サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2019/3/11~4/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

孤虫症
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 44件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.4
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/309p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-212811-7

紙の本

孤虫症

著者 真梨 幸子 (著)

【メフィスト賞(第32回)】全身に紫色の瘤が出来、死亡する奇病が発生。失踪した夫婦の行方は? 携帯サイト「The News」で配信されたバイオ・サイコ・ホラー。第32回メ...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【メフィスト賞(第32回)】全身に紫色の瘤が出来、死亡する奇病が発生。失踪した夫婦の行方は? 携帯サイト「The News」で配信されたバイオ・サイコ・ホラー。第32回メフィスト賞受賞作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

真梨 幸子

略歴
〈真梨幸子〉「孤虫症」で第32回メフィスト賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー44件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

年齢不詳というのは、女性作家だから許されるってもんじゃないんじゃない。この話、40代の既婚者なら、まあよく出来てる、だけど20代なら、恐るべきってことになる

2005/07/17 22:01

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

装丁 SONICBANG CO.、 カバー写真 豊田豊。カバーの紙質もあるのでしょうが、一見、写真ではなく写実的な油彩画の印象があるカバーです。で、作者についての略歴やこの作品についての説明は、本そのものには全く記載されていず、真梨の年齢もですが、発表誌か書下ろしかも奥付などに記載はなく不明。メフィスト賞のことなどどうでもいいのかもしれませんが、不親切の感は否めません。
全体は三部構成ですが、タイトルがあるわけでもなく実にあっさりしたもの。
その舞台となるのが、埼玉県にある多岐森市です。そこに眺望を誇る34階建ての、スカイヘブン多岐森マンションがあります。主人公は、とりあえずそこに新居を構えた長谷部麻美ということにしておきましょう。35歳の夫である隆雄は有名なK電気本社勤務で、順調に出世をしています。二人の間には11歳になる娘 美沙子がいます。少女は、今流行りの私立中学進学を目指しています。
麻美には10歳年下の妹で、父親が違う奈未がいます。インディーズ系のバンド「アークエンジェル」のリーダーである大崎敏樹と結婚していますが、バンドの取り巻き連についてはいい感情を抱いてはいません。そして麻美と奈美のふたりは、淫蕩ともいえる母親のことが大嫌いなのです。
で、話の核にあるのは姉である麻美の隠された生活です。彼女は結婚するまで妹が住んでいたアパートを名義をそのままにして借りることにして、そこでネットで募集に答えてきた三人の男マサト、ミノル、タクヤと日を決めて関係を持っているのです。そう、そこで彼女と関係した男たちを悲劇が襲います。
もうこれだけで十分でしょう。セックスを中心にしたドロドロした人間関係が延々と続きます。で、私が著者の経歴に拘った理由が、そこにあります。20代でこれを書いたとしたら、結構、凄いです。文章もですが、世界が40代の作家にこそ相応しいものなのですから。上手いとか下手ではありません。慣れているな、そんな気がするのです。
それから、この話、構造がいいですね。話の解明については、え、なにそれ、的な部分があって物足りないので、そこがメフィストかな、とは思いますが、そこまでがいい。どうなる、え、どうなるの、なんて引っ張ります。その分、あれれ、と思うわけですが、それが若さでしょうか(ま、若いとはどこにも書いていないのですが)。
ついでにメフィスト賞について言えば、何故だろう、むしろ乱歩賞のほうが相応しいのでは、そんな気がします。やはり、話が与える著者の年齢のもつイメージがあります。そういう意味で、著者略歴を載せ、そこに生年や受賞について書いて欲しかったと思うのです。凄さに震えるとか、若さに快哉というのではありませんが、十分楽しめる作品ではあるのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

嫉妬と悪意

2005/06/19 19:35

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナカムラマサル - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公は、大企業に勤めるサラリーマンの夫を持つ麻美。
四年前にマンションを購入し、娘は小学六年生で中学受験を控えている。
傍目には何不自由ない主婦である彼女は、週に三度、複数の男たちと「隠れ家」で体の関係を持っている。
その男たちが次々と不可解な死に方を遂げてゆく。
やがて麻美自身も体内に虫がいるように感じ始め、その挙げ句精神に異常をきたした彼女は失踪する。
ホラー7割、官能3割、といった感じなので、どちらにも興味のない読者が本書を手に取るのは難しいかもしれない。
かく言う自分もその一人だ。
が、本書に関しては、あまりのリーダビリティに一気に読んでしまった。
根底に人間と人間との関わり方がいかに難しいかを描いている小説だ。
特に、母と娘、姉と妹、といった女対女のどろどろした嫌らしさにしかと目を据えている。
「欲望はまだかわいいもんです。一番恐ろしいのは、嫉妬と悪意ですよ。これは、いけない。人をも殺す、恐ろしい凶器ですよ。こっちがおとなしく生きていても、どこで嫉妬の対象になるか分かりゃしない。無差別殺人のようなもんですよ」
次々と死んでゆく登場人物たちの体内に巣食っていたのは、嫉妬と悪意という名の虫かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/11/10 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/04 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/03 01:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/07 15:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/14 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/08 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/05 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/12 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/02 15:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/25 16:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/21 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/08 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/18 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。