サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ギフトラッピング 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~8/21

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2005/02/18
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/216p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-430935-2
新書

紙の本

悪について (岩波新書 新赤版)

著者 中島 義道 (著)

悪について (岩波新書 新赤版)

税込 902 8pt

悪について

税込 858 7pt

悪について

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.2MB
Android EPUB 6.2MB
Win EPUB 6.2MB
Mac EPUB 6.2MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

目次

  • はじめに
  • 第一章 「道徳的善さ」とは何か
  •  ラスコーリニコフ/思索によってではなく行為によってはじめて道徳的世界が開かれる/道徳的センス/善意志/ 「義務に適った行為」と「義務からの行為」/道徳法則と定言命法/格律と性格/命法と行為とのあいだ/目的としての人間性/形式としての悪/肥沃な低地
  • 第二章 自 己 愛
  •  誰も自己愛の引力圏から抜け出すことはできない/ 「うぬぼれ」というもの/自己愛と定言命法/自殺について/より完全になろうとする義務/社会的功績は負い目である/賢さの原理/世間的な賢さと私的な賢さ/道徳的善さと純粋さ/善を求めると悪に陥るという構造/幸福の追求/幸福を受けるに値する/苦行の否定/他人に同情すべきか/自己犠牲的行為
  • 第三章 噓
  •  適法的行為を器用にこなす人々/道徳法則に対する尊敬/真実性の原則/真実性と友の生命/窮余の噓/愛と噓

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

ジュンク堂書店三宮駅前店

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

中島氏のエッセイはすらすら読めるけど哲学書はおおむね難しいと思います。

2005/10/25 02:39

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちひ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 カントの潔癖主義的とも言える自分と神との関係における「悪」についての考察を、哲学的に、かつ論旨明晰にフォロウする哲学の教科書。
 ところどころ非常に難しいが、行きつ戻りつすればついていける。カントは非常に独特な世界観や「悪」観を持っていたことがよくわかる、と思う。
 個人的には、浄土真宗の宗祖・親鸞が師・法然との出遇いを通して阿弥陀仏の救済と出遇い、自身の罪悪性を熟視することによって浄土真宗が生まれた、そのときの親鸞の「悪」観とカントのそれとの相違を比較することができるのではないかという予測があった。そしてその予測は裏切られなかった。それだけではなく、私自身の「悪」観とカントや親鸞のそれとの異同を考える呼び水のように作用している。
 中島氏の本がダイレクトに「答え」を示すことはほとんどない。ただ、世の中には読む中でいろいろなことにたくさん気づける本とそうでない本とがあるとは言える。中島氏の本は前者であることが多いと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これはカント入門書のひとつ

2005/12/21 19:40

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:脱帽男爵 - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは著者の中嶋義道がカント哲学を元に悪とは何かを説いている本ですが、正直わたしにはよくわからないところが多々あり、途中読むのをやめようかとも思ったりもしたのですが、とりあえず読み進めていき理解できるところをつまんでいくと、これはカント哲学の入門書であるという事がじわじわと伝わってきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/26 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/24 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/09 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/17 12:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/04 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/30 16:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/01 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/24 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/12 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/29 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/15 08:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/23 07:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/05 16:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。