サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

黒い天使(ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

黒い天使 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 コーネル・ウールリッチ (著),黒原 敏行 (訳)

黒い天使 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

821(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

黒い天使

756 (税込)

黒い天使

ポイント :7pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/04/15 10:18

投稿元:ブクログ

愛人殺しで有罪となった夫の無実を晴らそうと若妻は

偶然見つけた手掛かりをもとにイニシャルMの真犯人を

探し出そうと一人探偵行に身を投じる。



「幻の女」(W・アイリッシュ名義)は

あまりに有名なオールタイムベスト級の作品で傑作だった。

「暁の死線」はサスペンスフルで徹夜で読んだ。

短編もいくつか読んでいるはず。

けれどおおまかな粗筋しか憶えておらず、ミステリーなのに

事件がどう解決したのか綺麗さっぱり記憶から消えている。

心に鮮明に焼き付いて残っているのは作品のムードや文章、印象的な場面だ。

「黒衣の花嫁」「喪服のランデヴー」等有名どころの作品は

所有しているのにもったいなくてなかなか読みだせない。

おれにとってウールリッチそんな作家だ。



「黒い天使」はミステリーとして「幻の女」や「暁の死線」と

比べても(うろ覚えだけどさ)ランクが落ちる作品のように思う。

お話がイージーだし解決の仕方もちょっとした捻り、

程度のものであまり大したことはない。

この作品の場合事件の真相よりミステリアスなのは

宝石のように美しい文章で綴られる裏社会や都会の夜、

そして本人も気付かぬうちに平凡な若妻アルバーターが

美しくしたたかな「天使」に変貌していくところだ。

不安と窮地に立たされた彼女自身の視線から語られた本文は

次第にエロチシズムすら感じさせる。



アルバーターは夫を救おうとするけなげな妻でもあるのだが

容疑者たちにとっては企みをもって近づく「悪女」でもある。

含みのあるラストシーンにしてもウールリッチという人は

心に女性不信を抱いていたんじゃあなかろうか?

生涯、独身で孤独な死を遂げた経歴を知ると、なおさらそんな気がしてくる。



しばらく経てばこの後読むであろう多くの物語に埋もれて、

「黒い天使」の推理ドラマの部分は忘れてしまうだろう。

それでも締めつけられるような響きで「オールウェイズ」が

流れる哀切な場面などは決して忘れない。

小説を読んでいて久々に音楽が聞こえた瞬間だった。

「オールウェイズ」という曲を聞いたことがないにも関わらずに。

2006/02/10 23:10

投稿元:ブクログ

ウールリッチ作品(ウィリアム・アイリッシュ名義含む)の中で、一番好きかも!!『幻の女』もいいですが・・・
ひとつひとつのエピソードが、短編色を帯びていて、おもしろかったです。




!!注!!以下ネタバレ

最後はショッキングでした。
ラッドとのやりとりがすごく好きだったので・・・

2010/01/26 22:44

投稿元:ブクログ

まるでヒチコックを見ているかのよう。プロットに弱点はいくつかあれど、そんなことはまるで気にならない「作り話」の面白さを見せてくれる。時代設定がだいぶ昔なので、現実味など感じようと思ってこの本を選んだわけでなし。少し前のミステリを久々に読んだ。とてもよかった。

2015/01/21 09:18

投稿元:ブクログ

「幻の女」のコーネル・ウールリッチです。
この著者、女嫌いだったはず…でも、かわいいキャラのヒロインに好感持てました。
Mの頭文字を持つ男性に次々挑んで行く~
かなり古い内容なのに、「幻の女」同様読みにくくは無かったでした。
読み終えて初めて気が付いたけれど、なんて素敵な表紙!
(カバー付きのままのお借りしました)
本屋さんで見つけたらジャケ買いのレベルですね。

2009/10/31 20:23

投稿元:ブクログ

自分の中ではファッションフォトというか、フレグランスの広告をイメージさせる表紙です。
男性の髪の長さが微妙だし、今のモデルの基準よりは太めなのもちょっと前世紀なのかもしれないですけど。

2009/04/24 00:00

投稿元:ブクログ

http://shinshu.fm/MHz/67.61/archives/0000313292.html

ハヤカワ・ミステリ文庫 ランキング

ハヤカワ・ミステリ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る