サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

星の歌を聞きながら
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2005.3
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/462p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-15-250030-1

紙の本

星の歌を聞きながら (ハリネズミの本箱)

著者 ティム・ボウラー (著),入江 真佐子 (訳),伊勢 英子 (絵)

最愛の父が亡くなって以来、ルークは心を閉ざしたまま。ピアノの才能がありながら、不良たちとつるんで問題を起こしてばかり。だが仲間に命じられて忍びこんだ屋敷で、幼い少女との不...

もっと見る

星の歌を聞きながら (ハリネズミの本箱)

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

最愛の父が亡くなって以来、ルークは心を閉ざしたまま。ピアノの才能がありながら、不良たちとつるんで問題を起こしてばかり。だが仲間に命じられて忍びこんだ屋敷で、幼い少女との不思議な出会いがルークを待ち受けていた…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ティム・ボウラー

略歴
〈ボウラー〉1953年イギリスのリー・オン・シー生まれ。イースト・アングリア大学卒業。教師などさまざまな職を経たのち、作家・翻訳家として独立。「川の少年」でカーネギー賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

この感じを心にとどめたい・・・

2005/05/27 19:03

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テノール - この投稿者のレビュー一覧を見る

3ヶ月ほど前に「川の少年」を読んだ。不思議な爽やかさだった。そして、挿絵が伊勢英子さんの自然な線で描かれていて、小説の雰囲気をより爽やかにしていると思っていた。(実は伊勢英子さんの一ファンである。)今回、同じティム・ボウラーの「星の歌を聞きながら」と表紙の絵に出会い、絶対に読みたいと思いながら、2ヶ月。手に取ってみて、ちょっと長いかな?と不安になった。人より読むのが遅い・・・1/4ほどで引き込まれないと、止めてしまうことが多いので、どうだろうと思った。しかし、主人公ルークという少年自身のこと・彼を取り巻く多くのできごとが、いろんな色や音を編み込んだ布や川の流れというか、空気の流れのように感じられ、ルークという少年と同じ場所で、息をしているような感覚で読み切ってしまい、当分この良い感じが体の中に流れていたような気がする。すでに楽譜にある曲だけでなく、ルークに聞こえてくるメロディを作曲してピアノで演奏する力や、 様々な音が聞こえるという力が通奏低音となり、少年を取り巻く事件や出来事が結構速いスピードで展開されていくので、「これって超能力?」などと考える暇もなく、自然なルークの力として、受け止めてしまう。
所謂、思春期の少年・少女の心は、周りにおこる様々なことに振り回され、目覚めてきている自我とも闘いながら、どういう大人になっていくか毎日をさまよっている・・・。そんな感じかな?とこの作品を読んで思ったのだが、今の日本の同時期の子供たちはどうなのか。まず、家の近くに森があるか、地域として、子供たちのことや、一人暮らしの年寄りのことなどを考えたり思い合ったり、心配したりということがあるか?利害がからみあったときは、あるかもしれないが・・・。しかし、近くの林や川などが、倒され、埋められ大きなマンションが建ち、という昨今。古い日本家屋は捜さないと見つからないという昨今。殆どの思春期の子供たちは、塾へ行き、自然の中で日常的に遊ぶ暇など無い。そして、ルークと同年代でこの作品を読めるという子供たちは、限られているのではないかと思う。しかし、大人になってからでもいいから、読んでほしいし、こういう本と巡り会ってほしいと願う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

きれいな世界

2016/02/19 22:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:師走 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「川の少年」でこの作家さんに惚れたのでこちらも読んでみたら、やっぱりすごくいい!
音が色として見えるというのがすごくきれいで印象的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

老人にむかってYOUという、これを「おばあさん」と訳すか「あんた」と訳すかで、言った人間が悪人かそうでないかがよくわかる。で、この本の最大のミスは訳者のセンスだと思うんだね

2005/07/24 20:44

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

原題は STARSEEKER で、これから日本語の題が出てきたのでしょうが、まず何処に星があるんだ、ルークは夜空だって見上げることはないぞ、などと思ってしまいます。
分からないのは、主人公の悪ガキが最愛の人間を失ったから不良になることを選んだという部分です。引きこもる、これなら分かります。自分の音楽上の師を失ったから迷う、それも理解できます。で、不良?わかんねえよ。しかも、そこまで世を拗ねながら、せっせと音楽のレッスンには通うのです。しかもルークの言葉遣い、これが酷い、というか矛盾だらけ。これは翻訳者のセンス、それをそのまま放置する早川書房の問題でもあります。
私がなぜルークを悪ガキと書くか、その原因が彼の言葉遣いにあります。14歳の少年は、不良仲間であるスキンを恐れ、彼に殺されそうになると思いこむ一方で、友だちであるミランダをの演奏会での発表に協力します。そして、父の死後も音楽の師であるハーディング先生のことも、父親ほどではないまでも大切にします。そう、ここに見えるルークは、あくまで不良に巻き込まれたた善良な少年です。
しかし、実際にはルークは苛められて、或いは誘われて不良になったのではなく、自らすすんで悪の道に走ったのです。しかも、少年は仲間の犯罪に協力することはあっても、拒絶することはないし、警察や周囲の大人に気持ちを告げることもしません。ただただ逃げる、自分の罪の発覚を恐れるだけで、不良の目をかわすのにあろうことかミランダを利用したりします。もし、不良が彼女に襲い掛かったら、というような頭はありません。
彼は、忍び込んだ家の少女に「こんばんは」というくせに、その少女を前に老婆に向かっては「おれはこの子になにもしないよ」「なんでみんなでおれのことを話してるんだよ」と恫喝し、それは後半でも「だまれ」「なんだと」「あんたはおれは押し入ってないっていったら、警察はなんていった」と続いていきます。
ここで「あんた」「おれ」とあるのは、原文では単に YOU であり I であるはずです。もしそれが「おばあさんは」「ぼく」と約されたら、どうでしょう。少なくとも、ルークは愚かではあるものの決して粗暴な少年ではありません。だから、自分の母親にだってその愛人にだって、ちゃんとした口をきいています。独りの孤独な老人に「あんた」であり「おれ」は、どう考えても似合わねー、です。
それなら、なぜ自分を見捨てて愛人との生活を選ぼうとする母親に「あんた」あるいは「お前」と呼びかけないのでしょう?いやそんなことのできない少年なら、なぜ老婆にむかっていつもでも「あんた」といい、娘を失って哀しんでいる両親に「だまれ」「なんだと」というのでしょう。
反抗期の少年の言葉なら真っ先に矛先が向けられるのは、常識的に家族です。その家族を破壊しようとする愛人であってもおかしくありません。しかし、そこには当たり前の言葉遣いで、弱者には乱暴?天童荒太『幻世の祈り』(『家族狩り』のリメイク版文庫)に亜衣という少女が出てきます。彼女は、本当は優しい子ですが、言葉遣いは外に対するのと対照的に家族に対しては乱暴です。話自体にリアリティは感じませんが、少なくとも亜衣の言動には説得力があります。私も、そうでしたから。
それに比べれば、ルークの言動は滅茶苦茶でしょう、いやその訳文がいい加減なのです。人間の矛盾は、若さ故、で補えるかもしれません。しかし、あえて結婚などしなくてもいいのに、再婚を選ぼうとする母親や、子供の心そっちのけで父親の座に座ろうとする恋人の存在、しかも彼らが善意の人である、とする話自体が実テキトーです。全体としてミスマッチが際立つ本、それが私の印象です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/12/02 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介しますYA(ヤングアダルト)文学 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。