サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

切れない糸(創元クライム・クラブ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 145件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料

紙の本

切れない糸 (創元クライム・クラブ)

著者 坂木 司 (著)

俺、新井和也。家は商店街によくある町のクリーニング屋。目下のところクリーニング品の集荷が俺の主な仕事。毎日、お得意さんの家を訪ねては、衣類を預かってくるというわけ。ところ...

もっと見る

切れない糸 (創元クライム・クラブ)

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

俺、新井和也。家は商店街によくある町のクリーニング屋。目下のところクリーニング品の集荷が俺の主な仕事。毎日、お得意さんの家を訪ねては、衣類を預かってくるというわけ。ところが、あるお得意さんから預かった衣類は…。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

プロローグ 9-27
グッドバイからはじめよう 29-91
東京、東京 93-178

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー145件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

謎も衣類もクリーニングいたします

2005/07/02 13:27

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

未解決のまま捜査が打ち切られた難事件を、「迷宮入り」と言う。そして、この難事件を解決する方法や手引きの事を、「アリアドネの糸」とも言う。
これは、古代ギリシャに起因した言葉だ。クレタ島のミノス王が、ミノタウルスのいる迷宮へ、生け贄として王子テセウスをおいやる。愛しい彼を迷宮から出すために、ミノス王の娘アリアドネが糸玉を渡す。彼はその糸を手繰って、無事生還を果たす。
さて、本書の主人公である新井和也は、町のクリーニング屋の息子だ。衣類を扱うのだから、さぞかし糸には詳しかろうと思われるが、これが大間違い。なぜって彼は父親の死で急遽家業を継ぐ事になるまで、全然その気がなかったからだ。糸を見つけるどころか、逆にお客さんにチェックの甘さを指摘されるようでは、名探偵とはほど遠い。但し、全ての衣類にまつわるトラブルは、まず窓口となる彼の所にやって来てしまう。まずは、クリーニング屋に「次のせんたくもの、あらわないで」と頼む子供。困って困って、どうしようもなくなった和也が訪ねるのは、『喫茶ロッキー』でアルバイトをする同級生・沢田直之。彼こそが、真っ暗闇の難事件から抜け出るための、たった一筋の手がかりとなる糸を見つけられる名探偵。
第一話「グッドバイからはじめよう」は、出会いと別れの季節である春、第二話「東京、東京」は活発な夏、第三話「秋祭りの夜」は寂しげな秋、第四話「商店街の歳末」は人恋しくなる冬。四部構成になっている本書は、問題の窓口→和也、解決→直之のパターンで話が進む。そして最初「デモシカクリーニング屋」だった和也が、「アライクリーニングのチャーリーズエンジェル」こと松岡さん、竹田さん、梅本さん、ベテランのシゲさん、そしてお客さんとのふれあいを通じて、少しずつ自覚を持ってゆく。自分の事さえおぼつかなかった和也が、最後にはシゲさんの問題に積極的に関わるようになるのだから、たいしたものだ。成長は和也だけの専売特許ではない。彼よりよっぽど大人で悟っているかに見えた直之も、最終話ではある決断をする。季節の進行と、登場人物それぞれの成長が重なっている。もつれた糸は、ほぐす。切れた糸は、つなげる。人間関係は、こんなにも糸ににている。ただ、糸よりもっと複雑だけれど。否応もなく人と接する職業であるクリーニング屋を主人公にした本書は、タイトルが象徴する『切れない糸』=人との繋がりの大切さを教えてくれる。成長過程にある若者を見守る、下町の商店街の人々の眼差しは、とても暖かい。この暖かさが、今やめったに見られなくなってしまったのが残念だ。
さて、さりげなく本筋に関係ある映画を登場させた著者に、一つお願いがある。
気の早い話だが、文庫化の際には、登場する映画情報を巻末につけて、著者のコメントも入れてもらえないだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東京にあるムーミン谷

2006/08/08 13:58

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の引きこもり探偵シリーズは未読なので断言してはいけないのでしょうけれど、この小説も同じように安楽椅子探偵もの。
東京の商店街で育った僕・新井和也は、クリーニング店の長男。父親の突然の死によって、就職も決まらない和也は家業を継ぐことに。
店には腕のいいアイロン職人のシゲさん、おおざっぱな母親、「松竹梅トリオ」と呼ばれる明るいカウンター業務のパートのおばさんたち。和也は父親の代わりに、集荷と配達を担当することになります。
クリーニング業は衣服や科学の専門知識が必要だし、愛想もいるし、お客さんと信頼関係も築かなくちゃいけない。
集荷された衣類から、お客さんの謎を解きます。どんなことでお客さんが困っているのか。どんな問題にぶちあたっているのか。
もちろん和也は解決できず、同じ商店街の喫茶店「ロッキー」でアルバイトをしている友人沢田の助けが入ります。沢田が安楽椅子探偵。和也の話や衣服の写真から、推理していきますが、ミステリーを解いたからといってそれで終わりではなく、
「関わった人の『その先』まできちんと考えているような気がする」
と和也がいうように商店街らしく、隣の揉め事にまで首を突っ込んでいきます。
小説はもちろんおもしろい。
安心感のあるミステリーですね。文章も安定しているし、人が死んだり誰かを恨んだりという暗さが全くない。読んでいるとホッとする。ミステリーではなかなか出会えない雰囲気をもっています。
安楽椅子探偵といいましたが、ホームズとワトソンの関係性のほかに、自分のことを語らない根無しの沢田がスナフキンで、和也がムーミンという雰囲気ですね。と思ったら解説で装幀の石川絢士さんが「ムーミン谷だね」とおっしゃっている。ムーミン谷もいろんな事件が起こるんだよね。でもあったかい人たちがいるところ。
第一話 グッドバイからはじめよう
家業を手伝いはじめたばかりの和也は、お得意さんの河野さんの様子が気になり始めます。それまで午前中、奥さんが家にいたのに、夕方、旦那さんが家にいて、荷物を出すようになります。また近所のスーパーで不慣れな買物をしている旦那さんをよく見かけるようになります。
第二話 東京、東京
和也の幼馴染で大学までいっしょだった糸村麻由子は、不動産屋の娘。就職と同時にひとり暮らしを始めた。ところが週末になっても家に帰ってこなくなり、糸村のおばさんからクリーニングのご用聞きのフリをして様子をみてきてほしいと頼まれる。
第三話 秋祭りの夜
お得意さんの渡辺さんは一人暮らしなのに、やたらと派手な女性のドレスをクリーニングに出す。いつも午前中の集荷なので水商売だと思うのだが、もしかして女装系なのか。それにしてはサイズが合わない。
第四話 商店街の歳末
たそがれ時になると商店街を眺めている幽霊が出る、という噂が流れる。一方、アライクリーニング店にも火の用心当番が回ってくる。和也は沢田を誘い、一晩中、商店街を見守る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/12 15:48

投稿元:ブクログ

引き籠もりシリーズよりは上手くなってた
それにしても作者は男主人公+男友達+女友達の構図が好きだな

2010/09/30 21:37

投稿元:ブクログ

青空の卵に続いて読んだけど、ああこういう作風のひとなんだな...と....わたしくらいの年代のひとにはあんまり合わないのかも。

2005/06/03 06:02

投稿元:ブクログ

ひょんなことから、読み始めた覆面作家・坂木司の前作シリーズ。「青空の卵」「子羊の巣」「動物園の鳥」の3部作。本作は前作とは違う舞台だけど、前作シリーズにかなり似ています。もちろん舞台も登場人物も違うのですが、小説の構成(連作短編小説で、登場人物が徐々に増えていく)と、主人公と探偵役の関係なども、前作を意識すると類似点もあります。

前シリーズは、外資系の保険会社に勤める坂木司と、その友人でひきこもり探偵の鳥井真一と言う設定だったけど、今度は、クリーニング店の新井和也と、探偵役が商店街にある喫茶店でアルバイトをする同級生・沢田直之です。

自由に動き回れる点が少し違うけど、沢田は料理もうまくて、そんなところも前作の鳥井に似ています。ただ、以前より魅力的なのはクリーニング店という舞台です。なかなか知らなかったクリーニングの話が楽しいです。持ち込まれる衣類からの謎が中心ですが、舞台と魅力的なキャラ、人と人のつながりなど、坂木さんの魅力が発揮されている感じです。

ここに描かれているような商店街、なかなか難しい時期に来ていますね。私の地方でも、地方なので公共交通が発達していない分、車社会となっており、郊外への大型ショッピングセンターに活気が流れています。街中の商店街の空洞化と言うのは多かれ少なかれ、どこの地方にもあるのではないでしょうか?案外、東京の商店街の方が元気がよかったりして。。。でも、人と人のつながりと言う点では、同じつながりでも前作が個のつながりから来る家族構成を形成する作品だったのに対して、本作では、商店街の人のつながりであり、このあたり、商店街の本来の姿があるのかもしれないというヒントを与える作品でしょう。「切れない糸」はそんな人のつながりが切れない商店街の意味も含まれているのでしょう。頑張りましょう、地方の商店街(^o^)/

ちなみに、前作は3部作で「卵」「巣」「鳥」って本だったけど、今度はシリーズ化されたら「糸」「布」「服」だろうか?(^^;

2007/01/14 14:53

投稿元:ブクログ

日常ミステリ☆前シリーズのが良いけれど続きが出たら読んでしまうだろう(笑)沢田くんがカッコいいので読んでみてくださいv

2007/02/26 22:18

投稿元:ブクログ

クリーニング屋さんが舞台のこれもライトミステリー。
この方の書かれる食事のシーンが本当に美味しそうで(笑)
クリーニングから返ってきた衣裳はカバー取らないといけない事も学びました。
*******
最近専門職が舞台の話を読む事が多いな…

2005/10/11 14:58

投稿元:ブクログ

商店街のクリーニング屋という舞台で、人から預かるものの中からいろいろなこと推理していく話。クリーニング屋は奥の深い仕事だなぁと思ったし、人と人とののつながりに感動した。 

2007/01/15 10:04

投稿元:ブクログ

引きこもり探偵の人の新シリーズ(?)。今度は商店街のクリーニング店が舞台。個人的には鳥井のよりも暴言少なくて穏やかな印象。プロローグの文章には妙に引き込まれるものがあったりした。

2013/08/23 13:18

投稿元:ブクログ

「和菓子のアン」の主人公・アンちゃんのお母さんが働いてるクリーニング屋さんを舞台にした小説があると新聞かなんかで知った時に「これは読まないと!」と思っていました。

…というのも、私の実家は祖父の代からクリーニング屋で、私も20代の頃、実家のクリーニング屋で働いていたので。
クリーニング屋というちょっとマイナーなトコロで、どういうお話になるのかすごく興味を持ったと同時に、ちょっと感情移入しそうでコワイ気もしつつ、読んでみました。

お話の展開は「和菓子のアン」と同じカンジで、お客さんに関する謎というか問題を解いていく、ミステリー仕立てになってました。
謎を解くのは、主人公ではなくオトモダチなんだけど。
1つの話を読み終えるたびにちょっとホロッとしつつもほんわかした温かい気持ちになれます。
クリーニング屋について知らなくても楽しめるし、逆にクリーニング屋について知られていないコトが盛りだくさんなので、それも楽しめる内容になってると思います。

個人的には主人公のカズに共感&感情移入しまくりで、あちこちで泣きそうになってたケド。

「安くて早ければいい」という風潮の中で、プロとしてのプライドと技術を武器に頑張ってる個人のクリーニング屋さんにも目を向けてくれる人が増えるといいなぁ。

2007/11/21 23:10

投稿元:ブクログ

冒頭は主人公・新井くんの父親が亡くなる場面で、これには(いきなりですが)泣きそうになりました。が、もちろん悲しいだけの物語ではありません。新井くんのちょっと抜けたような性格が笑いを誘います。

ひきこもり探偵シリーズに比べると、ミステリ度はこちらの方が若干、高い気がします。(その知識をどこで披露するのかはさて置き)クリーニングについての様々な豆知識も身に付きます。更には出て来る数々の料理の美味しそうなことといったら。沢田くんお手製のフレンチトーストが食べたい!

登場人物に根っからの悪人が出て来ず、相変わらずの優しくて温かい世界、素敵です。そして、好きです。ラストでこの本のタイトル「切れない糸」の意味が解って、心がじーんとして、和みました。

2006/02/02 22:12

投稿元:ブクログ

舞台はクリーニング屋さん。
町の生物委員の和也と喫茶店アルバイトの沢田が商店街でおこる事件を解決v
クリーニングに出される服でこんなにも推理できちゃうとはっ。まずそこに驚いた1冊でした(笑。

2007/03/13 01:34

投稿元:ブクログ

不本意ながら、父親の急死でクリーニング屋を継ぐことになった主人公が、街の人たちとだんだん関係ができて成長する様と、相棒の孤独な感じという対比は、前の三部作と共通しますが、これはこれでいい感じ。

2006/08/20 09:13

投稿元:ブクログ

坂木司の“新シリーズ”になるかはわからないけれど、商店街が舞台の連作短編集。
主人公がクリーニング店2代目なのですが、その道の“プロ”になるべく徐々に目覚めていく過程とか、謎解き以外の部分も面白いです。

2009/06/16 23:10

投稿元:ブクログ

面白かったです。ひきこもり探偵シリーズに次ぐ新シリーズ?クリーニング探偵とでもいいましょうか?(笑)日常の謎を新井と沢田のペアが解決していきます。スラスラッと読めます。