サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

ブックオフ宅本便ページ修正

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

疾走 上(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 398件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2005/05/25
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/400p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-364602-X

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

疾走 上 (角川文庫)

著者 重松 清 (著)

疾走 上 (角川文庫)

691(税込)

疾走(上)

670 (税込)

疾走(上)

ポイント :6pt / 紙の本より21おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善札幌北一条店

重松清作品において、「異質」と…

丸善札幌北一条店さん

重松清作品において、「異質」と言って過言でない。

直木賞受賞作である「ビタミンF」、ドラマ化され人気を博した「とんび」等、多くの作品で人と人とのつながりを描いている作者。
そんな作品に心打たれた方も多いはず。

一方、本作「疾走」には、そういったものが一切ない。
物語全体が二人称で語られ、主人公の少年を突き放す。
次々に起きる不幸な出来事、見出すことのできない救い。
それでいて、読み進める手が止まらない。

本作だけを読んで重松清を知ってほしくはないが、重松清を語る上で避けては通れない作品だろう。


R

みんなのレビュー398件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

加害者を見る角度

2008/09/15 10:32

7人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

疾走 重松清 角川文庫

 私とこの作家は経験と発想が似ています。この内容で私も物語を書きたいと思っていたことがあります。そこに興味をもちこの本を読んでみることにしました。冒頭から続く思い出話の設定。誰かが説明をしているのですが、それが誰なのかはまだわかりません。兄なのか父なのか。読み終えたときそれがそのいずれでもないことがわかりました。 ただいま70ページ付近。物語が暗い。文章で情景を表しだす力が足りない。風景シーンは不要ではないかとさえ感じます。また、設定も不自然で苦しい。主人公中学生男子は、現実には本のなかのような行動はできないし、発言もありえません。暖かい家族の和がテーマとなっています。父が父らしく、母が母らしく、兄が兄らしく生きていけば、不幸は起こらなかった。人は弱い、弱さを克服して強くならなければ不幸が襲ってくる。
 あたりまえのテーマを定める。そこが物語作りのきっかけ。登場人物をイメージして、人物に弱さをふりかけていく。いろいろないじめや残虐シーンがこと細かく羅列されていましたが違うと思う。私はこの素材を別の角度から静かに考えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

重い

2015/10/29 20:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

重松清先生の作品の中でも救いがないかんじのかなり重い作品です。
ずいぶん前に映画化もされてて、そちらも観ましたが原作のほうがやっぱりいいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

曇り空の中にいるよう。

2014/01/28 21:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BACO - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっと暗く、重い。
前半からずっと曇り空のイメージとなる。
相変わらず思春期の少年少女の描写が独特で、深層心理的な表現が垣間見れた。全体的に投げやり的な人物像が印象に残った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/03 14:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/27 01:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/08 08:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/06 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/25 00:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/01 20:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/31 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/08 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/06 03:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/17 13:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/28 13:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/18 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る