mac EPUB 4.5MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (10件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ちょっと透明じゃない部分があるかな?確かに平等な社会では敬語はいらない。丁寧語で充分だ。でも世の中は決して平等じゃあない、まずそれを認識しなければ

2005/06/21 22:17

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

私にとって二冊目の、ちくまプリマー新書。で、ともに素敵なカバーは、装幀 クラフト・エヴィング商会と書いてある。模様はシンプルだけれど、ともかく色合いがすてき。柔らかくて、静かで、何だか春の若草のなかを歩いているような気分になってくる。
目次を読めばほぼ全体が分るので、簡単な紹介とともに書けば、まえがき、に続き、一「「先生がいらっしゃった」と言いますか?」、二「「ねぇ、先生」はいけないのか?」、三「敬語がはやらなくなったわけ」。以上で、子供のころ橋本が敬語を使わなかった理由が極めてやさしく論理的に語られ、読者は、そうだよ大体、「敬語を使え」という掛け声は、つねに自分は敬語を使われるべきだと思いながら、敬語を使ってもらえない人間が、それを使おうとしない人間の気持ちなど考えずに押し付けるものだよな、と共感することになる。
四「三種類の敬語」、五「正しく使うとへんになる敬語」、六「見上げれば尊いけど、見上げないと尊くない先生」、七「「目上の人」ってどんな人?」。尊敬、謙譲、丁寧の三つの敬語。じつは、敬語は昔の言葉。あんまり正しい敬語は、かえっておかしい。テキトーに使う、それが現代の敬語だと、目からウロコの発言は、人間の上下関係といったところに入っていく。
八「「えらい人の世界」はたいへんだ」、九「敬語ができあがった時代」、十「尊敬したくない相手に「尊敬の敬語」を使う理由」、十一「えらい人はなぜ「先生」と呼ばれるのか」。社会の決めた“エライ人”のランクに入っている人は、尊敬しなければならない、という考えが成り立たない時代、それを理解できない、或は理解しようとしない人たちの存在と、ランク付けの歴史。
十二「「えらい人」がえらそうなわけ」、一三「だれがだれやらわからない日本語」、十四「「えらいか、えらくないか」しか考えなかった日本人は、「自分のこと」しか考えられない」、十五「日本語には豊な表現がある」、十六「敬語は時代によって変わる」、十七「やっぱり敬語が必要なわけ」、十八「大昔の中国人は「丁寧」という楽器をポワーンと鳴らした」、あとがき「ちゃんと敬語を使ってくださいね」。結局、自分だけは敬語を使わなくて済む、だから他人に敬語を求めるという負の構図。むしろ、相手との距離を示すためにこそ敬語を使う。嫌いな人や怪しい人にこそ敬語を使って距離を置く。好きな人にはタメ口だって許されることもある。
じゃあ、距離の近い人にはタメ口もいいんだよね、でも近いというのも距離だとすれば、そこにも近さの敬語があるんじゃないの?と最後がよく分らないので、全体の主張がわからなくなるのは私だけだろうか。十六までは凄くよくわかる。階級がなくなってしまった現在、それに対応する言葉であったものが無くなる、だから身分の上下を示す敬語は今の時代に合わない、は論理的だ。
身分間で使い分けられる言葉、である以上、身分が無くなった現在、必要なのは「丁寧の敬語」である、というのも理解はできる。ま、いっそのことこれは「敬語」から切り離して、「丁寧語」にしてしまったほうがいいだろう。そうしないと、「やはり敬語が必要」という話にならない。いや、「やはり丁寧語だけは必要」としたほうがもっといい。
橋本が言いたいのは、そういうことであるはずだ。この目次からすると、どうしても「敬語」は使うべし、で、橋本が展開する敬語の意味論が全く浮かび上がってこない。まして最後が「ちゃんと敬語を使ってくださいね」では、ケッ、で終わってしまう気がする。せっかくここまで易しく「世に言う敬語」の意味を解き明かしてくれたのだ、「もう敬語なんてこわくない!」ではない論旨が伝わる工夫をしてほしいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『喋る』の壁にぶつかるすべての人に

2005/03/26 13:26

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touma_online - この投稿者のレビュー一覧を見る

おしゃべりは大好きなのに、なんだか難しい。
友達同士でも難しいのに、ましてや年上や年下にはどうやって話せばいいんだろ。

という問題についての知恵がたっぷり詰まった一冊。

社会の中でこんがらがった「敬語の目的」を、歴史に沿って紐解きつつも、著者が語るのはあくまで、「人とおしゃべりしたいのは、なんでだと思う?」です。

###

敬語は、立場の強い人が弱い人に強要する奴隷言葉ではありません。ただ、それは、社会を漂う人と人との距離を、縮めたり離したりするための道具でしかありません。(時には「自分は立場が上なんだ」と思いたい人と会話するときの道具にもなりますが)

これは、敬語だけに限った事ではなくて、表情も、ジョークも、手振りも、みんな、人間関係の距離を伸び縮みさせる道具であって、言われてみれば当たり前だけど、実際にそれらの道具を使いこなせているのか、と考えると、それがとんでもなく難しいものだと気づくものでもあります。

だから、考えて、考えて、その上で使わなくてはなりません。それが、人間関係の難しさです。

でも、これほど難しいのに、わたしたちは、人間関係を求めてしまいます。

敬語の複雑さは、わたしたちのもつ欲望の強さのあらわれなんです。
人間は、人間関係に常に飢えていて、だからこそ、その飢えに苦しみます。人間関係をえさにする人のずるさに引き込まれやすくもあります。ではどうしたらいいのでしょうか。

それを問うのが、この本です。この問いに対するとびっきり辛口な解答が用意されております。目から鱗がぼろぼろおちることをお約束します。おすすめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/18 09:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/12 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/27 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/19 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/23 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/10 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/28 12:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/03 14:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/03 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/05 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/14 01:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/11 00:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/10 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。