サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.3
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:20cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-535-58430-3

紙の本

多子青春化 日本の生きる道

著者 西脇 隆 (著)

少子高齢化の逆転こそ、日本の生きる道である。どうしたら日本を「多子」に恵まれ、創業が盛んで活力溢れる「青春化」した社会にすることができるか。具体策を提示する。【「TRC ...

もっと見る

多子青春化 日本の生きる道

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

少子高齢化の逆転こそ、日本の生きる道である。どうしたら日本を「多子」に恵まれ、創業が盛んで活力溢れる「青春化」した社会にすることができるか。具体策を提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西脇 隆

略歴
〈西脇隆〉1948年岡山県生まれ。慶應義塾大学工学部管理工学科卒業。現在、(株)クリエイジ代表取締役社長。著書に「志の高い企業を探る」「ネットワーク未来」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本の危機に多子青春化が必要である

2005/05/03 23:23

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やっほー - この投稿者のレビュー一覧を見る

(株)クリエイジ社長の西脇隆氏が、21世紀日本の基本問題「少子高齢化」への対案としてまとめたものだが、分析、考察、シナリオライティング、政策提言がバランス良く見事に記述されており、一読に値する。但し、出来るだけ政治家に読んでもらうことが重要であり、官僚が読んでも役立たないかもしれない。それほどドラステックな内容である。
今日の日本では「子供を何人ほしいですか」と聞くと、世界の各国と同じように「3人以上ほしい」と答える人が8割近い答えになる。しかし、「子育ては楽しいですか」という問いに対して「楽しい」と答える人は、日本の25%程度に対して、欧米に限らず発展途上国も含めた世界各国の人々は8割以上の人々が「子育ては楽しい」と答えている。
私も本書で具体的に提案されている「多子青春化の諸施策」が強力に推進されなければならぬと考えている。と同時に、国民一人ひとりが真に「子育てが楽しい」といった価値意識を取り戻すことが重要であるとも考えている。日本では「子育ては大変だ」という点だけに関心が偏っているように思われる。
本書でも指摘されている大変な所(課題)を改善する必要はあるが、これは必要条件の整備に過ぎない。「子供を産み育てなければ国は滅び、ひいては自分の余生に、或いは子孫が不幸になりますよ」と説いても、なかなか理解されない。仕事よりも、あるいは多くのレジャーや消費活動よりも本当は「子育てほど創造に満ち、長期に亘って楽しいことはない」ということを実感してもらうことが大切なのである。
この半世紀、日本では子供を沢山つくろうということは一種のタブーであった。とりわけ、「生めよ増やせよ」政策が第二次大戦の軍国政策であったため、国が国民に沢山子供をつくって下さいとは言えなかった事情があった。敗戦以来、人口政策が2世代60年に亘ってタブーであったことは、日本にとって不幸な出来事であったと言わざるをえない。
人口問題が最大かつ喫緊の課題になっている今日、このタブーを捨てる必要がある。戦後憲法の呪縛と同じフェーズにある国家の最重要な戦略(政策)マターなのである。その認識を政治レベルでキチンと行う時期に、遅まきながら気づき始めなければならないということである。
本書でも指摘する必要条件の整備と共に、個々の国民レベルで「子育ては楽しい、こんな面白いことはないのだ」と認識できるような十分条件を生み出すことによって始めて、この国土に「多子青春化の社会」が戻ってくるのではなかろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。