サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ボーイズラブ
  4. オフィスで君は甘く蕩ける

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オフィスで君は甘く蕩ける(B-BOY NOVELS(ビーボーイノベルズ))
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
新書

紙の本

オフィスで君は甘く蕩ける (B‐boy novels)

著者 鳩村 衣杏 (著)

一流プランナー・機音はプライドの高さが原因で左遷された。新しい上司はライバル視してきた凄腕の美丈夫・但馬だった。反発も隠された弱さも承知で「君が必要だ」と言う但馬に、いつ...

もっと見る

オフィスで君は甘く蕩ける (B‐boy novels)

918(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一流プランナー・機音はプライドの高さが原因で左遷された。新しい上司はライバル視してきた凄腕の美丈夫・但馬だった。反発も隠された弱さも承知で「君が必要だ」と言う但馬に、いつしか苦しい恋心を抱くようになり…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

父性&母性の鬼みたいな恋人を持ったとしたら…

2007/10/05 17:21

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hamushi - この投稿者のレビュー一覧を見る

鳩村作品のなかで、一番好きなお話。
 人間関係がシンプルで、お話の流れもものすごく素朴であるのに、心に残るものがたくさんあります。
 お話の主要素は、主人公である機音の内面的な成長物語です。「女王」とあだなされる一流プランナーでありながら、スタンドプレイが過ぎて上司ににらまれ、部署を移動させられてしまった機音は、かつて強いライバル意識を抱いていた但馬の部下となり、そのあっけに取られるほどの懐の深さと滋味溢れる人間性に触れ、信頼関係を結ぶことで、心に根深く刺さっていたトラウマを克服して、おそらくは実り多いものになるであろう人生の、新たな第一歩を踏み出します。
その成長の過程で描かれる、機音と但馬の関係があまりにも濃いというか、最初っから合体すべきパーツとして存在していたに違いないと思われるようなパートナーぶりであるため、本来は全くノーマルであったらしい二人がいきなり恋愛関係に突入し、生涯を共に生きることを固く誓ってお話が終わっても、恐ろしいほど違和感がありませんでした。
 このジャンルの作品ではやや珍しいと思うのですが、二人を強く結びつける要素の一つは、それぞれの父親に対する愛情でした。機音は、幼いころから大好きだった父親のようにパイロットになりたいという夢を、ある事件のために断念せざるをえない状況に追い込まれ、そのことに深く傷つき、父に対しても負い目を持ったまま、家族と疎遠になっています。また但馬は、子供のころに死んでしまった父親の真摯な生き様を自らの人生の手本のように思いながら、家族として守ることのできる相手を求めていました。つまり、父親との絆を見失って傷ついていた青年が、まさに父親そのもののような相手に遭遇したわけで、誰がどう水を差そうと、融合するのは避けられなかったことでしょう。もっともだからといって、恋愛にならなくてもいいような気がしないでもないのですが、友人関係で落ち着くには思いが濃すぎるし、だからといって本当の親子になることもできないので、一番汎用性の効く恋愛関係におさまった……というところなのでしょうか。よく分かりませんが。
 なにはともあれ、ほとんどの鳩村作品の主要人物と同様、この二人も真面目で実直で、仕事に対しても人生に対してもひたむきで、半端に斜に構えるということを知りません。純真素朴でありながら、猛烈に仕事もできるという、超人とも仙人ともつかない人々の物語は、現実離れしているといえばそうであるのかもしれませんが、人生の愛すべき側面をたしかに描いているようにも思えて、読後に清涼感があります。
 蛇足ですが、但馬が大の甘党であるため、作中にはいくつかのお菓子が出てきます。一つめは、ケーキの中から熱いチョコレートが流れ出すという、フォンダンショコラ。もう一つは、羽田空港で売っているという、「空飛ぶどら焼き」。ものすごく食欲をそそられますが、それはともかく、天性の父親と言ってもいいようなキャラである但馬は、相手の能力を育てるためには「骨は拾う」と確約しつつ、あえて千尋の谷から突き落とすような面もありますが、それとは対照的にどこか母性的と言っていい面もあり、機音を自らの庇護対象と認識してからは、強烈な独占欲と保護本能を発揮して囲い込もうとします。さらにこの但馬という人は、機音が苦しんでいたり、倒れそうになっていたりすると、必ずちょっとうれしそうな顔をします。愛する相手を保護できる場面であるからうれしいのだろうというのは分かりますが、機音が自分以外の誰かに守られているのを見ると、鬼神の如き表情になって保護者役を奪い取り、敵にとどめを刺すというものすごさ。ちょっと「普通の人」ではありません。
 但馬は、自ら「ギャップのあるものが好きだ」と告白していますけれど、自分自身が相当なギャップの持ち主であるうえ、いささか「変態」領域に踏み込みかねない部分もあることを考えると、そばにいる人間は振り回されて結構たいへんな目にあいそうな気がするのですが、二人の恋愛関係が成立したところで小説が終わってしまっているので、機音がどんな苦労をすることになるのかは、想像するしかありません。この本、絶版になってしまっているようですが、続編つきで再刊されたりしないかな~と、ちょっとだけ期待しています。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/17 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/12 13:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る