サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

 【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 美味しい!を読む ポイント5倍キャンペーン(~9/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

炎の蜃気楼メモリアル(コバルト文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2005.5
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/258p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-600582-1
文庫

紙の本

炎の蜃気楼メモリアル (コバルト文庫)

著者 桑原 水菜 (著)

炎の蜃気楼メモリアル (コバルト文庫)

税込 535 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

ひたすら直江と高耶

2005/05/13 23:58

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゴン狐 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本編の時間軸には無い超番外編。直江と高耶が出ずっぱりで、二人の話を読みたいファンには垂涎物です。サイキックファンタジーとしての戦闘などは出てこないので、闇戦国の信長や赤鯨衆達が好きな方はあてが外れるかも。
新たに書き下ろされたものではなく、本編を書きながら作者が直江と高耶を書きたくて仕方がなかったということで、「覇者の魔境」「わだつみの楊貴妃」を執筆していた当時に一緒に書かれたものです。本編のお互いを必要としながら、気持ちが通じ合えない二人の想いを埋めるように書かれた話は、やきもきする読者以上に、作者自身の辛さが垣間見えるようです。二人の濃厚な場面が続き、結ばれながらも苦悩に満ちた二人の想いを重く感じる人には辛いかもしれませんが、二人がひたすら一緒にいるということで救われます。ほのぼのとしたエピソードも入っていて、直江にぎこちなく心を開いていく初期の高耶を思い出しました。
描かれているモチーフが、本編のどの部分に生かされているか発見する楽しみもあります。「炎の蜃気楼」だけではなく、捨てられた仔猫、土砂降り雨の描写は、「赤の神紋」にも通じているようで、思いあたった人はにんまりしそう。懸賞CDのため書かれた笑えるドラマ脚本や、作者が選んだベストコンビ、私だけが知っている「あの人の秘密」なんていうのも「メモリアル」に相応しい。「高坂が知っている直江の秘密」もっと知りたかったなあ。作者からの期待させるようなコメントもあるので、とりあえず読んでみるのをお勧めしますが、二人の濃厚な場面にはちょっとドキドキものなので(私はですが…)、苦手な方は無理しない方がいいかな。本編の時間経過を想定すると混乱しそうですが、超番外編として、あまり気にしないで読んだ方が、楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今も泣ける

2018/06/20 13:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラストが衝撃だった本編からこぼれたエピソードを収録。「聖痕」がなあ...。こうまでして離れがたい魂たちの救いはあれしかなかったのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/21 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/31 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/16 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/26 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/02 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/09 13:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

女性向け ランキング

女性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。