サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ふしだらで甘い誘惑(ダリア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
文庫

紙の本

ふしだらで甘い誘惑 (Daria bunko)

著者 和泉 桂 (著)

ふしだらで甘い誘惑 (Daria bunko)

税込 607 5pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「親でなし」より「人でなし」

2006/10/23 14:16

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hamushi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ボーイズラブ小説では、肉親との縁が薄い人物がよく出てくるけれど、このお話の主人公の淳紀ほど、存在がすこぶる希薄なくせに機能不全ぶりだけは強烈に発揮する親をたらふく抱え込んだ少年も、ちょっとめずらしいかもしれない。
 父子家庭で育った淳紀は、経済学の高名な研究者である父親を心から慕っているが、父親のほうは淳紀の存在を忘れがちで、ほとんど育児放棄に近い状態で放置している。愛情がないわけでもないのだろうが、他のことに気の回らない専門バカタイプであるのに加え、子供の自立性を重んじすぎて、幼い心に必要なケアをすることも忘却している。そのため淳紀は、心のどこかに常に父親に忘れ去られる不安を抱えていて、他人に対しても心を預けて信頼するということのできない、頑なな青年となってしまった。
 淳紀には、この父親以外にも人でなしならぬ「親でなし」な連中がいて、地位や金をめぐるくだらない軋轢に、会ったことすらない息子を巻き込もうとして、あろうことかヤクザまで雇って何度も拉致をしかけてくる。
 淳紀は、出生直後から自分を疎んでいるらしい「祖父でなし」の差し金で、佐宗慎という人物によって期間限定で保護されるのだが、素性の知れないこの美貌の男は、いきなりディープキスを奪った上に問答無用で淳紀を自宅に軟禁し、あか抜けない淳紀を自分好みの美青年に改造しようと、強引に迫ってくる。ほとんど人権を無視したような処遇であるにもかかわらず、肉親に興味を持たれずに育った淳紀は、何かにつけて構いたがり、時には身を挺してでも自分を守ろうとしてくれる佐宗に心が傾いていくのを止められず…。
 ところでお話の本筋には関係ないのだが、読了後、いくつの疑問が残った。
 まず淳紀の父親である誓志。
 物語ではずっと海外赴任中で、追憶シーンにしか登場しないが、この人、かなり怪しい人物である。独身のまま淳紀を引き取って育て、淳紀が必要だと言えば母親を適当に見繕ってくるなどと言うほど、女性対しては情を持たず淡泊なくせに、後継者として目をかけていた学生(男でしかも大変な美貌の持ち主だったと後に分かる)が自分から離れたときには、我を忘れて飲んだくれるほど悲しみにうちひしがれるのである。この人、実は男が好きなんじゃなかろうか。そして恐らくそのことを、彼の父親であり淳紀の「祖父でなし」である青柳克之介も知っているのではあるまいか。
 この誓志と佐宗との関係も、どこか曖昧なものがある。佐宗のほうには誓志に対して全く「その気」がなかったかもしれないが、誓志のほうは、もしかしたら「その気」満々だったのではないか。
 そして「祖父でなし」の青柳克之介が、淳紀と佐宗がいずれ「そういう仲」になることを予測した上で、佐宗に淳紀の保護を依頼したことが後になって分かるのだが、実はこの「祖父でなし」は「親でなし」でもあったのではないか……つまり、妾腹の子であるとはいえ、父の意に染まない生き方を選んで父と縁を切った誓志対して、かつての思い人を息子とくっつけることで、ある種の意趣返しをしたかったからなのではないかと思えてならないのである。ラストのほうでの、佐宗に対する克之介の台詞を読んでいると、どうもそんな気がするのであるが……穿ちすぎであろうか。
 あともう一つ。どうでもいいことだが、料理を全くしないはずの佐宗の自宅の冷蔵庫で冷凍保存されていた、頭付きの鴨肉は、その後一体どうなったのか。とても気になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/15 13:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/03 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/17 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/07 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。