サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 新しい日常を探して ポイント5倍キャンペーン  ~3/24

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 技術・工学・農学の通販
  4. 建設・土木の通販
  5. 新風舎の通販
  6. 路上の芸術 マンホールの考察、およびその蓋の鑑賞の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.5
  • 出版社: 新風舎
  • サイズ:19cm/211p 図版16p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7974-4509-2

紙の本

路上の芸術 マンホールの考察、およびその蓋の鑑賞

著者 垣下 嘉徳 (著)

マンホールの蓋は路上の芸術である。人気のない路上でシャッターを切り続けた結果のマンホール・コレクション。蓋を求める路上探索は、さらに地下深く下水道の歴史へと遡っていく。マ...

もっと見る

路上の芸術 マンホールの考察、およびその蓋の鑑賞

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

マンホールの蓋は路上の芸術である。人気のない路上でシャッターを切り続けた結果のマンホール・コレクション。蓋を求める路上探索は、さらに地下深く下水道の歴史へと遡っていく。マンホールを中心とする路上観察のすべて。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

垣下 嘉徳

略歴
〈垣下嘉徳〉1952年兵庫県生まれ。神奈川県立上溝南高等学校教諭。下水道関係の業界誌『月刊下水道』に執筆、資料提供を行っている。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

新たな発見や喜びは足元にあるのかもしれない

2010/04/07 03:18

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marekuro - この投稿者のレビュー一覧を見る

のっけから、こんな事を書くと眉をしかめられそうですが
また、普段の生活においても眉をしかめられる事が多いの
ですが、評者は下水道が大好きです。愛情すら感じます。

評者の仕事は下水道関係ではありません。
ですが無類の下水道好きです。

何故か?自分でもわかりませんが、下水道が好きです。
疲れた時など、ボーッと下水に流れていく雨水を眺めている
だけでも結構な癒しの効果を感じたりします。

もしかしたら心理的に病んでいるのかもしれませんが
幼少期から下水道が好きなので、どうしようもありません。
仮に病だったとしても、きっともう治らないでしょう。

雪国において冬季間はほとんどの場合、下水溝も
マンホールも雪の下に隠れてしまいます。
雪解けがすすみ、道路が見えてきた今日この頃。
雪解け水の多くが下水道やマンホールに流れ込んでいます。
下水道好きにとって春の訪れと共に大いに楽しめる季節です。

マンホールと言えば、直接的にも間接的にも下水道
のそれと関係が深く本書もタイトルこそ「路上の芸術」
と控えめですが、下水道のカテゴリーに入ると言っても
許される範囲でしょう。

ですから本書は当然入手して我が家の本棚における評者の
【重要書籍】を集めた場所にしっかりと並べられている
のですが、本書を手にした理由はそれだけではありません。

いつだったか忘れましたが深夜放送の「タモリ倶楽部」
において、本書が大絶賛されていました。
みうらじゅん氏とタモリ氏がそろって大絶賛してたのです。
番組内では「くだらなすぎて素晴らしい」という旨の
発言をされていたように記憶しています。

著者は神奈川県内のすべてのマンホールを写真に撮り
日本中のマンホールを観察してまわっているそうです。
時には車が往来する車道に出て、命に危険を感じつつ
写真を撮り、あるいは人ごみの中でマンホールの写真を
撮りつづけ、奇異の視線の集中砲火を浴びたりもしている
ようです。

正直、脱帽でした。評者にはそのような根性はありません。
冷静に考えるなら「他にやることあるだろ」となりそう
ですが、他者から見て一見理解に苦しむような事で、かつ
何の役にたつのか不明な努力を重ねている人に対しては
ある種の畏敬の念を覚えますし、その気合と根性にあやかり
たいとも思います。

本書の内容ですが
のっけから各地のマンホールのカラー写真が載っています。
それは「スタンダードタイプ」「ご当地もの」「デザイン系」
「ヴィンテージ系」「シンプル・イズ・ベスト系」
「版画もの」「メッセージもの」「その他」
とおそらく作者独自の切り口でタイプ別にマンホールが
分けられています。

本書を初めて手に取った時の感想は、当たり前ですが
「読む人を選ぶ本だなぁ」というものです。
そしてその感想は間違っていないと思います。
著者はのっけから、かなり大真面目かつ真剣に
「マンホールの蓋は芸術である」と述べています。
載せられているマンホールの写真の数々は
確かに手がこんだものが多く、控えめに言っても
デザイン性にあふれていると言えるでしょう。
しかし、多くの人の共感を得られるか?といえば
それは中々難しいのが実状ではないでしょうか。
きっと、誰も日常生活でマンホールの蓋の事なんか
気にしていないでしょうから。

以下、目次
第1章 マンホールの蓋の発見
第2章 マンホールとその蓋
第3章 下水道の歴史
第4章 日本のトイレと下水道
第5章 近代日本の下水道
第6章 阪神淡路大震災と下水道
第7章 現代の下水道
第8章 マンホールの蓋の鑑賞例

目次からもわかるように、マンホールだけではなく
下水道全般についても述べられています。
「マンホールの蓋」だけではネタが足りなかったの
かもしれませんが、しかし、下水道に関するあれこれは
かなり噛み砕いて書いてあり、大変わかりやすい内容です。
外資系企業の面接試験でも頻出される問題である
「マンホールの蓋はなぜ丸いのか」に関しても
かなり丁寧に解説されています。

本書の楽しみ方は、やはりマンホールの写真の数々を
鑑賞する事にあると思いますが、読み物としても秀逸だと
思います。なんと最終章では蓋の鑑賞の仕方まで手ほどきして
くれる丁寧さです。

先にも述べましたが、一体何の役にたつのか不明な
本書ですが、多くの人にとっては普段気にもとめられない
マンホールという存在にたっぷりとスポットライトが
当たっていて、それらを通して新たな気づきをたくさん
あたえてくれます。
余談ですが評者の場合は、こういう本ほど長く本棚に
残る傾向にあります。

本書を読んで考えたことは心踊るような楽しいこと、価値観を
揺さぶるような発見は意外と自分の足元にあるのではないか?
ということです。
遠くを見るのも大切ですが、自分の足元をもうちょっと確認
してみよう。と、そんな気にさせられる一冊でもあります。

新風社から出版されていた本書は残念ながら
会社の倒産によって現在は入手不可のようです。
新風社自体はwikipediaに書かれているように色々と物議を醸して倒産しているようですが
本書はどこかの出版社から復刊してくれる事を
望みたい。そんな一冊です。細く長く入手可能な状態で
いてほしいと思う本は久々でした。

正直、堂々とおすすめするのは気が引ける内容ですが
そこはマイナーなジャンルで強くたくましく誰に物怖じ
することもなく堂々とマイノリティを貫いている著者に
敬意を表し、評者も勇気を持って

      「おすすめです!!!!」

と書いて本書の書評を終えたいと思います。



このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/29 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/14 20:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/02 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/02 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。