サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ー心を遊ばせる・心を羽ばたかせる― 空想と幻想の物語 ポイント5倍キャンペーン  ~7/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本の国境(新潮新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.3
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮新書
  • サイズ:18cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-610107-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

日本の国境 (新潮新書)

著者 山田 吉彦 (著)

日本の国境(新潮新書)

税込 660 6pt

日本の国境(新潮新書)

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 3.0MB 無制限
Android XMDF 3.0MB 無制限
Win XMDF 3.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

排他的経済水域を含めると日本は世界で6番目の超大国

2006/05/21 22:09

12人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本近海で穏やかならぬ事態が連発している。日本の領海に勝手に潜水艦を侵入させ、ガス田開発を強硬しても謝罪を一切しない傲慢な侵略国家・中国。落ちる一方の支持率を挽回するため領土問題を道具にしてナショナリズムを煽る危険なデマゴーグ大統領に支配された韓国。そしていわずと知れた不気味な破綻国家・北朝鮮。日本人は「いざとなったらアメリカさまが守ってくださるさ」と相変わらずのオンブにだっこ状態の依存心丸出しの思考のお陰か、はたまた「アジアに侵略者なぞいない。社会主義国は平和勢力だ」と今や小学生でも信じない遙か昔の妄説を信じ込む共産主義シンパの思考停止のお陰なのか、日本で「日本の海を守れ」という悲痛な叫びはちっとも湧き上がってこない。しかし、しかしである。日本は世界に冠たる海洋大国なのである。日本は海というと「お魚を取る場所」くらいにしか考えていないが、海底には豊富な地下資源が眠っている。海を支配することは日本の生存上、切っても切れない重要なカギを握っているのだ。本書を読めばその重大性が分かる。中国は、韓国は、北朝鮮は、みんなほとんど排他的経済水域を持っていない。おいしいところはみんな日本が抑えている。中国の近海は浅い。潜水艦は空から丸見えなんだそうだ。だから中国は台湾を奪取しようと策を巡らしている。台湾を中国に奪わせてはならないのである。沖ノ鳥島を守ることが日本にとって非常に重要なことも本書を読めば良く分かる。島を守るためにかぶせたカバーがオールチタン製だということは今回初めて知った。こうしたところにサクッとカネをかけられるところが経済大国のいいところだね。竹島なんていざとなったらいつでも奪い返せる。韓国の海軍力は弱い、ちょろい。今に見ている、韓国人どもめ。目にモノを見せてやるからな。でも著者の山田さんは「竹島は、もう永久に帰ってこないかも」と弱気な姿勢。おい、山田、しっかりせいや。
海図に排他的経済水域を記載していないのは日本だけでなく韓国、中国も書いていないそうだ。それをしって、少し安心した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本の国境とは何か.その根拠とは.そして、竹島、尖閣諸島、沖ノ鳥島、北方領土などは今どうなっているのか

2005/04/19 01:04

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:格格 - この投稿者のレビュー一覧を見る

竹島などが問題になっているおり、いいタイミングでまさに読みたいタイトルの本がでた.内容は以下のとおり.
第1章 海洋国家日本の肖像 約40ページ
第2章 日本の国境を行く 約60ページ
沖ノ鳥島、石垣島、大東諸島、根室・羅臼
第3章 領土紛争最前線から 約60ページ
尖閣諸島、対馬、竹島、北方領土
第4章 「日本の海」を守る 約20ページ
1章では、非常に重要な領土とは何か、というような概念と日本の現状の海洋政策について書いている.日本の領土とは1951年のサンフランシスコ平和条約によるものというのが国際的に認められたもののようであるが、そこで、放棄すべき地域として、竹島、北方領土が入っていないという.だからと言って、そこが日本の領土と主張するのは無理とも思える.なお、韓国も、ソビエト連邦も、中国もこの条約に参加していないというのは重要だ.また、領海を12海里、排他的経済水域を200海里とする国連海洋法条約に日本も含め、2004年現在145カ国が批准しているが、アメリカは批准していないという.先進的に海洋資源の開発に取り組んでいる企業が多いために議会の承認が取れないという.アメリカはこの類の話が多すぎる.
2章、3章が本書の中心.2章は、著者自身が日本の国境を実際に訪れる話.沖ノ鳥島は日本の最南端であり、その重要性は言うまでもない.しかし最近中国に指摘されるまでもなく、岩である、というのが実情のようにも読める.灯台の建設と常駐者の派遣など、非常に重要であろう.それほど大きなコストがかかるとも思えない.石垣島は日本最東端の与那国島を含む、大東諸島をここに載せる意味は不明.根室・羅臼は実際に行けない日本最北端の変わりということらしい.それならば、最東端の南鳥島に触れないのは不満.
3章が私が本書に期待したもの.歴史とここまでの経緯を書いているが、もう少し詳しくてもよかったと思える.尖閣列島については、歴史的に見ても実効支配の面からも日本の所有であると著者は主張しているが、灯台を実際にどのように運営しているのか詳しく書かれておらず、実効支配の実態について不明である.竹島と北方領土については、歴史的には日本が領有しているが、韓国、ロシアによる実効支配がすでに50年を超えている.竹島についてはもう諦めるしかない、北方領土については、ロシアに要求するにしても慎重な返還方法を探っていくしかない、という主張である.
国境といえば、陸の境のように思い、日本にはないかのような錯覚があるが、日本の場合、すべて海に国境があるのである.そして、今、その境において紛争が起きている.その実態を正確に知っておくことは重要であろう.もっと重要なのは、それを踏まえ、強く相手と交渉していくことであるが.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/15 10:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/30 18:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/16 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/16 15:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/14 12:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/22 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/31 18:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/07 07:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/18 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/19 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/07 10:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/06 07:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/18 11:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一般 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。