サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

逆説の日本史 12 近世暁光編
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2005/04/15
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:20cm/347p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-379682-3

紙の本

逆説の日本史 12 近世暁光編

著者 井沢 元彦 (著)

関ヶ原の戦いから、徳川家康が「天下泰平」を構築していくまでを取り上げる。「謀略の天才」はいかにして長期政権を構築したのか? 『週刊ポスト』連載の単行本化第12弾。【「TR...

もっと見る

逆説の日本史 12 近世暁光編

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

関ヶ原の戦いから、徳川家康が「天下泰平」を構築していくまでを取り上げる。「謀略の天才」はいかにして長期政権を構築したのか? 『週刊ポスト』連載の単行本化第12弾。【「TRC MARC」の商品解説】

シリーズ280万部突破の歴史ノンフィクション最新刊。今回は、豊臣政権の崩壊から、徳川家康が「天下泰平」を構築していくまでを取り上げる。常に世論を大切にしていた家康は、自分に対する信頼感を保つためにはいろいろな戦略を駆使した。その最大のものは「常に安定した組織の上に乗る」ことだった。いま改めて、家康がもっていた多面性に光を当て直してみると、今まで見落とされていた面に学ぶべきところがいくつもあるとして、井沢氏は、新しいリベラルな徳川家康像を提示し、その偉大さ、天才性がどこにあったのかについて考察する。また、「『ケガレと部落差別』を理解しないと日本社会の歴史は分からない」とし、現代日本人がクリアしなければならない「課題」も提示する。【商品解説】

著者紹介

井沢 元彦

略歴
〈井沢元彦〉1954年愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒業。TBS報道局記者を経て作家活動へ。80年「猿丸幻視行」で第26回江戸川乱歩賞受賞。著書に「天皇になろうとした将軍」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

時代に最も求められている能力を持つ人間が頭角を現す

2008/09/22 15:44

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MtVictory - この投稿者のレビュー一覧を見る

 シリーズ「逆説の日本史」の第12巻。本巻でカバーする時代は17世紀前半の頃である。今回は一冊すべてが家康がテーマとなっている。秀吉の死後、家康がどのようにして徳川幕府を成立させていったかを描く。
 著者が家康を保守主義者と呼んでいるように、家康は日本の統治を鎌倉幕府時代に戻し、強化した。家康には改革者というイメージはない。関ヶ原にしても大坂の陣にしても家康は決して圧倒的有利ではなかったが、長年の経験を活かし、したたかにライバルたちを潰していったことが分かる。大坂夏の陣の頃には家康に対抗できるようなライバルはいなくなっていた。皆、力量不足で、家康に従うしかなかった。
 時には謀略を使いながら、リーダーシップを発揮し日本を再統一した。長い戦乱の時代が続き、それに終止符が打たれたことは結果的には当時の人々が求めていたのが家康のようなリーダーだったということになる。
 家康の凄さは高齢にあっても意志・野望が衰えることがなかったこと。自分の目標の達成のためには手段は選ばないが、決して無茶はしない。じっくりと構えて時を待つ。しかしここぞというタイミングは逃さない。決断力と実行力に優れていた。時流をしっかり読み、時流を掴んで、事を成している。しっかりした参謀役にも恵まれていたのだろう。文字通りの戦国レースは「チーム家康」が勝ち抜いた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/20 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/24 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/08 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/12 06:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/19 17:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/08 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/01 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/28 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します日本史 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。