サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.2
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:20cm/283p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-19-861977-8

紙の本

草原からの使者 沙高樓綺譚

著者 浅田 次郎 (著)

「それは私が生涯最も歓喜し、最も恐怖した一日の出来事でした」 各界の名士が集う南青山の秘密サロン「沙高樓」。今宵も、世の高みに登りつめた人々が、人生の秘事をあかしあう…。...

もっと見る

草原からの使者 沙高樓綺譚

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「それは私が生涯最も歓喜し、最も恐怖した一日の出来事でした」 各界の名士が集う南青山の秘密サロン「沙高樓」。今宵も、世の高みに登りつめた人々が、人生の秘事をあかしあう…。2002年刊「沙高樓綺譚」続編。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

宰相の器 5-76
終身名誉会員 77-150
草原からの使者 151-215

著者紹介

浅田 次郎

略歴
〈浅田次郎〉作家。1995年「地下鉄に乗って」で吉川英治文学新人賞、97年「鉄道員」で直木賞、2000年「壬生義士伝」で柴田錬三郎賞を受賞。著書に「蒼穹の昴」ほか。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (13件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

安心して読めるというのは本当に読者にとって“安らぎの空間”である…

2005/04/01 00:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『沙高楼綺譚』の続編。
前作より聞き手側やオーナーの細部の描写シーンが少なくなっており、それぞれ(4編からなります)の語り手の話に集中できる点が良かったかな。
前作と同じスタイルだが、全体的には趣向が少し違う。
読者にとって良いように改良されてるといえよう。

前作は浅田氏も談山先生と小日向君にも個性をもたせようと躍起になっていたきらいがあった。
その分、読者も話に集中し辛く、その結果として、語り手側の魅力が損なわれていたような気がするが、本作は語り手が“語り部ぶり”を充分に発揮しきっているいる点が素晴らしい。

とりわけ、表題作の「草原からの使者」が印象的だ。
ハイセイコーが日本ダービーに破れた実話をまじえて“人生は運だ”という浅田節を披露している。
その他、題材がカジノや選挙など、男にとって自然と興味が湧くところが心憎い。

浅田氏は読者に“人生とは何であるか?”を問いかけている。
もちろん、作中のような人物は“氷山の一角”であるのは否定しない。
しかしながら、少しでも夢のある人生をと読者に至福の時間をもたらせてくれているのである。
読者は知らないうちに“沙高楼”という名のサロンに座っているような心地にさせられる。

正直なところ、本作は浅田氏の代表長編と比べると物足りないかもしれない。
ウォッカでも飲みながら、音楽に耳を傾けるような感覚で気楽に読むべき本である。
 
きっと読者の心の中に“男のロマン”がジーンと伝わるであろうはずだから…

マイレコ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/27 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/30 11:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/31 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/25 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/13 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/09 07:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/19 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/10 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/10 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/29 03:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/17 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/04 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/26 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/28 06:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。