サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2005.3
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波ジュニア新書
  • サイズ:18cm/198p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-00-500499-7
新書

紙の本

草花のふしぎ世界探検 カラー版 (岩波ジュニア新書)

著者 ピッキオ (編著)

草花のふしぎ世界探検 カラー版 (岩波ジュニア新書)

税込 1,078 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

自然を商売にするのではなく、友とする本とでもいいますか。特に、高山植物の保護などは、おざなりな言葉ではないだけに納得。ところで、星野リゾートってそんなに有名?

2005/07/02 23:03

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジュニア新書だから手にしたわけではありません。実は我が家でちょっとしたブームなのが園芸。夫も参加しているのでマイブームというには、ちょっと気が引けます。で、様々な園芸本、剪定や手入れの本と同時期に手にしたのがこれです。ちなみに、早とちりの直らない私は、著者をピノキオと読んだのですが、ありえるでしょ?
で、早速そのピノキオならぬピッキオをカバーの折返しから紹介しておけば、ピッキオ(picchio)はイタリア語でキツツキの意味。1992年に星野リゾートの中に誕生した、野生生物の調査研究グループだそうです。スタッフは現在約30人。あっさり星野リゾートの一言で片付けていますが、そんなに有名なのでしょうか。岩波書店とも思えない手落ちのような気がするのですが。
それはさておき、彼らは軽井沢や浅間山麓を中心に、野生動植物の調査研究、生物多様性を維持する保全活動、これらの活動をいかした自然に関するガイド・エコツアー・環境教育を行なっていて、すでに編著書に『鳥のおもしろ私生活』『虫のおもしろ私生活』『花のおもしろフィールド図鑑〈春〉』『同〈夏〉』『同〈秋〉』などがあるそうです。自然を身近に、というグループの主張が伝わるようなタイトルばかり。
冒頭に、プロローグならぬ、植物の世界をのぞいてみませんか、というお誘いの言葉があって、あとは満載の美しい写真とともに野山ならぬ本の中の世界の散策ということになります。各章を、その扉を飾る写真のタイトル( )書きとともにあげておきます。
1 芽生えはかわいい(ミソソバの芽生え)、2 驚きのアズマイチゲ(アズマイチゲ)、3 マムシのような? マムシグサ(マムシグサ)、4 きれいな花と地味な花の生き残り戦略(群生するマツムシソウ、ススキ)、5 タネは芸術だ(顔のまわりにたくさんのタネをつけているニホンカモシカ)、6 草花たちの危機を救え!(絶滅するおそれのあるサクラソウ)、7 草花観察の手びき(自然の中へ出かけよう)、植物・動物写真さくいん。
まず、写真がいいです。小さな花のアップ写真が殆どですが、それが如何にもその花の大きさを示すように撮影されていて、ともかくジュニア新書らしからぬ、といった感じ。花の一ヶ月を定点写真で追いかけたものなどは、コマおとしの映像を見慣れたわたしたちにも新鮮で、とくに画面サイズを越えて育つアズマイチゲの様子などは、何が起きたの?といいたくなるようなものです。
林の四季の移り変わりから、草花の生きぬく戦略を読みとる、正直あまりに進化論的といいますか、要不要説の影響下にあるなあ、とは思いますが、わかりやすい解説が、決して無味乾燥にならずに続きます。
この本を覗き込んだ長女が、これって値段安くない?と驚いていました。無論、園芸の本は似たような値段で大量に出ていますし、それらも美しい写真満載なのですが、それはあくまで実用書。こちらは、もっと楽しい自然との語らい、その差は自然を商売にするのか、友とするのかといった印象の違いとなって伝わってきます。
図鑑とは違って、取り上げられている花々の数は多くはありませんが、これ一冊をもってノンビリ野山を歩きたい、そういう本です。なかでも、いい花、珍しい花が咲いている場所を見つけたら、それを人に知らせず、乱獲から保護しましょうという部分、日本人の愚かしいばかりの画一的な動きを見ていると、さもありなん、と納得してしまうのは私だけでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/12/01 06:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。