サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0221-24)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ダヤンとハロウィーンの戦い
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2005.4
  • 出版社: ほるぷ出版
  • サイズ:20cm/282p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:978-4-593-59230-2

紙の本

ダヤンとハロウィーンの戦い (Dayan in Wachifield)

著者 池田 あきこ (著)

100年に一度の大ハロウィーンの夜、ふたたび宿命的な戦いが始まった。そのさなかに花ひらく、大魔女セの恋のゆくえは…。不思議の国わちふぃーるどはどうなるのか? 長編ファンタ...

もっと見る

ダヤンとハロウィーンの戦い (Dayan in Wachifield)

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

ダヤンの長編ファンタジーの世界 7巻セット

  • 税込価格:10,45095pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

100年に一度の大ハロウィーンの夜、ふたたび宿命的な戦いが始まった。そのさなかに花ひらく、大魔女セの恋のゆくえは…。不思議の国わちふぃーるどはどうなるのか? 長編ファンタジー第5弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

池田 あきこ

略歴
〈池田あきこ〉東京生まれ。1987年より「わちふぃーるど」と猫のダヤンの物語を書きはじめる。スケッチ紀行のシリーズや教科書の挿絵なども手がける。著書に「ダヤン、わちふぃーるどへ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ダヤンがおそらくこの後に果たす役割を伏線的に埋め込んでいるストーリー

2009/12/08 22:56

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

ダヤンの長編ファンタジー第5弾だが、
本書での主役はダヤンではないように思う。

ダヤンは、アルスにいても、わちふぃーるどに来ても、過去に来ても、
どこに行っても「今を生きること」ができる存在だが、
本書は、ダヤンに動かせない「過去」が
どんどんと進展していっているような雰囲気である。

さらなる魔王との戦いに備えて準備を進めていくタシル、

おぼれ谷に流れ着いたニンゲンの船の救出、

そのニンゲンのひとりであるバードと大魔女セの恋、

そして、暗躍するキマイラにより、
ダークサイドのストーリーが静かに動いていく。

ある意味小休止で、ある意味急展開なのだ。

主役ではないように見えるダヤンだが、重要な役割を果たしている。

まず、ニンゲンのバードが、セを好きであるという打ち明け話を聞き、
間を取り持つような役割を果たす。

そして、100年に1度の大ハロウィーンだからと、
今まで魔族の集まりを欠席し続けていた大魔女セが、
出席しなければならないように仕組まれたときも、
ダヤンはセのお供をするという役割を果たす。

前作・『ダヤンとタシルの王子』で発覚した、魔法の力を強める力を、
セのために使うという役割もある。

今までのストーリーのようにダヤンがお話を動かして、
活躍して、締めるというのとは、今回は少し異なるのだが、
ダヤンがおそらくこの後に果たす役割を
伏線的に埋め込んでいるストーリーのようにも見える。

そして、今回は、ダヤンがどこにいても、
「今を生きられる」という力が、
ダヤンが普通にしているというだけで、際立って見えてくる。

というのは、この過去の時代には、
ダヤンが知っている未来の時代にも生きている存在がいるのだが、
その存在は、明らかに、「未来」よりも「過去」の方が、
より生き生きと生きているのである。

こちらの時代の話を読むと、
今まで読んだ「未来」の時代は、その登場人物にとっては、
まるで余生のようなものだったのではないかと思われるのだ。

だが、ダヤンは、その「未来」を変えるために、
「過去」に送り込まれた存在である。

いったいダヤンは、今後の状況をどう切り開いていくのだろう。

私にとっては、『ダヤンと時の魔法』のエンディングで、
時を越えたときに起こった出来事が、まだ宙に浮いたまま残っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/01/28 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/23 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/04 10:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/04 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/30 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/12 14:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/07 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ファンタジー・SF ランキング

ファンタジー・SFのランキングをご紹介しますファンタジー・SF ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。