サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

福音館書店 ボローニャ国際児童図書展「最優秀児童書出版社賞」受賞記念 私が選ぶ、『世界中に薦めたい福音館の本』+福音館書店全品ポイント5倍

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

秘密。 私と私のあいだの十二話
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 129件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.3
  • 出版社: メディアファクトリー
  • サイズ:15cm/182p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8401-1234-7
  • 国内送料無料

紙の本

秘密。 私と私のあいだの十二話 (ダ・ヴィンチブックス)

著者 吉田 修一 (ほか著),ダ・ヴィンチ編集部 (編集)

レコードのA面・B面のように、ひとつのストーリーを2人の別主人公の視点で綴った短編12編を収録。日本テレコムSHORT THEATER「心をつなぐ言葉たち」と『ダ・ヴィン...

もっと見る

秘密。 私と私のあいだの十二話 (ダ・ヴィンチブックス)

616(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

レコードのA面・B面のように、ひとつのストーリーを2人の別主人公の視点で綴った短編12編を収録。日本テレコムSHORT THEATER「心をつなぐ言葉たち」と『ダ・ヴィンチ』に掲載した作品をまとめたもの。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ご不在票 OUT-SIDE 吉田修一 著 13-17
彼女の彼の特別な日 森絵都 著 27-31
ニラタマA 佐藤正午 著 41-45

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー129件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

ぎゅぎゅっと詰まってます☆

2006/07/07 00:09

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:由季 - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎回ダ・ヴィンチに出てたこの小説。どうしても読みたくてようやく借りてきました!
それにしてもこの豪華作家陣の共演!!
わくわくせずにページはめくれません。
それぞれの作家さんがSIDE・A、SIDE・Bといった表と裏の物語を綴っており、短いながらもインパクトのある作品がいくつかありました。個性が出てて本当面白かった!
特に気に入ったのは、有栖川有栖の「震度の秘密」お互いラブリー。こんな感じの話って読んでてうれしくなっちゃうっていうか、なんかイイ♡
篠田節子の「別荘地の犬」も良かった!こんなに豪華な作家陣の中にいても揺るがない素晴らしさ!やっぱいいよ、篠田節子は!!
堀江敏幸さんの本は読んだことないんだけど、「黒電話」良かった。ほんわか暖かくて忘れられない話。
さくっと読めてなかなか楽しめる作品です。
ぜひ一読あれ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

対岸からみたら違って見える。それをあらわすこの本はすごい

2009/09/23 12:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山茶 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本テレコムShortTheater「心をつなぐ言葉たち」などで掲載されたものをまとめた短編集で4年ほど前に発売されています。

江國香織、辻仁成の「冷静と情熱の間」みたく同じ場面を違った視点で綴られたストーリーがセットになっています。

作家はみんな有名な作家さんで豪華ですね~。

ひとつが4,5ページで12×2の24編なので一気に読み終わりました。
通勤時間などに読むのに最適な感じがします。

私は有栖川有栖 小川洋子 唯川恵 の作品が気に入りました。
中でも小川洋子の「電話アーティスト」は心温まる物語で良かった。
「人を好きになる」ってこういう事を言うのだなと思った。
人を好きになっている人の家族も幸せを感じていて、
それが感じられる文章で心がホッとしました。
一番のお気に入りです。

ミステリー好きとしては
有栖川有栖の「震度四の秘密」は楽しませてもらいました。
秘密はいけませんぞ( ̄▽+ ̄*)

唯川恵の「<ユキ><ヒロコ>」は
この2視点から綴る手法を上手く使っているなと感じました。
ぱっとみると幸せだろう人とそうじゃない人でも、
本人はそう思っているとは限らないってところ。
なるほどな~と感じました。

他にもお気に入り作家である
北村薫 伊坂幸太郎 三浦しをん も満足しました。

あえて言うなら、
ひとつぐらいはすごく暗い話やハラハラドキドキする話
が欲しかったかなぁ。
例えば道尾秀介とか入っているともっと気に入るのだけど。
あ、4年前ならまだ道尾秀介は有名じゃなかったか。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

裏の裏の、裏…?

2009/05/23 20:01

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オクヤマメグミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

たいていの物語は主人公の目線で描かれている。
それぞれが語り始めたら騒々しくなって読みにくくなるからと思うのだけど。
この短編集は12人の作家が、1つの物語をそれぞれ別の主人公の目線で描いている。
本来なら知りえない『裏物語』。
タイトル通り、まるで他人の秘密を垣間見ているようだった。
隠された気持ち、話せなかった事情、表だけでは想像もしなかった事実…長さも丁度良くて一気に読めた。
表から読んだり、表裏を比較しながら読んだり、読み方もいろいろ楽しめる1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

物事の見方ひとつだけじゃない。視点が変われは物語は変わる。A面とB面の短編集。

2010/05/25 10:02

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

非常に、面白かった。

表紙にあるように、ひとつのストーリーを2人の別の主人公の視点で綴られた24篇(A面x12篇、B面x12篇)の短編集。第三者には一通りにしか見えない日常も、それぞれの主人公視点で見ればこうも違うのかと、唸ってしまう。

人は、思っていること、考えていることをそれほど表面に出さない。そこをちょっとだけ掘り下げてみるだけで日常がこんなにも(不謹慎だけど)楽しくなるのかと、今まで読んだことのないタイプの本書に目からうろこが落ちる思いだった。

各短編は約4ページ。改行も多ければ会話文も多く、1時間ちょっともあれば読み終わる。だけど…短い文章からは書かれている以上の光景がありありと伝わってきて、もの凄く満足できる(中には好みじゃないのももちろんあるのだけれど)。

わたしは自分からはあまり人に本を薦めないのだけれど、本書だけはぜひ、多くの人に手にとってもらいたいなと思う。そして読んでどう思ったのかを聞いてみたい。

初めて読んだダ・ヴィンチ文庫。他にもアンソロジーが出ているようなので読んでみたい。




『秘密。私と私のあいだの十二話』収録作品
目次A
吉田 修一『ご不在票―OUT-SIDE―』
森 絵 都『彼女の彼の特別な日』←特に好き。
佐藤 正午『ニラタマA』
有栖川有栖『震度四の秘密――男』←特に好き。
小川 洋子『電話アーティストの甥』
篠田 節子『別荘地の犬 A-Side』
唯 川 恵 『<ユキ>』
堀江 敏幸『黒電話――A』
北 村 薫『百合子姫』←特に好き。
伊坂幸太郎『ライフ システムエンジニア編』←特に好き。
三浦しをん『お江戸に咲いた灼熱の花』
阿部 和重『監視者/私』

目次B
吉田 修一『ご不在票―IN-SIDE―』
森 絵 都『彼の彼女の特別な日』←特に好き。
佐藤 正午『ニラタマB』
有栖川有栖『震度四の秘密――女』←特に好き。
小川 洋子『電話アーティストの恋人』
篠田 節子『別荘地の犬 B-Side』
唯 川 恵『<ヒロコ>』
堀江 敏幸『黒電話――B』
北 村 薫『怪奇毒吐き女』←特に好き。
伊坂幸太郎『ライフ ミッドフィルだ―編』←特に好き。
三浦しをん『ダーリンは演技派』
阿部 和重『被監視者/僕』
※実際はAとBが交互に収められています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/09 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/16 00:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/18 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/26 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/12 18:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/09 03:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/01 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/16 20:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/29 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/09 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/13 02:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る