サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0125-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. 朝日新聞社の通販
  6. 大震災これなら生き残れる 家族と自分を守る防災マニュアルの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.2
  • 出版社: 朝日新聞社
  • サイズ:19cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-02-250013-1

紙の本

大震災これなら生き残れる 家族と自分を守る防災マニュアル

著者 山村 武彦 (著)

「机に隠れろ」「まず火を消せ」「地震=避難」は間違い! 防災アドバイザーの著者が、マンガ・イラストでわかりやすく指南する実践的防災術。一人暮らしや共働きなど、シチュエーシ...

もっと見る

大震災これなら生き残れる 家族と自分を守る防災マニュアル

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「机に隠れろ」「まず火を消せ」「地震=避難」は間違い! 防災アドバイザーの著者が、マンガ・イラストでわかりやすく指南する実践的防災術。一人暮らしや共働きなど、シチュエーション別のヒントも満載!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山村 武彦

略歴
〈山村武彦〉1943年生まれ。防災アドバイザー。防災システム研究所所長。災害救援ボランティア委員会講師、企業の防災顧問等を務める。著書に「大地震「今日からできる生活革命」」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

生き残るためには最低これだけの防御策を講じよう

2005/05/20 15:27

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:筑波太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

地震だ・・・。とっさにマニュアル通りに動ける人はほんの一
握り。阪神・淡路、新潟中越大地震では、揺れの激しさに状況判
断さえ遮られ、恐怖心だけが沸き起こり、身体は凍りついたよう
に動かすことができなかったとある。「首都圏大震災」いつ起き
てもおかしくない状況下である。Xデーは“今日なのか、明日な
のかもしれない”? 「備えあれば憂い無し」と言われるが、心
の準備と、防災対策はしておきたい。その一手となるのが本書で
ある。
「防災のために何をやっていますか」の問いに、ほとんどの人
が「水や食料を備蓄している」と答えている。しかし、「阪神・
淡路大震災では水、食料がなくて死んだ人はいない。約87%の
人たちは、家が崩れたり、家具や電化製品の下敷き」が原因であ
ると纏めている。ならば「優先すべきは、建物の耐震性の強化と
家具の固定」が第一。我が家でも安全確認の点検を、もう一度や
り直そう。

第一章 過去の教訓を案全に活かす
第二章 これだけは気をつけてほしい
第三章 自宅を絶対安心な避難場所に
第四章 今日からできる身近な防災作戦
第五章 これだけは備えたい防災グッズ
家庭でこれだけは備えたい防災グッツとあるが、我ながらほと
んど備えていないのが現実。今直ちに大地震が起きたら手も足も
でないだろう。命さえも落としかねない? だから、本書が紹介
する役立つ備品を、取り揃えておきたいものだ。

大震災、生きるも死すも、<時の運>もあるかもしれないが、
大事なのは日頃から対策を立てておく事ではないのか。それが生
き残るための最低準備なのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。