サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.4
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/198p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-12-101793-5
新書

紙の本

働くということ グローバル化と労働の新しい意味 (中公新書)

著者 ロナルド・ドーア (著),石塚 雅彦 (訳)

働くということ グローバル化と労働の新しい意味 (中公新書)

税込 770 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

いま、働くということ

2005/06/06 09:38

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:荻野勝彦 - この投稿者のレビュー一覧を見る

サラリーマンから作家に転じた黒井千次氏に、「働くということ」という本書と同じ書名の著書がある。15年間の企業勤務経験をもとに、企業での思うにまかせぬ仕事の中にも自己実現につながる「職業」の可能性を見出し、「働くことは生きること」と結論づけたこの本は、多くの働く人たちに読み継がれ、1982年の初版以来、2004年12月までに35版を重ねている。
その2004年には、日本経済新聞社から「働くということ」という本が出た。新聞の連載をまとめたこの本は、起業、独立、転職こそすばらしいものと賞賛し、鮮やかな多数の事例で世間の注目を集めたが、長期勤続によって技能を向上・蓄積するという働き方には否定的だ。黒井氏が万人のものたりうると想定した自己実現は、起業、独立、転職できる人だけのものとされているようだ。
この間二十数年。「働くということ」になにが起きたのか、とりまく環境は一変したと言って過言ではない。本書、ドーア氏の「働くということ」は、その原題や訳書の副題のとおり、この間に進展した「グローバル化」が、人々の「働くということ」にとってどのような意味があったのかを述べている。
コンパクトな中に非常に豊かな内容を含んだ本である。あえてごく大雑把にこの本の主張の要約を試みれば、グローバル化とは「市場個人主義」が国際的に拡張する過程であるということになるだろうか。それはより具体的にはアメリカン・スタンダードのグローバル・スタンダード化であり、その理論的バックボーンは新自由主義経済学だということになる。そしてその結果、本来資本主義が有していた多様性は失われ、社会的連帯は衰退し、不平等と格差とが拡大したという。そしてわが国も「遅れてやってきた」だけでその例外ではない。
ドーア氏はこうした傾向に批判的な姿勢をとるが、目新しい具体的施策を提示しているわけではない。各国各層での連帯とともに、国際機関の役割に期待するというオーソドックスなスタンスをとる。この本も、国際労働機関(ILO)と東京大学が共催した社会政策講演によるものであって、大筋としてILOの理念に立っている。しかし著者の見通しは悲観的であり、この本全体に得も言えぬ諦観がただよう。
この本に対して、市場個人主義を克服する処方箋がないと批判することはたやすい。しかし私たちは、虚心にこの本を読み、労働に対する強い共感を持ち、日本への理解と愛情にあふれるこの老碩学の感慨に、深く思いを致すべきだろう。本書が指摘するように、市場個人主義の根は深く、単なる方法論で対処できるものではあるまい。問題の根はわれわれの心にあり、われわれのすべてが、たとえばILOの精神に代表されるような精神に立ち返ることに、著者はわずかな希望と可能性をつないでいるのではあるまいか。
そして本書の本文冒頭にもあるように、その一部には、市場個人主義を主導し拡散させる「コスモクラット」をも説得する可能性もあるのだ。1944年、ILOはその目的に関する宣言でその根本原則についてこう宣言した。「労働は、商品ではない。」「表現及び結社の自由は、不断の進歩のために欠くことができない。」そして「一部の貧困は、全体の繁栄にとって危険である。」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。