サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 四十日と四十夜のメルヘン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

四十日と四十夜のメルヘン
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.2
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/216p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-474101-9
  • 国内送料無料

紙の本

四十日と四十夜のメルヘン

著者 青木 淳悟 (著)

【新潮新人賞(第35回)】【野間文芸新人賞(第27回)】「わたし」の部屋には、配りきれなかったチラシが溜まっていく。チラシに書かれた文字が勝手に増殖して…。第35回新潮新...

もっと見る

四十日と四十夜のメルヘン

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【新潮新人賞(第35回)】【野間文芸新人賞(第27回)】「わたし」の部屋には、配りきれなかったチラシが溜まっていく。チラシに書かれた文字が勝手に増殖して…。第35回新潮新人賞を受賞した表題作と第2作目の「クレーターのほとりで」を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

四十日と四十夜のメルヘン 7-123
クレーターのほとりで 125-216

著者紹介

青木 淳悟

略歴
〈青木淳悟〉1979年埼玉県生まれ。早稲田大学文学部在学中の2003年、「四十日と四十夜のメルヘン」で、第35回新潮新人賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.2

評価内訳

変な小説

2010/04/24 21:37

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:king - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場時に保坂和志が絶賛していたこともあり、単行本が出てからわりと時間をおかずに買ってはいたものの、ずいぶんと積んだままにしておいた。

この作家、無茶苦茶変な小説を書く。ピンチョンがどうとか評されていたけれど、あまりそうは感じなかった。もっと変な、何を書いて、何を書こうとしているのかすら分からない不思議な小説だという印象だ。

表題作は結構端正なイメージを最初持った。数日間の日記を繰り返し書き直す、とか作中作のしかけ等々、メタフィクション的な設定を淡々と積み重ねていって、これはコルタサルの「悪魔の涎」とか「すべての火は火」的なアレか、と思わされたのだけれど、ページが進んでいくと、確かにそうしたメタフィクションの手法が用いられてはいるのだけれど、端正に淡々と、どんどん意想外の方向に記述が進んでいってしまう。

最終的には淡々と積み上げていたと思われたメタフィクション的な設定やしかけっぽいものがほとんど淡々と放り投げられて終わってしまう。

とにかく、不思議。これ、批判しているように思われるかも知れないけれど、すごく面白いと思ってる。

もうひとつの「クレーターのほとりで」は、タイトルから連想されるようなSF的なネタが使われてはいて、そして確かに一面では有史以前の人類のなんだか不可思議な風習というか生態を描いている。

その後、ガス基地建設予定地から不思議な骨が発掘されたことで地質学的過去と現代とが繋がり、創造論、インテリジェント・デザイン一派のキャンペーンや企業と行政の癒着問題などが絡まってとっても社会派SF風な展開を予想させる道具立てがそろってくる展開がかなり読ませるんだけど、もちろんそれは追及しません。

場面ごとの展開や細部の該博な知識(地味な細部がなぜかやたらと詳しい)などでかなり読ませるのだけれど、そこに話の進展や謎の解決などの「普通の物語」を求めようとする欲求がとことん脱臼させられていく。いつの間にか違う話になり、どんどん何を読んでいるか分からなくなってきて、特にこの「クレーターのほとりで」ではラスト五ページでアレが出てきたときは驚嘆すると同時に乾いた笑いが出てきた。ホント、唖然といっていい。それがやりたかっただけなのではないかとすら思わせるトンでもないラスト。

人を喰ったSF、ということで円城塔的な感触もあるのだけれど、もっと小説的に野蛮だ。

淡々としていて丁寧なんだけどどう考えてもおかしい、という真顔のコントのような奇怪な作風。知人に絶対気に入ると思います、と言われて積んでいたのを取り出して読んだのだけれど、なんだか分からないが凄い面白いぞ、となって早速もう一冊も買って読んでしまったので、確かに気に入っているのだろう。

なお、本作は雑誌掲載版から大幅に改稿されていて、保坂がピンチョンと評した部分などが大きく削られているらしい。さらに文庫版解説によるとそこでもまた改稿されていて、計三つのバージョンがあるので、要注意。


ちなみに、絶対気に入る、と薦めてくれた知人というのは以下の本で青木淳悟論を書いている岡和田さん。単行本化に際しての改稿についても詳しく触れられていて数少ない青木論として貴重な一作。是非に。
http://www.bk1.jp/product/03140074

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

うーん、もしかすると面白いのかなあ、でも、ちょっとピンとこないかなあ、悪いのはわたしなのかなあ、高橋源一郎も保坂和志も絶賛だしなあ

2005/07/30 21:03

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

全く知らなかった作品で、作家です。私の大嫌いな朝日新聞の日曜日の書評コーナー、あそこで絶賛されていた本で、調べましたら2005年04月24日に高橋源一郎さんが絶賛していました。そしてその高橋にこの本を薦めたというのが、芥川賞を取るのが遅すぎたといわれている保坂和志さんですから、いくらアンチ・アサヒの私でも読まざるをえないわけです。
ま、高橋に言わせれば「ふつうの小説は、あらすじを間違えずに説明できるのに、この小説では、説明しようとすると、必ず間違う。」ということですので、私が内容を紹介するのは無謀でしょう。ただし、プロ作家との差を体感してもらう、それだけのためにかいているようなものです。そこで、チャレンジ!
チラシを配る仕事をしている年齢・性別不詳の私が語る日々ですが、これが幾つかのエピソードからなります。一つはチラシ配り。ま、ここで主人公はかなりいい加減なことをするのですが、律儀な部分もあってその落差が面白い。また、スーパーでの買出し、そのマニアックなまでのこだわりも哀愁漂う笑いを呼びます。そして小説を書く話。それらが淡々と、それでいてなんとも癖のある文体で描かれていく「四十日と四十夜のメルヘン」。
ちょっと変な小説です。繰り返しますが、主人公の性別も年齢も名前さえも不明です。暮らし方は、いかにも現代人風で、ちょっとしたユーモアも含め中村航や生田紗代といった人が書いたといっても少しも違和感のない話です。文藝賞に対して新潮新人賞だから、その世代的なイメージは似ています。
でも文章が違う、重いのです。難しい文章ではありません。でもネトついています。方言があるわけではないのです。衒学的でもないし、耽美的でもありません。にもかかわらず、ひっかかります。それが独特の味を出します。どうなるんだろ、え、そんなことする?的に引っ張るのですが軽快さ、皆無。面白いですね。
もう一作、ほぼ同じ長さの中篇「クレーターのほとりで」ですが、これがまた不思議です。人類と猿とも類人猿ともつかないものとが集団で結婚するというか性交する話なのですが、それがいつの間にか住宅地に隣接する森の開発をめぐる企業、市民、或いは学者たちの三つ巴というか五つ巴くらいの混乱した話になって行きます。
正直、何度か読み直したい話です。多分、何かが見えてくるだろうと思います。青木淳悟は1979年生まれですから、「四十日と四十夜のメルヘン」を発表した時、24歳。「クレーターのほとりで」は25歳です。年齢のわりに政治に対するシニカルな見方が面白いのですが、早稲田大学在学中とありますから、学風かもしれません。
いずれにせよ、高橋が言うように一筋縄で行く話しではありません。読む側が完全に理解しきれないのだから要領よく紹介できるはずもありません。ただし、この二篇とも理解する、読みきることにどれだけ意味があるのか疑問です。ユーモアをキーワードに読むのも一興でしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

チラシがチラシでなくなるとき。個人的な欲望の連鎖が乗り越えられるとき。

2005/04/26 01:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:straight no chaser - この投稿者のレビュー一覧を見る

「四十日と四十夜のメルヘン」の主人公はチラシ配り(ポスト投函)のアルバイトをしています。かつて伝説的だった“死体洗い”に変って、今や「チラシ配り(ポスト投函)」が憧れの的。一種頽廃的に。ここに仄見えるのは「死者の奢り」→「四十日と四十夜のメルヘン」という流れ。
ところで、ヨーロッパ中世における歴史認識のありかたは「神が六日間で世界を完成し七日目には休んだ」という「創世記」の記述に寄り添うもので、同じく「詩篇」には「神の一日は千年のようだ」というふうな記述があって、ゆえに世界は六千年の歳月を経て終末(最後の審判)へ至ると信じられていたわけですが、「四十日と四十夜のメルヘン」という小説が少しばかりキリスト教的であるとすれば、それは「四十日」という数字が荒野でイエス・キリストが悪魔の誘惑と闘った日数を想起させずにはいない、ということにも関係があったりします。
この小説では「罪と罰」(ドストエフスキー)のカフカふうな誤読の例が示され、街路には「複製技術時代の芸術作品」(ベンヤミン)ふうな風が吹いています。そして「薔薇の名前」で有名なウンベルト・エーコを思わせもする創作教室の先生から(風の便り的に)「新しい小説」を書くようにと勇気づけられた主人公は今や「フィガロの結婚」(モーツァルト)をおちょくったようなメルヘンを書きはじめているようです。配りきれずにアパートに持ち帰った大量のチラシたちの裏に。
なんだかよくわかってません。でも「必要なことは、日付を絶対忘れずに記入しておくことだ」というエピグラフの言葉が、この小説を読み終わった今、すごく光ってると感じます。小説ってつまりこういうことなのか、と目から鱗が落ちたように思います。さっそく再読してみることにします。(4.26)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

チラシと作家の日常

2006/04/28 18:53

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新潮社系の新人賞でデビューした、作家さんです。
日本のピンチョンという、触れ込みに誘われて読んでみました。
 表題作「四十日と四十夜のメルヘン」ともう一作
「クレーターのほとりで」が、収録されています。
 プロットは、ちょっと説明し難いのですが、
前半は、バイトでチラシ配りをしている主人公の
スーパーでの買い物の話や、隣人のこと、通うフランス会話のことなど、
こまごました、日常が語られています。
で、チラシ配りは、毎回配りきることが出来ず、更に、容易に捨てることも出来ない、システムになっていて、家に持ち帰ることが、必然と成り、家には、チラシがどんどんたまっていきます。
で、アパートのポストにも、ピンク・チラシが、たまり、、
と、言う話し、
そして、日記に綴られる、なぜか何度も繰り返される、日々。
 後半は、一転というか、ファンタジックな印刷職人の
話しのほうが、少しづつメインになっていき、
なんか、煙幕を張られたような、感じで、終わっていきます。

 個人的には、日常の細々したことの、一部
として書かれたかもしれませんが、部屋にたまっていく、チラシ
の話が、面白くて、これを、メインパートにして書いて欲しかった
気もします。
 配り切れないチラシを捨てることを禁じている、システムが、
考えられないくらい、非常に巧妙で、笑っちゃいます。
 ピンチョンかどうかは、ちょっと微妙。
実は、私、ピンチョン、話のプロットぐらいしか、
聞いたことなく、比べること自体不可能なのですが、
本人も、迷惑な、宣伝文句かも。
 もう、一作の「クレーターのほとりで」は、
人類あけぼのの、話を、キリスト教的解釈や、
その他、科学的研究ネタなんかも、入れて、後半は、時間軸を
どーんと飛ばして現代まで、持っていった話しです。

 色んなものを、複雑にかつ、アカデミックに内包しているという意味では、
こっちのほうが、学術的文学
(書いている私が、よくわからず、こんな言葉使っています)
は、高いかもしれません。

 掲載誌をみれば、一目瞭然ですが、
基本的に、エンターテイメントでなく、文学なので、
その辺を、理解して、読むことが、重要かもの一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/20 14:31

投稿元:ブクログ

ちょうど保坂さんの「小説の自由」を再読していて、その中でも触れられているこの作品をちょっと読んでみたくなったので読んでみた次第。確かにピンチョンみたいだ。ピンチョンよりも内容というか量がライトだから読むのが苦痛にまで達しないし。面白い小説。内容が、というよりかは、存在が。(07/8/4)

2011/02/18 13:39

投稿元:ブクログ

七月六日、七日、四日とかの日記が何度も出てくる。同じ日にちなのに、書く内容が少しずつちがって、まるで同じ一日じゃないみたいで、時間軸狂っていてとってもいい。

チラシ配りのリアルな描写はつまらないが、だんだん極端になっていく過程は好き。北海道にいっちゃうとか。

隣の家の新聞を盗んで、それでどうなるかとかないんだけど、最後に隣の家と自分の家の視線が入れ替わって、立ち退きの場面。書き手の視線とか、理屈はいっさいないナンセンスがまたすごいかも。

途中でアテネフランセから作家先生の作品の話になり、突然「グーテンベルク氏」の話から、「うたかたの恋」のオマージュを感じるラブストーリーに突入。筋はめちゃくちゃ。こういう小説もありなんだな。というのがわかって面白かった。何が残るかというと、なにもないが。チラシの山のイメージとかさ。それもアートというか、なんつうか。もういっこのほうの話、なんだか辛気くさくなって読めなかった。

2006/04/21 13:53

投稿元:ブクログ

私にはどうも読むのが中盤から苦痛になってしまった本。主人公の日常と、主人公がチラシの裏に綴る”メルヘン”がごっちゃになりはじめる頃から?マークで一杯になってしまった。そしてそのまま話は投げっぱなしであり、こちら側は宙ぶらりんな気分。読後「だから何?」状態。この気持ちをどう処理すればいいんだろうか・・。

2007/11/12 16:46

投稿元:ブクログ

これを新人賞に応募した作者も凄ければ、受賞させた審査員も凄い。正当な意味でね。
どっちかというと、「クレーターのほとりで」の方がメルヘン。
あー、すごいなぁ。
07.11.12

2007/08/05 16:03

投稿元:ブクログ

まぁ、私の趣味ではなかった。こういった作風が文学というなら、文学はとてつもなくつまらないものと思う。

2006/02/10 10:17

投稿元:ブクログ

単に言ってしまえばチラシの話である。チラシ配りを職業とする「私」は配りきれなかったチラシを家に持ち帰り、部屋に氾濫するチラシの裏にメルヘンを書いたりする。しかし小説は一行に進まず、「私」は日記ばかり書いている。その日記も4日間で尽きてしまう。7月4日から7日を書き、再び4日に戻ってくる。この繰り返しだ。だがこれを日記形式の小説と呼ぶにはあまりにも不純でありおまけに「私」がメルヘンを書いているのかといえばそうとも言い切れず、私はこの小説はどこか『世にも奇妙な物語』の世界を形成する「不気味なメルヘン」の本質に似た何かであると思った。『世にも奇妙な物語』はタモリがナビゲーターを努めるお馴染みのショートドラマだが、このドラマに登場する主人公は決まって夢や妄想といったものに捉われた現実を生きながらとびっきりのリアリティを求め、快楽や恐怖に身を晒すことで新たなリアリティが生まれ、自ら非リアリティの世界へずるずると引きずり込まれるというパターンだ。この小説はメルヘンという言葉には似つかわしくない、残虐で卑猥な起こり得る恐怖というものを孕んでいて、SFでもホラーでもなく、ましてやタイトルにメルヘンを掲げておきながらこれほどまでにぞっとさせられてしまい、作者の巧みな仕掛けなのか何なのか、まさに細工屋敷と呼ぶにふさわしく、読者の迷宮入りを想定して書かれた作品か否かも謎である。読んでいる途中で何度も前のページに戻ったり色んな単語を拾ってみたりするのだけれど、すでにここで読者の循環が起きていて、なんだかやたらと集中力の持続を阻止される読み物であった。活字印刷の技術を発見したことで知られるグーテンベルクをシニカルに魅せるところなんかは凄く面白いと思った。

2009/01/25 20:48

投稿元:ブクログ

妙ちきりんなお話でした。
上井草や下井草、井荻、八王子みなみ野など馴染みある地名が出てきたのが何だか嬉しかったです。

2010/12/11 10:57

投稿元:ブクログ

わかったようなわからないような。場面場面のシーンは綺麗なのだが、ふと気付くと置いていかれている。「クレーターのほとりで」は架空地学史。面白くはあったが、なぜオチにたまを…

2009/02/12 02:44

投稿元:ブクログ

本はなんでも好き嫌いのない私でも、これ読むのはちょっときつかった。
だって本当に意味がわからない。
何歩か譲歩したとしても、やっぱり感想は一言、意味不明。
「クレーターのほとりで」を読まなかったのが悔やまれる。
また今度。

2014/04/11 20:48

投稿元:ブクログ

わあ意味分かんないなんだこれ気持ち悪いな
と思いながら読んでいると
不意にじわっと込み上げる笑いに襲われたりして、
ますます青木淳悟が好きになった。
(ト)

2009/08/01 22:50

投稿元:ブクログ

四十日と四十夜のメルヘン→ボリス・ヴィアン!?
クレーターのほとりで→悪夢か神話か。
初めて読んだときのショックが忘れられない。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る