サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

終の神話・人祇の章(小学館キャンバス文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2005.4
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館キャンバス文庫
  • サイズ:15cm/349p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-09-430578-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

終の神話・人祇の章 (小学館キャンバス文庫 封殺鬼シリーズ)

著者 霜島 ケイ (著)

終の神話・人祇の章 (小学館キャンバス文庫 封殺鬼シリーズ)

689(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

封殺鬼シリーズ 28 終の神話・人祇の章(小学館キャンバス文庫)

680 (税込)

封殺鬼シリーズ 28 終の神話・人祇の章(小学館キャンバス文庫)

ポイント :6pt / 紙の本より9おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

すべてはあるべき場所へ

2005/04/22 22:34

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アプロ16th - この投稿者のレビュー一覧を見る

■とうとう最終巻です。ここまで11年…お疲れ様です。■中身は…うー、ここまで来るのがあまりに波乱万丈だったので、今巻は正直予定調和の大団円に読めてしまいました。無論不幸を望んでたわけではありませんが!あれだけキリモミさせられて、何もなかったかのよーにあっけらかんとされると、何か…(これでいいんだと思いつつ…)。■個人的にレギュラー以外で好きだったのは、高良、紅葉、昆でしょーか。あと番外編に出てた不思議生物を飼って転生繰り返してる青年(ちょっと違うか…)も好きでした。■皆あるべきところへ収まったラストでしたが、佐穂子の相手だけは逃げられたな〜(笑)とゆー感じがします。柵兄弟の兄か弟かで興味あったのですが。■ようやく終ったとゆーのに、これだけ魅力的なキャラが多いとそれぞれに番外編書いてもらいたい気分です。でもまー今は、これまで本当に有難うございました。正直途中で打ち切りになるかと思った時もあったなーと、今懐かしく振り返ってます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/03/04 13:50

投稿元:ブクログ

本編はこれで一応完結と言う事で。
満足。
最初の聖と隆仁の会話は、聖が隆仁のことがかわいくてしかたがないのがよくわかるだけに、なんだか泣けてくる・・・。
あー、桐子の新婚生活by聖視点とか読んでみたい(笑)
他にもその人の物語を読んでみたいキャラが一杯で、ぜひともこれは外伝を、と望んでしまいますね。

2006/04/21 19:39

投稿元:ブクログ

読んでなかった分をやっと読みました。とりあえず、聖&弓生おつかれさん。・・・・・・・・・いや佐穂子も三吾もな。とくに三吾か。

2011/03/31 02:26

投稿元:ブクログ

終わったー!長かった!!
ついに決着の時!ってことで、みんなズタボロになってがんばったよ。という感じ。結局成樹は最後はハブでしたが~。そして三吾は最後の最後におにいちゃんに気持ちをぶつけて間に合い、鬼は夜刀さんとかまぁいろんなモノに守られたかな?という感じ。
途中ナナメ読みで、そもそもなんでマサミにーちゃんがよりましやんなきゃなんないのかとかよくわかってなかったけど。仲麻呂がどういう意味を持ったのかとか。まぁ、いいよ。人(キャラ)それぞれの葛藤の物語としては十分理解できたので。
最終的に一番達彦がかっこよくなったんじゃないかと。まぁ、理解されない部分が多かっただけで信念の人よね。元から。
最後はこの鬼たちに幸あれ!って感じ!

2007/04/06 09:57

投稿元:ブクログ

聖が好きでしたー。民間伝承とかもろもろの知識が素人心にかっこよく響くよう上手く作られててかっこよかったのです。
長い物語を最後まで読ませてくれてありがとう、と思います。
他の作家だけど、途中で終わってる長いシリーズって多いんだもん…。

あ、そうそう!忘れてたけど三吾も大好きでしたー(笑)忘れんな………

2013/10/12 21:53

投稿元:ブクログ

ずっと終わるのが寂しくて読まずにとっておいたのを、10月に三吾メインで新シリーズが出るということでとうとう読んだ。
これぞ大団円に相応しい。みごとに風呂敷をたたんでくれた霜島先生に拍手喝采。どこかでラストのあとのみんなでお花見シーン読みたいなあ、いつか書いてくれないかなあ。と考えてしまうほど、物語は完結しても彼らはこれからも生きていくんだという広がりの感じられる〆方だった。

2016/01/12 21:42

投稿元:ブクログ

・これで一端お仕舞いになったんですね封殺鬼シリーズ
・やっぱりビミョーに帰ってくる気満々じゃないですか!
・ユミちゃんはやっぱり聖となんだなあ・・・
・眞巳兄さんと三吾の和解がなんか一番嬉しかったよ最終巻
・あと理緒ちゃん元気でよかった

2012/02/19 23:55

投稿元:ブクログ

大団円、かなと。広げた風呂敷を丁寧に畳んだ印象。丁寧過ぎて、盛り上がりに欠けた気もするけど、それは高望みかな。キャラクター一人一人がすくい上げられて、使い捨てなど一人もいなかったのが、なんとも愛着を湧かせる作品でした。聖と弓生は別格としてずっと三吾贔屓だったけど、最終的には達彦に持って行かれました(笑)。