サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 光文社
  6. ゴーレムの檻 三月宇佐見のお茶の会 本格推理小説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゴーレムの檻 三月宇佐見のお茶の会 本格推理小説
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.3
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:18cm/332p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-07606-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

ゴーレムの檻 三月宇佐見のお茶の会 本格推理小説 (Kappa novels)

著者 柄刀 一 (著)

サンフランシスコ近郊の研究所に勤める博物学者・宇佐見護博士は、紅茶を飲みながら思索をめぐらし、幻想の旅に出る。絵画が現実化した街へ、未だ書かれ得ぬ空白の物語の中へなど…。...

もっと見る

ゴーレムの檻 三月宇佐見のお茶の会 本格推理小説 (Kappa novels)

967(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

サンフランシスコ近郊の研究所に勤める博物学者・宇佐見護博士は、紅茶を飲みながら思索をめぐらし、幻想の旅に出る。絵画が現実化した街へ、未だ書かれ得ぬ空白の物語の中へなど…。呪わしくも美しい、浪漫派推理の短編集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

エッシャー世界 7-80
シュレディンガーDOOR 81-150
見えない人、宇佐見風 151-191

著者紹介

柄刀 一

略歴
〈柄刀一〉1959年北海道生まれ。推理小説家。著書に「3000年の密室」「ifの迷宮」「fの魔弾」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

閉ざされた牢獄と外界の華麗な反転

2006/10/14 17:10

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:久我忍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『アリア系銀河鉄道』に続く宇佐見護博士のシリーズ。
博物学者である宇佐見博士は趣味であるお茶を楽しんでいる時、彼が生きる世界とは全く別の世界に意識のみ飛ばされてしまうことがある。
 この本はそんな博士の五つの飛ばされ体験先での謎とその謎が解かれるまでを綴った一冊。
 収録作品は『エッシャー世界』『シュレディンガーDOOR』『見えない人、宇佐見風』『ゴーレムの檻』『太陽殿のイシス(ゴーレムの檻 現代版)』の五編。
 表題作である『ゴーレムの檻』においては、1630年代のイギリスに飛ばされそこで名前も経歴も全てを消され、神に見捨てられた牢獄に囚われたままの『ゴーレム』と呼ばれる男の存在を知ることから始まる。
 石で埋めつくされ、溶けた鉄を流し込んで固めた錠。幾つもの鉄の帯で封印された牢獄。だがゴーレムは到底脱出不可能とされる場所に囚われているにも関わらず、封印を解く日が近づいていると脱獄を示唆する発言をし始め、ついにそれを成功させてしまう。
 ゴーレムは言う、自分はこの檻の外側に立ち、外の世界を己の中に収縮させることで外と内とは反転すると。そしてゴーレムが予告通りに脱獄したその時、彼の言葉通り彼は世界の外側に立った──。
 ゴーレムが予言のように発する詩的ともいえる言葉。そしておそらく伝説となったであろうゴーレム。これはゴーレムの言葉と、彼を恐れる人々の恐怖によって始めて完成を見た謎の物語。おそらくそのどちらかが欠けたとしても、きっとこの『謎』は『謎』として完成しなかったのではないかと思う。

 この作品を言葉で説明するのは難しいかもしれない。それはおそらく作者が言葉とそこから生み出される見えない力の可能性をこの作品で書こうとしたからなのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/14 01:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/12 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/22 04:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/30 10:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/12 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/11 02:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/16 02:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/05 00:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/22 03:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/25 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/25 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/15 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/06 06:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/14 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る