サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. それでもあなたに恋をする

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

それでもあなたに恋をする(コバルト文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2005.5
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/284p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-600594-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

それでもあなたに恋をする (コバルト文庫 エネアドの3つの枝)

著者 樹川 さとみ (著)

それでもあなたに恋をする (コバルト文庫 エネアドの3つの枝)

555(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/06/07 15:30

投稿元:ブクログ

ファンタジーというよりは、恋愛もの、ですね。
しっかりしているのかしていないのか、いまいち読めない天然娘が主人公。
相手役が歯切れの良い性格で好きでした。
鈍くて、ちょっと意地悪で。
宮廷劇らしい陰謀なんかもあったんですが、そっちは完全なおまけだった様子。
主人公のお友達二人をメインにした続編もあるようなので、楽しみです。

2011/08/27 23:24

投稿元:ブクログ

エネアドの3つの枝シリーズ。
予定していた本を読む合間、すこしずつ読み進めていたら止まらなくなりました。
樹川さんの描くキャラクターはみんな愛おしいです。
まっすぐなミシィに、どこまで鈍感なのとツッコミを入れたくなるアドルファ。
いい性格のララと、なにを考えてるのかわからないシーリア。
ミシィがほんとうにかわいい。かわいい。彼女のまわりが笑顔であふれるのがわかるくらいに、かわいい。
ミシィに感情移入するというよりは、物語を楽しむ作品だなあと思ったしだいです。
ごちそうさまでした。

2014/01/27 10:24

投稿元:ブクログ

幼い頃子ブタ扱いしたアドルファ。
屈辱をバネに美しく成長したミシア。

恋模様に王室の陰謀もくわわって…

なおかつニヤニヤしちゃう恋の甘さとせつなさが楽しめるお話!

2011/07/10 18:44

投稿元:ブクログ

作者の評判を耳にしての購入。
……えーと、絵師様には悪いのですが、
最初に見た時十年前の児童文学にありそうだなーとかそんな事思ってました。

レビューである以上私の主観なのですが、内容もそんな感じです。
恋愛に置いて冷静な判断は難しい、血迷った乙女は時々理解を超える行動を取ってしまう。
そこは非常によく理解出来ますし、体現出来てるのですが、
逆に言うと心情の描写が不十分で、主人公の行動に対して「なんで?」と思わせる面があります。
男性に対してドキドキ出来るのは終盤位でしょうか、
そのため主人公の「恋する気持ち」が染み渡らないのもマイナスポイントでしょう。

世界観の構築は安定しています、
話のテンポはよく、物語にはお茶目さもあって構築に楽しませて貰えます。
主人公も良く動き、思いっきりの良さなどは好感をもてました。
「読み物としては安定している」なら★4つ、
恋する乙女に捧げる作品なら★3つです。

2012/01/17 23:35

投稿元:ブクログ

最近また読み返したのでひとつ。
これはもうただただレシーのアドルファにやられました。まさしくとんまだとんまですよ。この自覚がないままに口実を見つけてはじたばたしてるおばかちゃんぶりにやられましたよ。かわいらしくてニヤニヤします。
ベタ甘三部作の一冊めですが、わたしはそんなに甘ったるくは感じませんね。むしろこのまわりくどさにニヤニヤします-_-b!

2010/03/04 06:24

投稿元:ブクログ

友達に貸したら、冒頭2ページ目くらいで、あまりの甘さに読み進められなかったよ、と失笑しながら返された。
そんなに、甘い、かなあ…。
これが、コバルトだと思うのだけど。

エネアドの3つの枝シリーズの一作目。
昔、自分のことをこぶたと馬鹿にした男を見返してやろうと、かわいく変身した主人公が、その彼と恋に落ちてしまう、王道なんだけど、王道だからこそきゅんきゅんする作品。

2010/05/04 19:10

投稿元:ブクログ

2010年にミミズクと夜の王を読んでから、また本を読もうと思い立っていたとき。
ちょうどその頃漫画も読もうと思い立っていて、(これは何年も前からずっと思っていた)、ようやく漫画を買いに行ったブックマーケットでたまたま見かけて買ったもの。
お目当ての漫画がなくてね、1冊2冊だけ買って買えるのもなんだか寂しいから、どうせ100円(古本)ならと思って枯れ木の賑わい程度の気持ちで買ったんだけど。
箱の中の海といい楽園の魔女たちといい、この人の書く話は好きなものばかりだったから、きっと損はないだろうと思った。
いやー予想に反してすらすら読んでしまった。あっという間に3冊読破。ちょっとずつ期間をあけて読むつもりだったのに。
上述の2作とは趣の違う話だけど、やっぱりと思う部分もあって(全体に漂う雰囲気とか)、苦手な恋愛ものだけどすらすら読むことができた。
わりと甘めの話なんだろうけど、嫌味もないので砂も毒も吐かずにすんだ。