サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. デュアン・サーク 2-5 勇者への道 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

デュアン・サーク 2-5 勇者への道 上(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2005.5
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/263p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-3039-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

デュアン・サーク 2-5 勇者への道 上 (電撃文庫)

著者 深沢 美潮 (著)

デュアン・サーク 2-5 勇者への道 上 (電撃文庫)

572(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

デュアン・サークII(5) 勇者への道<上>

572 (税込)

デュアン・サークII(5) 勇者への道<上>

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2005/05/16 20:47

投稿元:ブクログ

オーソドックスなヒロイック・サーガ。
同じ著者のフォーチュンクエストシリーズや青の聖騎士伝説と同じ世界観である。
デュアン君も大きくなったなぁ・・・

2005/11/26 08:10

投稿元:ブクログ

デュアンとルルフェお互いが気を遣い会っているのがよく分かる巻でした。 それじゃ、つかれるだろうねぇ;

2010/10/10 21:47

投稿元:ブクログ

デュアンの新たな冒険と、オルバのクエスト

読了日:2008.05.17
分 類:ライトノベル
ページ:264P、294P
価 格:530円、550円
発行日:2005年5月発行、2005年11月発行
出版社:メディアワークス(電撃文庫)
評 定:★★★+


●作品データ●
----------------------------
主人公 : デュアン・サーク
語り口 : 3人称
ジャンル : ライトノベル
対 象 : ヤングアダルト向け
雰囲気 : RPG系ファンタジー
結 末 : 何とか解決
イラスト : 戸部 淑
デザイン : 鎌部 善彦
---------------------------

---【100字紹介】---------------------------
ロンザ国国王より首都へ招かれたデュアンたちは、
その壮麗さに驚く。夢のような時間を過ごしたのち、
再び新たな冒険へと旅立つデュアン。
同じ頃オルバは、闇魔絡みらしいクエストに挑んでいた…
シリーズ第5巻・6巻
----------------------------------------------

デュアン・サークの第2部であるデュアン・サークIIの第5巻・第6巻です。これも上下巻。

主人公でファイターのデュアン・サーク(Lv.7)は第3巻からレベルが1つ上がりました。前半は偉大なる魔法使いであり師匠でもあるサヴァラン、その小間使いで同居人のウィラック、前作で仲間になった森の少女・ルルフェットと彼女の保護者でモンスターのルイーザが、ロンザ国王にお呼ばれして首都へ入り、城で過ごす話、後半はデュアンがオルバと合流すべく旅立ち、そして途中で巻き込まれる事件の話。

そして本作のもうひとりの主人公がそのベテランファイターのオルバ・オクトーバ(Lv.15)。彼の方はまったく別のクエストに挑むことになります。これに駆け出しの頃の師匠でもあった戦士のアルフレック(Lv.14)と、アルフレックが是非今回のクエストで必要だからと迎えにいった僧侶のズーニョ(Lv.14)という、ハイレベルなパーティーで、アルフレックの知人からのヘルプに応じます。

これらの話は独立していて、重み付けは大体同じ。何故にこれらを交互にやらねばならなかったかは謎。リンクして深みを増すなら1冊にするべきですけれども、まったくリンクしている様子がありません。極端な話、上下巻にしないで、5巻はデュアンの章、6巻はオルバの章、としたって何の問題もなさそう。まあ、ずっとひとつの話を読むのが飽きるとか、書くのが飽きるなら仕方ないですが…、意図は不明。

ちなみにもうひとりのシリーズの主要キャラである魔法使いのアニエス・R・リンクは登場せず。あ、手紙と夢には出てきましたが。

どちらの話にも、思わず…という本心からの反応とか考え方なんかも描き出していて、単なるエンターテイナーからレベルアップしたなあ、という印象がありました。心理描写とか、以前より鋭くなった気がします。文章も、素人っぽさが減って読みやすくなってきていますしね。

クライマックス直前の、あの喪失は…思わず悔やむに悔やみきれないというか、これは惜しいことをしすぎだー!!!というような気持ちに、ええ���なりました。つまりはここに至るまでの過程で、十分にあの人に感情移入していたと、そういうわけですね。これが文章にのせられたのか、キャラにのせられたのかは謎。どちらにしても著者にのせられているにはかわりはありません。

今回は面白い出会いがあり、悲しい別れもありました。この出会いが、今後どうなっていくのか…楽しみですね。と言いながら、次巻始まってみたらいなくなっていたりして。その可能性も、なきにしもあらず。


---------------------------------
文章・描写 :★★★+
展開・結末 :★★+
キャラクタ :★★★
独 自 性 :★★★
読 後 感 :★★+
---------------------------------


菜の花の一押しキャラ…アルフレック・ヴォルガー

「人の世話をして、初めて人は一人前になっていく…とも言えるんじゃないでしょうか?」
(デュアン・サーク)

2011/12/24 20:18

投稿元:ブクログ

「勇者」と呼ばれるまで、そんなにたくさんの時間は必要なかったな。
デュアンがんばったもんね。

クレイ・ジュダのアニエスに対する気持ちと、デュアンのルルフェに対する気持ちは似ている気がする。

DSの時代は、闇魔の活動が盛んで一般にも広く知られていたんだ。

2012/08/07 01:26

投稿元:ブクログ

今回は国王との謁見。戦闘は無し。美しく煌びやかな世界。フォーチュンの16巻にも登場したんじゃありませんでしたっけ、王都ロミリア。

やはりロマンスが進行。

それにしてもデュアンの身長が180cm…!イメージに無いです。

今回、旅は一応してますが、冒険らしさは無し。お城でちやほやされておおいにあたふたし、ヒロインの想いにもあわあわする、と言う。

冒険らしさと言うと、やはりオルバパートですね!こちらはしっかり戦ってます。時間軸が過去から現在に戻り、ある村を救うことに。

こちらも下巻に続く模様。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む