サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. とうとうロボが来た!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

とうとうロボが来た!(幻冬舎文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.4
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/266p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-40638-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

とうとうロボが来た! (幻冬舎文庫)

著者 Q.B.B. (作)

とうとうロボが来た! (幻冬舎文庫)

535(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

とうとうロボが来た!

508 (税込)

とうとうロボが来た!

ポイント :4pt / 紙の本より27おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2005/05/11 21:35

投稿元:ブクログ

子供の頃こんな事考えてたな〜とか、あぁこんな事やってた!なんて事を、軽いタッチでさりげなく描いていて、かなり共感すること間違いなしの一冊。立ち読み禁止です、読みながら爆笑してしまいますから。

2007/06/22 01:07

投稿元:ブクログ

今年もロボの季節がきたぞーーー!!
今からでも遅くない!!夏休み前によめー!!
ふつーこういうのおぼえてないよなーってのが連発。
小学生に戻っちゃうぞ。
※公共の場では読まないこと→ぷぷぷーってなっちゃいます。

2013/01/17 11:49

投稿元:ブクログ

(ネタバレかも)

大学の先輩に借りて読んだ。
中盤までは一話完結の形になっていて、「子供の頃こういうのあったな」と思わせるような小さなできごとがめいっぱいに並んでいる。新吉とお父さんとお母さんと友達と。大きな事件が起こるわけではなくて、日曜の朝にお父さんを起こすとか、100点のテストにわくわくするとか、小さなひとつひとつに共感する。
後半の本編「とうとうロボが来た!」はひとつづきの長編になっている。田舎に引越しをするとか人の犬の名前をつけるとか、たぶん「誰もが経験してきたこと」では必ずしもないようなお話になっているのに、ここまで読んでくるともうすっかり物語の中に入り込んでしまっている。

ただ、私はこんなに素直な子供じゃなかったなと思ってなんとなく恥ずかしくなった。小学生男子をはたから見てほほえましくなる感じが少なからずずっとあって、ちょっともったいないような気にもなった。私ならこんな行動をすることはできなかったなあ、と。でも、気持ちの動きはなんだかよくわかったりして、じわじわくる本だった。
一番ぐっときたのは第6回。

2008/03/25 13:13

投稿元:ブクログ

2005
幻冬舎
Q.B.B.


サイっコウ〜!!だね。

子供のジカンを
忘れたくない、忘れてない
大人に成った子供が大好きな本。

覚えていたい感覚盛りだくさん。

鼻の奥がツーン!!!!

いつまでたっても大人になれない。
なりたくな〜い!!

2009/11/07 23:06

投稿元:ブクログ

何かもうこれは泣きながら笑って
笑いながら泣いて読んで
帰りたいし帰れなくて
そうかそうかそうだった
私はもう31歳になるのだったと確認する
そして10歳8歳6歳の頃も確かにあったのだと確認する

そういう一冊です。

2010/01/22 00:28

投稿元:ブクログ

笑って、泣く

振り返ると、こんな時があった

忘れたくないのに、いつのまにか忘れてしまったあの日がここにつまっています

2011/05/22 22:42

投稿元:ブクログ

数年前に会社の先輩に借りて読んだ本。
もしも自分の子どもをこういう環境で育てられたらいいだろうなぁと思いました。バカで単純な小学生男子の日々。

2015/03/13 08:52

投稿元:ブクログ

小学生時代を痛烈に思い出すことができる一冊。ここまでくるとみんな同じ幼少体験をしてるのではないかと思うくらい。転校の切なさや新しい友達ができるくだりは希望に溢れて素晴らしい。

2013/07/14 11:36

投稿元:ブクログ

犬が飼いたいってなかなか言えなくて変な風になっちゃって、結局親に怒られる流れが笑えるけどなんか泣ける。
これ読んだらシンキチのこと大好きになっちゃうし、自分の小学生時代のこともムショーに愛しくなってしまった。