サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

弥勒の掌
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.4
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/300p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-323810-4

紙の本

弥勒の掌 (Honkaku mystery masters)

著者 我孫子 武丸 (著)

妻を殺され汚職の疑いまでかけられた刑事。失踪した妻を捜して宗教団体に接触する高校教師。錯綜する事件、やがて驚愕の真相が…。書き下ろし。我孫子武丸スペシャル・インタヴューも...

もっと見る

弥勒の掌 (Honkaku mystery masters)

1,903(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妻を殺され汚職の疑いまでかけられた刑事。失踪した妻を捜して宗教団体に接触する高校教師。錯綜する事件、やがて驚愕の真相が…。書き下ろし。我孫子武丸スペシャル・インタヴューも収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

我孫子 武丸

略歴
〈我孫子武丸〉昭和37年兵庫県生まれ。京都大学推理小説研究会出身。小説家。ゲームソフト「かまいたちの夜」のシナリオライターとしても知られる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (13件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本格推理にリアリティがなくていい、なんていわれると、あんた考え間違ってんじゃあないの、そんなこと言う前に面白い小説をお書き!って言いたくなりません?

2005/08/09 21:29

11人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は目次を飾る「教師」と「刑事」を紹介します。まず教師ですが、名前は辻恭一、結婚して八年、奥さんの名前はひとみ、二人の仲は冷え切っていますが、その原因というのが、恭一が自分の勤める高校の生徒に手を出してしまったことです。この三年間、二人は同じ家に住んでいるだけの生活を送っています。そして、ひとみが姿を消しました。これが一つの事件です。ちなみに、登場人物の年齢が特定されないのが、この話の特徴ではあります。
次は刑事です。蝦原篤史、奥さんの名前は和子。再婚で、前妻とのあいだに設けた娘二人は静香、亜美、この二人は珍しく年齢が出ていて18と16、ただし話の中ではチョイ役です。こちらは夫婦仲もいいし、娘たちと新しい母親との関係も良好です。で、ある日、和子の死体がラブホテルで発見されます。そのとき、篤史は自分の仕事に絡んで汚い取引をしていました。
大技があります。それをどう見るかで、この作品への評価が決まります。ちなみに、私は同じミステリマスターズシリーズの歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』を思い出しました。多分、これと似た評価が下されるのでしょう。ただ私などは中町信『新人賞殺人事件』、或は逢坂剛『水中眼鏡の女』の切れ味のほうに軍配をあげたい、そうとだけ言っておきます。
で、気になった点が一つ。といっても、トリックの話ではなく登場人物の性格についてです。私は今、天童荒太『幻世の祈り』の五部作を読んでいるのですが、それに巣藤浚介という高校教諭が出てきます。ともかく、女と見れば心が騒ぎ女学生を見れば下半身がうずく、それでいて現実を見ようとしないどうしようもない男ですが、この愚かものと辻恭一がかぶるんですね。年齢や性格、社会との距離のとりかた。
ま、学校の先生というのがいかに世間知らずであるか、というのは大学教授あたりの話を聞いたり、本を読めばすぐ分ることですが、これが実際か?あるいは、男性作家の願望か?と正直、作家先生たちの姿勢を疑いたくなってしまいます。それに比べれば、まだ蝦原の粗暴さのほうが好ましい。
で、リアリティの話になってしまいます。我孫子がミステリに登場する人間に何を求めているか、それは難しい文章で正直、辟易したくなる「物語・世界解釈・アイデンティティー 我孫子武丸作品をめぐって(岩松正洋)」に詳しいので、読んでいただくとして、でも私はリアリティのない話は所詮、読むに値しないと思うのですね。逆に、どんなにシリアスを装っても、あまりの奇麗事や大げさな悪事には、ケッ、で終わってしまいます。
で、この最近の小説に頻繁に登場するダメ男ですが、どうもこれは世の男たちの甘えではないか、そういう気がするのですね。だって、そういう男を描くのは殆どが現在40代以下の男性作家です。でも、私の周りには、そんな男、殆どいません。ま、教師たちは屑ですね、とくに校長や教頭。でも、余に多いと、現在の殺人報道もですが、バイアスかかってんじゃあないの、結局それって社会に無力感だけを与えるよね、そう思うのです。例えばこれと古川日出男『ベルカ、吠えないのか?』を読み比べると、文章の力はかくも違うのか、そう思います。
岩松正洋の解説はとてもためになります。ただ、博覧強記ではないですが、しなくてもいいような引用で読者を圧倒しようとするのはどうでしょう。いかにも、らしいマニアックな人の名前をバンバン出しますが、いかにも「お前ら知らないだろう」とばかり名前を示す、そんなケレンをみせる必要は全くありません。言っていることは簡単で、それでいて目からウロコものの立派な論です。私もエラソーなことは言えませんが、文章は人格の表れ、虚勢を張るのはやめましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/04 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/21 17:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/29 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/14 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/12 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/22 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/11 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/09 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/14 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/18 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/02 17:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/14 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/29 13:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/07 18:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。