サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ポイントUPキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 77件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2005.5
  • 出版社: 偕成社
  • レーベル: 偕成社ワンダーランド
  • サイズ:22cm/365p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-03-540310-4

紙の本

蒼路の旅人 (偕成社ワンダーランド 「守り人」シリーズ)

著者 上橋 菜穂子 (作),佐竹 美保 (絵)

新ヨゴ皇国皇太子のチャグムは罠と知りながら、祖父トーサと共に新ヨゴの港を出港する。この船出がチャグムの人生を大きく変えていく。愛する人との別れ、そして、あらたなる出会い…...

もっと見る

蒼路の旅人 (偕成社ワンダーランド 「守り人」シリーズ)

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

「守り人」完結セット+「短編集」 12巻セット

  • 税込価格:19,800180pt
  • 発送可能日:購入できません

「守り人」完結セット+「短編集」 11巻セット

  • 税込価格:18,150165pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新ヨゴ皇国皇太子のチャグムは罠と知りながら、祖父トーサと共に新ヨゴの港を出港する。この船出がチャグムの人生を大きく変えていく。愛する人との別れ、そして、あらたなる出会い…。守り人・旅人シリーズ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

上橋 菜穂子

略歴
〈上橋菜穂子〉立教大学博士課程単位取得。現在、川村学園女子大学助教授。「月の森にカミよ眠れ」で日本児童文学者協会新人賞、「精霊の守り人」で野間児童文芸新人賞等を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー77件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

蒼路の旅人

2005/08/23 13:25

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テノール - この投稿者のレビュー一覧を見る

 久しぶりにこのシリーズとの再会を果たせたという感慨でゆっくり読ませて頂いた。という充実した気持。
「神の守人」帰還編でもう終わりか??と不安だったので、「蒼路の旅人」が出た!と知った時は、じっくり出来上がったのだと、何か幸せを感じた。これまではどんどん読んでしまったので、今回は丁寧に読んだつもりである。
 新ヨゴ皇国太子チャグムは成長し、親子といえども父親の帝に命を狙われるような事態となっていた。民を思うチャグムは数少ない味方を失いながらも、タルシュの捕虜になることで、新ヨゴが大きな力に飲み込まれる寸前であることを知る。その新ヨゴを一人で救おうと、大海に泳ぎ出た。
タルシュのように、次々と国を占領し、枝国として、その関係国をまた枝国にしながら、アメーバのように、世界をわがものにしようとする。この方法はいつの世にも見られ、国取りだけではなく、現代の政財界、暴力団、いじめ、の中でも使われているような気がするが、強い者が勝って、「ハイ終わり」にしない世の中にしたい。と、誰もが願ったり、諦めたり、見ぬ振りをしたりしている。しかし、チャグムはけなげに考え、民のことを思い、願いを叶えるために命をかける。
 さて、次を読めるのは、いつだろう?!まず、ロタに泳ぎ着く。ロタ王に会う。そんなにうまくいかないのだろうが、祈りたい気持にさせるのが、上橋菜穂子さんのうまさというか、魅力だと思う。
 それにつけても、バルサはどうしたのだろうか?生きているのだろうか?チャグムが成長したということは、バルサはそれだけ歳を重ねたということなのだ。旅人シリーズの国が増えていく中で、バルサの占める割合が小さくなるようで、少し寂しいというのが本音なのだが、児童書であっても、大人が読み、心洗われている人の方が多いのではないかとも思うので、是非バルサ登場を待っている。
 一口にファンタジーといっても、魔法や、超能力が底辺にながれているものと、古い時代からの様々な人間の営みが骨組みを支えているものがあると思う。勿論魔法や、呪術といったものは古い時代ほど、人間の生活と密着していたのではあろうが・・・歴史を普通の学校の授業で受けた私にしてみれば、その時代時代に生きていた人間が、喜び、嘆き、悲しむ姿を感じられるようになったのは、こういうファンタジーを読んでからである。学校の授業から、感じ取れなかった私の感性がお粗末だったのかもしれないが・・・
 次のシリーズ、「旅人」か「守人」か・・・じっくり楽しみに待っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

蒼路を泳ぎきって、確かなものをつかんでほしい

2005/08/10 00:21

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yan - この投稿者のレビュー一覧を見る

新ヨゴ皇国の皇太子チャグムの物語
遠い南の大国タルシュに侵略されてしまうかもしれない
そう言う危機の時に、チャグムは罠と知りながら
隣国のサンガル国に赴くのだが
サンガル国はすでに侵略されていて
チャグムは捕虜になってしまう。
大国のすさまじい強さと
侵略された国の哀れを見たチャグムは
ひとりで思い切った行動を起こす。
「精霊の守人」でバルサに助けられる
幼い子どもであったチャグムが
賢く強く、立派になって行く物語の始まりだ。
チャグムのような思慮深く、節度ある、人民を思う政治家なら
世の中は救われると思うのに、金と武力で意のままに人を操る
大国がそれを阻むと言うのは、今の時代に即しても
納得のできない理不尽だ。
チャグムの思いは世に通じるのだろうか。
チャグムは蒼路を泳ぎきって成功するだろうか。
成功してほしいと願って本を閉じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

手に汗にぎる

2005/05/06 01:00

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なみの - この投稿者のレビュー一覧を見る

私はどちらかというとこの本の主人公チャグムよりも彼を助けて一緒に旅をした女用心棒バルサの方が好きである。
バルサとチャグムの出会いで始まったこのシリーズは、バルサが主人公の『守り人』シリーズとチャグム主人公の『旅人』シリーズにわかれ、タイトルだけでどちらがメインの話なのか判るようになっている。
前作からもう2年ほどバルサに会っていない。出来れば『守り人』シリーズを読みたかった、正直そう思いながら手に取ったこの『蒼路の旅人』。10ページも進まぬ内に私の心はすっかり物語世界に取り込まれてしまっていた。
上橋先生の魅力は、その誠実なキャラクター作りにあると思う。敵であろうと味方であろうと、おろそかに作られたキャラは一人もいない。魅力的な脇役達に囲まれてチャグムは、変わりゆく歴史の大きな流れに翻弄されながらも立ち向かってゆく。
これまでのシリーズを読んでいる人には馴染みの国々の風俗文化がまた興味深い。あいかわらず美味しそうな料理の描写も楽しいが、今回は強大な敵国タルシュの描写にオスマントルコ帝国を重ねてみるのもいいと思う。
早く読み進みたい気持ちと読み終わるのが怖い気持ち。
児童書の体裁に偏見を持たず、ぜひ大人にも読んで欲しい。
また、骨太の物語なのに平易な文章で、ぐいぐいひっぱっていってくれるので本が好きな子供ならば、小学生でも充分楽しめる。
いろいろ書いたけれど本音はこれだけ。
先生、続きを早く書いてください!!!
禁断症状が出そうな本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もがき苦しみながらも、毅然として道をすすもうとする主人公チャグムの魅力。

2005/05/04 20:46

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うっちー - この投稿者のレビュー一覧を見る

大きな物語の中に身を置くことの幸せを感じさせてくれる作品である。
話は、新ヨゴ皇国が、タルシュ帝国と戦うサンガル王国から援軍を求められるところから始まる。帝は、援軍を送ることを決定するが、皇太子チャグムは、すでにタルシュ帝国にのみこまれつつあるサンガル王国のワナであることを確信する。けれども、帝の怒りに触れ、海軍大提督の祖父トーサとともに、敵のワナが待ち受けている中へ船出することになるのだが…。
父の帝に疎まれ、常に死の危険にされされながらも、民を思い、人として誠実にあたたかく行きたいと願うチャグム。彼は、「心のふかいところに、小さいけれどゆるがない芯」を持ち、どんな困難な状況であろうと、一筋の光や希望を信じ、自分のできる最善を尽くそうとする。それを支えるだけの才能と勇敢な心を持っているチャグムは、主人公としてとても魅力的で、それゆえ、彼の悩みや苦しみが胸にせまるのだ。
とてつもなく強大なタルシュ帝国を敵にして、小国の新ヨゴ皇国に生き延びる道はあるのか? 大国の慈悲を請い、軍門に下るべきなのか? 一国の運命を担う責任ある者として、皇太子チャグムのとった道とは…?
前作までを読むことでチャグムの背景がより鮮烈になり、物語に共感できることと思うが、この作品だけでも、そのみごとなストーリー展開で楽しめる。人物描写もすばらしく、一人ひとりの物語までくっきりと浮かぶようである。楽しみなのは、ここから、大きく長い物語の始まりを予感させること。日本の児童書でファンタジーの楽しさを存分に味わせてくれる作品があることをうれしく思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

成長したチャグム

2016/06/27 00:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わらび - この投稿者のレビュー一覧を見る

チャグムの成長っぷりに感嘆しつつ、
バルササイドの話が好きな私は
「バルサとタンダはなにしてるん…」と
若干プルプルしておりました(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

壮大な物語になっていく。国と国の駆け引きの始まり。「天と地の守り人」3部作のプロローグ

2016/06/04 11:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゴータマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

バルサや、チャグムだけの話に終わらない物語だ。国の繁栄のために戦う王子が出てきたり、気象の変化でに人々の戸惑う姿などが書いてある。
 私は、この後の作品(天と地の守り人)を先に読んでしなったので、この作品で、次の物語で出てくる自然災害の伏線が引かれていることにびっくりした。作者の壮大な世界観を改めて感じた。
 この物語は、新ヨゴ国が、戦争に入る前に、皇太子チャグムのとる外交冒険活劇だ。それに加えて、異次元せかいであるナユグの気象変化がこちら側のサグにも表れて大変なことになっていく。ナユグが春になったことで、サグも暖かくなり始めた。これが諸国の外交に変化をつけ始め、戦争になる。国民をいかに守るかがチャグムの使命だ。その物語の始まりだ。
 「天と地の守り人」3部作のプロローグという位置づけだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/04/29 08:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/08 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/02 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/28 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/23 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/17 16:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/04 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/22 11:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/08 00:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。