サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

陰陽師 龍笛ノ巻(文春文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 50件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.3
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/267p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-752813-4
文庫

紙の本

陰陽師 龍笛ノ巻 (文春文庫 「陰陽師」シリーズ)

著者 夢枕 獏 (著)

陰陽師 龍笛ノ巻 (文春文庫 「陰陽師」シリーズ)

594(税込)

陰陽師 龍笛(りゅうてき)ノ巻

540 (税込)

陰陽師 龍笛(りゅうてき)ノ巻

ポイント :5pt / 紙の本より54おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.8MB 無制限
Android EPUB 7.8MB 無制限
Win EPUB 7.8MB 無制限
Mac EPUB 7.8MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

怪蛇 7-50
51-116
むしめづる姫 117-167

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー50件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

やっぱりシリーズものっていうのは、安心して読める半面、驚きがないんです。村上豊さんの素敵な挿絵もないし・・・。シリーズもそろそろ曲がり角?

2006/03/15 20:29

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

《お馴染みの安倍晴明と源博雅の冒険。芦屋道満と賀茂保憲という晴明の好敵手たちが絡んだ六つの怪異。姫に起きる妖しに恐れおののく親が求める救い》
シリーズもの、嫌いではないんですが、話の型が出来てしまうと、新鮮味が失せることは確かです。昔、推理小説の論争で、佐野洋が同じ人間の周辺に殺人事件が起きる不自然さを避けるためにも、安易なシリーズ化は避けると言っていたことを思い出します。それとは意味は違うのでしょうが、夢枕漠のこのシリーズ、色々な作家が安倍晴明を取り上げてしまい、同工異曲の感が強くなってきました。そろそろ曲がり時ではないでしょうか。
今回の話はどれも、シリーズでお馴染みの光景、縁側でのんびり杯を酌み交わす安倍晴明と源博雅との会話から始まる、芦屋道満と賀茂保憲という晴明の好敵手たちが絡んだ六つの怪異談です。姫に起きる妖しに恐れおののく親が求める救い。屋敷に仕える小女の足に出来た腫れ物。次第に大きくなるそのものの正体は「怪蛇」。一人の女を争う二人の公家。その争いに首が絡んで「首」。他にも虫、声が人々を脅かします。
相変わらずのゆったりしたテンポの語りが見せる変化(へんげ)の世界。今回は虫がポイントなので、人によって好き嫌いがあるかもしれません。ちなみにわが家は、夫も娘も無視が全くだめ。装画、装幀は村上豊です。『瘤取り晴明』で、見事な共同作業を見せてくれた村上ですが、文庫ということもあって今回はカバー画を担当しただけ。オリジナルはオール読物に掲載されたもので、単行本のときも挿絵はありませんでした。
初出時は挿絵があったはずなのに、単行本に挿絵を入れるのは児童書という思い込みが出版社にあるんじゃあないでしょうか。雑誌に連載したような小説には、掲載時の挿絵を再録するくらいのことは考えてもいいのに、いつまでそういう読者無視の姿勢を続けることやら。挿絵の効用も含め、曲がり角のシリーズと言う気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

むしめづる。

2017/08/26 18:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今昔物語集からひいたエピソードが多いこのシリーズでは珍しく、宇治拾遺物語のから取った短編「むしめづる姫」がいい。
「鬼も女も見えぬぞよき」という言葉の夢枕獏氏的解釈がなされている。
ひとの想像力こそが、恐怖も幽玄をも生み出す根源となる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/01 09:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/26 08:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/17 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/12 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2003/02/12 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/21 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/12 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/18 12:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/30 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/01 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/19 12:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/12 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/14 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る