サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

紙の本

プレゼンテーションの極意

著者 川崎 和男 (著)

パワーポイントは創造性を奪い取る。Windowsパソコンではプレゼンテーションは出来ない…。パワーポイントを日本で最初に使い、見守り続けてきたと自負する著者が、「プレゼン...

もっと見る

プレゼンテーションの極意

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

パワーポイントは創造性を奪い取る。Windowsパソコンではプレゼンテーションは出来ない…。パワーポイントを日本で最初に使い、見守り続けてきたと自負する著者が、「プレゼンテーションのデザイン」の本質を伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

川崎 和男

略歴
〈川崎和男〉福井県出身。名古屋市立大学大学院芸術工学研究科教授、大阪大学大学院・阪大フロンティア研究機構特任教授、多摩美術大学客員教授。著書に「ドリームデザイナー」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ハウツー本の対極にありながら、プレゼンに関する奥義がここに

2006/08/01 21:03

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JOEL - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書にプレゼンテーションの具体的な技法を求めてはいけない。プレゼンに関するハウツー本は世の中にすでに多数ある。そのほとんどが、「パワーポイント」の効果的な使い方に関するものだ。本書の著者は、そのようなハウツー本を否定する。小手先のテクニックに走り、心のこもっていないプレゼンは評価に値しないと言う。
 著者が言わんとするところは、実に単純明快で、何も特別なことではない。プレゼンしたいものに対する自分の熱い思いを率直に語ること、聞き手に対して誠実な態度を取ること、すべての聞き手にほめられると期待してはいけないこと、平凡なテンプレートには手を出さないこと、山場とひと息つく場面のメリハリをつけること、などなど。
 プレゼンテーションに限らず、何事も極めれば、たどり着くところはシンプルで、余分なものが削ぎ落とされた世界なのだろう。それは、禅がたどり着く境地にも似ている。禅では言葉による問答も重視されるが、最後には言葉を捨て、ひたすら黙して座禅を組むというところへ行き着く。
 著者は、数々のプレゼンを自ら実践し、相当にいろいろなことを試してきた人である。また、グッドデザイン賞の審査員として、長期にわたり多くのプレゼンを見てきた人でもある。そういった経験に裏打ちされているからこそ、著者の語る言葉は説得力を持つ。プレゼンテーションのプロとも言える著者であるだけに、悪いプレゼンテーションには厳しい批判の言葉を飛ばす。あまりに厳しいその言葉は、人によっては反感を買うおそれもあるほどだ。しかし、不思議と反感を覚えないのは、著者がこれまでに膨大な経験を積み、今も日々の実践に手抜かりがないからだろう。
 著者の具体的なプレゼンの例は、意外なほど明らかにされない。しかし、物足りなさを感じないのは、主としてプレゼンテーションに臨む心構えをしっかり説いてあり、それが相当に真実を突いていると感じさせるからだ。ただし、著者のプレゼンは、2台の大型スクリーンを用い、音響効果にも凝るなど、機材的には素人の領域を超えている。
 さて、著者の説く心構えをそのまま実践してうまくいくだろうか。私はやや懐疑的である。著者の言っていることが間違っているわけではもちろんない。あまりにも真実を突きすぎて、凡人が真似ようとしても、表面的なものに終わってしまう感じがするからだ。たくさんのプレゼンをこなしても、どうも相手にうまく伝わらないので工夫に工夫を重ね、自己反省も怠らないような人が、著者の言うことをよく消化し、同じ境地にたどり着いて、成功を収めるのではないかと思う。
 安直にマニュアル的に図解せず、プレゼンテーションの核心を平易な言葉で説く本書は、正真正銘のプロによって書かれた本だ。読みやすく、かつ、これほど示唆に富んだ本に最近出会っていなかった。最初の10ページほどを読んでみて「これはいい本だ」と感じた人は、購入しても損はしないだろう。最後まで、一気に読みとおしてしまうこと確実である。他人に対する以上に自分に対して厳しくあろうとする著者が、力を込めて書いた快作と言ってもよいだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容紹介

2005/02/16 18:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

17年間グッドデザイン賞の審査員を続けてきた日本を代表するインダストリアルデザイナー川崎和男氏による、初の「選ばれるための」プレゼン指南書。人の心を動かし、支持を得るために必要なものは何か。

川崎和男氏といえば、NYのMoMAに永久所蔵の作品を持ち、パウエル国務長官も愛用する眼鏡をデザインし、自らのために車椅子を設計し、人工心臓のモデルを造ったことでも有名。その川崎氏が初めて、人の心を動かすプレゼンの極意を喝破する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/09 08:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/11 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/02 09:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/16 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/12 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/22 18:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/25 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/13 13:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/10 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/04 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/18 01:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/03 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/18 15:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。