サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 新フォーチュン・クエスト 10 キットンの決心

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

新フォーチュン・クエスト 10 キットンの決心(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2005.3
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/327p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-2995-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

新フォーチュン・クエスト 10 キットンの決心 (電撃文庫)

著者 深沢 美潮 (著)

新フォーチュン・クエスト 10 キットンの決心 (電撃文庫)

680(税込)

新フォーチュン・クエスト(10) キットンの決心

680 (税込)

新フォーチュン・クエスト(10) キットンの決心

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

一歩一歩進もう。彼らのようにね。

2005/04/01 01:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みっちぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

私に小説の面白さを教えてくれたシリーズ作品の最新刊。

ライトノベルの先駆け的存在のこのシリーズ作品。1989年に初登場して以来、実に16年間も続いています。
当時、主人公パステルと同じ16歳だった読者は現在は32歳ということになるし、生まれたばかりだった子は高校生にまで成長してるというんだから、ひえ〜って感じですね。当のパステルはやっと1つ年齢を重ねいまだ17歳だというのに……。
しかも16年経っても全く人気が衰えず、それどころか新しい読者もどんどん引き入れて人気を不動のものとしているんだから、作品の持つその力には舌を巻くばかりです。

ストーリーは、ドラゴンクエスト等のRPG(ロールプレイングゲーム)要素を下地に置いた冒険ファンタジー。なんて、こう端的に書くと、ありふれた個性のない作品のようだけど、この作品には個性がたんまりとある。そんじょそこらの冒険ファンタジー小説とはひと味もふた味も違います。
ドラゴンと死闘を繰り広げるようなスマートでかっこいい迫力満点の冒険なんて想像しちゃいけません。彼らの場合はドラゴンをやっつけるというよりも、お友達になってしまうんだから、ある意味すごいです。

そんな冒険を繰り広げるパーティのメンバーは、方向音痴で詩人兼マッパー(地図を書く人)の主人公パステルをはじめ、お人好しで貧乏くじばかり引くファイター、トラブルメーカーの盗賊(シーフ)、マイペースな農夫、無口な巨人族、メモを見ながら呪文を唱える子供の魔法使い——と、彼らは特に剣の腕が優れているわけでも、強力な魔法が使えるわけでもありません。それどころか、メンバー全員が冒険初心者で、レベルもまだまだ低いという貧乏ひよこパーティ。
思わず、「おいおい、大丈夫かい」と心配してしまうけれど、これがなんとかなっちゃうのだ。そのなんとかなっちゃうところが爽快でたまらない。ほのぼのした感じが強いけど、本当にハラハラドキドキワクワクで心は常に忙しく興奮状態です。


今回はマイペースで薬草・きのこ博士の農夫キットンがメインの物語。いよいよ記憶を失い離れ離れになっていた奥さんとの再会です。
でもすんなりとはいかず、その道のりは長いです。キットンの心の葛藤、躊躇い、優しさ、見た目はあんなキットンですが、なんてかっこいい男なのでしょうか。
キットンと同じく、ずっと記憶をなくしていた奥さんはキットンのことを憶えているのでしょうか? 再会の行方は読んでのお楽しみです。


この作品の魅力は、等身大の彼らが、自分たちなりに一生懸命に考え一歩一歩進んでいく姿にあります。そこが人気の秘密でもあるのでしょう。
今はまだ恋愛の中に身を置きたくないパステルの悩める乙女心や、将来のことについて悩む彼らの姿は、ほら、私たちの姿と似てるでしょう? この現実世界から遠くかけはなれた世界の物語のはずなのに、彼らの悩みや気持ちに共感できるので親近感と好感が持てます。そして彼らの彼らなりのがんばりを見ていると、自分もがんばれそうな気がしてくるのです。

無理にかっこつけていない、自然体のかっこよさ。目の前にあることから一つ一つ積み重ねていくことの大切さを教えてくれる作品です。
小学生から大人まで楽しく読める安心マークの良作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/03 11:58

投稿元:ブクログ

前の巻から普通に続いてて、ヒポちゃんを引き取りに行く所から始まりました。
そして今回のテーマは、「キットンが奥さんのスグリに会いに行く!」です。
記憶が戻ったキットンが離ればなれになったスグリに会いに行くために、ドヌト村に行く訳ですが・・・。


もうー今回は最後のキットンにやられました。
あんなにカッコイイキットンを見たのは初めてなんじゃなかろうかってぐらい男前。やっぱりスグリが大好きなんですね。
そして段々と皆の環境というか、これからが変わって行きそうです。
まだまだ若いんだし冒険は続けられそうですが、家族や色んな事を考えたらこれからどうしていくのか、とても読んでて心配です。

クレイにしろマリーナにしろ、次巻で何かありそうだし。

何より、トラップ!
彼の言葉がものすごく気になります。
「人は近いようで遠い、遠いようで近いんじゃないかな」(みたいな)
遠く離れてても、仲間でいる限りずっと近くにいるように感じれる、ような事でしょうか。えーそしたらトラップ離れちゃうの?とか勘ぐってしまいます。
トラップにとって心の依り所はパステルだと思うんですが、どうなんでしょうか。
ゼン婆さんからの言葉で「お前が一番保守的だ」ってことと、身の程を知ってる(わきまえてるではない)って事も言われてたし、近くにいるからこそ、パステルへの気持ちをずっと自分の心の中に秘めてるんだと勝手に思ってます。

あれでトラップがパステル好きじゃないとか言ったら、泣きます(笑)
物凄い鈍感なパステルが気付く事はしばらくないだろうとは思いますが。パステルにとっては、両親がいないからパーティーの仲間皆が家族なんですよね。
まだ17歳だし。

でもこの作品、10数年続いているのですが、実質2年位しか経ってませんよね・・(笑)
戦いのシーンが多いというよりかは、仲間同士の絆とか楽しい事の方が多い作品です。成長していくってこんな感じなんだろうなって。

ファンタジーが嫌いな人にとってはこの作品がどう見られるかはわかりませんが、やっぱり私の中では愛すべき作品なのでした。

2005/11/12 00:56

投稿元:ブクログ

小学生の時、冒険モノが大好きでドキドキして読んでました。
ここ2年くらいに、また集めだしたシリーズです。
今読んでもハラハラドキドキ★
読み出すと夢中になってしまいます。

2006/05/08 00:02

投稿元:ブクログ

ひさびさに図書館を覗いてみたら呼んでない巻があったので読んでみました。今までの巻より面白くなった気がします。キットンが悩んでいたり色々と。パステルとトラップがいいと思います。

2006/05/09 03:45

投稿元:ブクログ

最新刊は絵が無いので止めましたが、昔から新刊が出るたびに買っている品です。昔のが痛み出しているのでそろそろ再装丁版を買わないといけませんかな・・・

2008/06/01 21:40

投稿元:ブクログ

ファンタジー小説。

フォーチュンクエストっていうのは、小学生のころよく読んでいたファンタジーのシリーズで、この前本屋でこの新作が出ていたのを見かけて、懐かしくって思わず買ってしまった。

夢中でシリーズを読んでいたころを思い出した。
各キャラがいいなあ。

そういえばプレステのゲームなんかもあった。

2009/10/30 00:04

投稿元:ブクログ

久々に読んだFQですが、正直今までで1番良かったかも。
キットンのかつての妻(!)スグリとの再会への旅、「待っていたクエスト??」のエピソードのきっかけになったシルバーリーブの災害の復興の様子、そして懐かしいパステルの恋のお相手?などなど楽しいエピソード満載でした。
名前だけも入れると懐かしい名前やエピソードが沢山。

マリーナとパステルの会話は「真実の王女(下)」以来でしたが、あの頃より本音を言い合っていて進歩を感じましたね。
しかしパステルってマリーナに比べるとやっぱガキ…正直この巻でトラップはパステルに気がある気がしたんですがどうなるやら?

今回の助演女優賞(大笑)は、ディビーちゃんのママ!ただのざ??ますおばさんと思ってたのにカッコイイとこ見せてくれるでないですか!

それにしても読むたび「やっぱりFQは面白いな~」と感じさせてくれるこのシリーズ、偉大です。

2010/02/05 00:37

投稿元:ブクログ

ようやくキットンの話は完結かな??まだ王国復活があるのかな・・・
戦闘もそこそこに人間模様や町の風景とかほのぼの旅は、読んでいて飽きません♪
スグリが記憶を取り戻すところは思わず・・・よかったです。

2011/12/23 10:56

投稿元:ブクログ

スグリに会うためにドヌト村へ向かったキットンとシロちゃん。でもなかなか帰ってこない。二人を心配したパーティーもドヌト村へ向かうことにする。しかし、村はモンスターに襲われて壊滅状態だった。

初心者パーティーがわいわいキャッキャと冒険をしていただけの話が、随分広がって大きくなってきた。ジュン・ケイとも再会したし。ギアもダンシングシミターも今はエベリンにいる。しかし、モンスターの被害が思っていたより広範囲で深刻だったのは怖かったな。
クレイが自分の問題を自分だけで抱え込んじゃうこと、マリーナの悩み、そういえばアクスはどうしてパステル達を追ってきたんだろう。もう追いかけるのは止めたらしいけど。エステ帰りのようにピカピカになったヒポちゃん、懐かしのディビーにガールフレンドができていて、ディビーママともなかなか良い嫁姑関係になりそうなこと等々。
いろいろあったけど、メインはなんと言ってもキットンとスグリだ。スグリは凄くかわいくて、キットンは今までにないくらい格好良かった。読み終えた後に表紙を見たら、なるほど!って感じだ。キットン、よかったね。

合間にスープレシピがたくさん載ってて、おいしそう。寒いからなぁ。あつあつのスープが飲みたい。

9巻のなぞなぞの答えは、「何も問題がない」で正解だった。

謎の男?の正体は、DSの「銀ねず城の黒騎士団」で出てきた、魔王の下っ端の、センゼラブルだったりして。オルランド王国ってまだあるのかな。フィアナ国はもう無いっぽいけど。

2011/05/06 23:36

投稿元:ブクログ

このシリーズを読むのはすっごく久しぶりだったのに、すぐに物語の世界に入っていけた。
やっぱりこのパーティ大好き!

今回はキットンがメインのお話。
キットンて本当に優しい。
で、めっさ可愛い!

また続きを読むぞ!

2015/11/03 10:06

投稿元:ブクログ

今回は派手な戦いシーンなど、クエスト的な要素は薄めだったけれど、それでも十分楽しめた。
今までにないキットンの様子と妻であるスグリがどういう再会を果たして、これからどうしていくのか最後までハラハラさせられたからだと思う。
ラストはホント良かったと思えるハッピーエンド。
その他にもクレイを囲むマリーナとサラの話も出てきて、これからのストーリー展開の布石を残していった感じ。
というかこの話を読んでトラップってパステル好きだよなって思った。
個人的にはパーティの中でふっついてもらわない方がいいなぁ。
懐かしいキャラも出てきたし、パステルじゃないけど登場シーンはぎゃあってなったな。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む