サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1018-22)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 政治・行政の通販
  5. 日本評論社の通販
  6. 現代アメリカ政治を見る眼 保守とグラスルーツ・ポリティクスの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

現代アメリカ政治を見る眼 保守とグラスルーツ・ポリティクス
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.4
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:20cm/264p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-535-58401-X

紙の本

現代アメリカ政治を見る眼 保守とグラスルーツ・ポリティクス

著者 吉原 欽一 (編著)

第2期ブッシュ政権の誕生、共和党伸長の裏には保守系グラスルーツ団体の大同団結があった。終わりなき保守革命の姿を明らかにする。2000年刊「現代アメリカの政治権力構造」の改...

もっと見る

現代アメリカ政治を見る眼 保守とグラスルーツ・ポリティクス

税込 2,530 23pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

第2期ブッシュ政権の誕生、共和党伸長の裏には保守系グラスルーツ団体の大同団結があった。終わりなき保守革命の姿を明らかにする。2000年刊「現代アメリカの政治権力構造」の改訂新版としての性格をもつ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

吉原 欽一

略歴
〈吉原欽一〉1954年東京都生まれ。成蹊大学大学院法学政治学研究科博士後期課程単位修得退学。社団法人アジアフォーラム・ジャパン理事長。著書に「現代アメリカの政治権力構造」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

終わりなき保守「革命」

2009/02/24 21:47

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:半久 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、2000年に刊行した『現代アメリカの政治権力構造--岐路に立つ共和党とアメリカ政治のダイナミズム』の「改定新版」としての性格をもつそうである。
また、第4章は『G・W・ブッシュ政権とアメリカの保守勢力 現代アメリカ共和党の分析』に編著者が執筆した論文を加筆・修正したものだ。出版社は異なるが、『G・W・・・・』の続編的な性格をもった本でもあると思う。
一部に説明不足の点もあるが、文章は平易で読みやすい。帯文の「日本人の常識的アメリカ政治観を覆す本」というのはおおげさだが、アメリカの現代政治に関心のある方にとっては押さえておきたい本の一つだと思う。

第1部「保守とグラスルーツ・ポリティクス」では、2002年中間選挙~2004年大統領選挙で一つのピークをむかえる保守勢力のポリティカルパワーの伸長を、主に1990年代以降の動きに比重をおいてていねいに分析している。
著者は1994年の中間選挙を、現代アメリカ政治における「一大転換点」として位置づけている。メディアによる喧伝ふうにいうなら「ギングリッチ革命」とも呼ばれたものだ。それはまさに・・・
《ギングリッチによる「共和党改革のシナリオ」は、「改革」と呼ぶにはあまりにも大胆なものであった。あたかもそれは、保守による共和党の「乗っ取り」であったといってもよい。》

共和党を支持する強力なグラスルーツ連合を創りあげた中心人物であるグローバー・ノーキストの存在も大きい。ノーキストが主催する「水曜会」が核となり、クリスチャン・コアリション、全米ライフル協会、全米独立企業連盟などの保守系グラスルーツ団体を大同団結させることになる。
共和党はが下院議会で念願の多数派になったのだが、このあと紆余曲折ある。メンバーの離反、ギングリッチの退場といった人間模様だ。足の引っ張りあいは、権力のあるところどこでも見られることではあるが。
それでも2000年には大統領府をも「奪還」し、これを中心とした「円環構造」を保守勢力は形成するにいたる。著者は、《その様は、まさに「終わりなき革命」を希求する「運動体」のようである。》と表現している。

2009年に戻ると、オバマ大統領の「超党派路線」もつまずきをみせているようである。ここ数年傷つき「円環構造」は崩れたとしても、いぜん保守派の地盤は強固である。「ひとつのアメリカ」の実現は簡単なことではない。
いや、アメリカは本来「多元的な社会」であるのだから、「ひとつのアメリカ」は半分は単なるスローガンであってもいいのだ(民主党と共和党とのぶつかりあいは避けられない)。残りの半分で「おたがいの歩み寄り」を体現する。それがどうなるかで「多様性のなかの共存」、またはレイプハルトのいうところの「分断社会共存型デモクラシー」の実現度が決まるのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/21 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の政治・行政 ランキング

外国の政治・行政のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。