サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 産業の通販
  5. 光文社の通販
  6. 虚飾の愛知万博 土建国家「最後の祭典」アンオフィシャルガイドの通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.2
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:19cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-93352-1

紙の本

虚飾の愛知万博 土建国家「最後の祭典」アンオフィシャルガイド (Kobunsha paperbacks)

著者 前田 栄作 (著)

みなさん、どうか名古屋に来てください! 地元有力者の儲けのために始まった愛知万博(愛・地球博)は、どう考えても赤字垂れ流し。入場者を増やさないと愛知県が破産してしまいます...

もっと見る

虚飾の愛知万博 土建国家「最後の祭典」アンオフィシャルガイド (Kobunsha paperbacks)

税込 1,047 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

みなさん、どうか名古屋に来てください! 地元有力者の儲けのために始まった愛知万博(愛・地球博)は、どう考えても赤字垂れ流し。入場者を増やさないと愛知県が破産してしまいます…。反対者の立場から愛知万博を徹底解剖。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

前田 栄作

略歴
〈前田栄作〉1950年名古屋生まれ。愛知大学文学部哲学科卒業。会社員を経て、現在、フリージャーナリスト。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

愛知万博を256倍楽しむための裏ガイドブック(笑)

2005/04/10 23:35

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:走ルンです - この投稿者のレビュー一覧を見る

・なぜ愛・地球博は会場が2カ所に別れているの?
・なぜ2会場を結ぶゴンドラは窓が曇るの?
・なぜリニモの乗り換えは待たされるの?
・なぜリニモは止まっちゃうの?
・万博のためにマンモスをシベリアまで掘りに行ったって本当?
・なぜお弁当を持って行っちゃいけないの?
・なぜペットボトルのお茶は駄目なの? 水筒のお茶はいいのに。
・なぜ捕虫網は取り上げられちゃうの?
・なぜモリゾーの目がこあいの?
・なぜキッコロは目が点なの?
などなど、良い子の質問責めに困っているお父さんお母さんに朗報です。環境問題でミソをつけた万博を環境をテーマにやっちゃえというノリでやってみたら、ドタバタ劇の連続で笑えない泣ける話になってしまいました(涙)。
これ1冊あれば、リニモで待たされてもマンモスがちょこっとしか見られなくてもロボットとの会話に困っても、笑って許せます(嘘)。
真面目な話、だからこそ多くの人に名古屋へ出かけて万博を見て現実を直視して欲しいという筆者の思いには共感できます。ぜひ多くの方に読んでいただきたい1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。