サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 教育・学習参考書
  4. 総合科学!? シンポジウム・ライヴ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

総合科学!? シンポジウム・ライヴ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.3
  • 出版社: 丸善
  • サイズ:19cm/179p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-621-07574-8
  • 国内送料無料

紙の本

総合科学!? シンポジウム・ライヴ (叢書インテグラーレ)

著者 広島大学総合科学部 (編),阿部 謹也 (著),瀬名 秀明 (著),長谷川 眞理子 (著),佐藤 正樹 (著),加藤 徹 (著)

21世紀の人類が背負ってしまった難問は、どうすれば乗り越えられるのか? そのために総合科学はどのような役割を果たせるのか? 阿部謹也、瀬名秀明、長谷川眞理子らが示唆に富む...

もっと見る

総合科学!? シンポジウム・ライヴ (叢書インテグラーレ)

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

21世紀の人類が背負ってしまった難問は、どうすれば乗り越えられるのか? そのために総合科学はどのような役割を果たせるのか? 阿部謹也、瀬名秀明、長谷川眞理子らが示唆に富む議論を展開したシンポジウムを再現する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

二十一世紀の文明と環境 佐藤正樹 述 7-34
総合科学に限らず、日本の社会科学が前提にすべきこと 阿部謹也 述 35-71
科学と小説の新しい関係 瀬名秀明 述 73-105

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/06/19 23:58

投稿元:ブクログ

古典的教養と科学的教養を重ねて持つ。
世界には多様な価値観があり、学問の目的は人々が平和に一生を全うすることにある。

2016/02/25 00:36

投稿元:ブクログ

かつて、在籍していたころを思い出しながら読みました。
佐藤先生は、私が1年生の時分に学部長を務めてらっしゃって、一度だけ、新入生に向けてお話をしてくださり、「総合科学」の可能性に胸が熱くなったのを覚えています。結局そんなところから、総合科学部報「飛翔」も5期も委員を務めたのでした。
この本は、シンポジウムで話されたことをそのまま、起こしたもののようです。初めの佐藤先生のお話は、総合科学をやるには、物好きであることが大事であるということ、それから、「重点的ジェネラリスト」であることが大切だというお話でした。そのあとの、阿部先生のお話は、残念ながら、6年間、総合科学のことを考えて過ごしただけで、離れてしまった若造には、よくわかりませんでした。微妙なニュアンスのことを表現しようとされているのかもしれませんが、歯切れが悪く感じ、前の段落でAだといったことを、次の段落でAではないと言っているように読めてしまって、混乱しました。最後に載っている”要旨”は分かりやすいのですが、脱線した部分が難解にさせているように感じました。とりとめがない。小説家の瀬名先生は、小説と科学、それから、ロボット工学などに関するお話で、「難しいから面白い」という言葉が印象に残りました。それから、長谷川先生は、科学のリテラシーについて話されていました。科学とそれを選択する我々が混同されている現在を脱出することが重要であると言っておりました。
それぞれのゲストの先生方は、総合科学の専門家ではなく、それぞれの専門分野で活躍されている方たちでしたので、それぞれの専門分野を聞いたという印象がありました。しかし、その分野が複数の分野にまたがっており、佐藤先生の講演内容の実践例として読むことができるのではないかと感じました。
それにしても、阿部先生の話は、私にはよく分からなかったので、本全体の評価としては、☆ふたつ減の☆3といったところです。

学問・勉強法 ランキング

学問・勉強法のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む