サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 新しい日常を探して ポイント5倍キャンペーン  ~3/24

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.5
  • 出版社: 文芸社
  • サイズ:19cm/357p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8355-8999-8

紙の本

空想組織就職読本

著者 北村 賢志 (著)

多くの人がかつてその一員になることを夢見ていたヒーロー達の組織や、悪の秘密結社。そこへの入り方、組織内での正しい振舞い方などをレクチャー。心のどこかで平凡な生き方に虚しさ...

もっと見る

空想組織就職読本

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

多くの人がかつてその一員になることを夢見ていたヒーロー達の組織や、悪の秘密結社。そこへの入り方、組織内での正しい振舞い方などをレクチャー。心のどこかで平凡な生き方に虚しさを感じている人は必読。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

北村 賢志

略歴
〈北村賢志〉1970年千葉県生まれ。近畿大学卒業。電気会社に勤務する傍ら、戦史研究を行う。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「非日常」イズム、最後の継承者

2006/08/13 18:15

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いえぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

かつて、サブカルチャーファンを虜にした「非日常実用講座」というシリーズのマニュアル本がありました。その名の通り、巨大ロボットに乗ったり、ジャンボジェットを操縦したりといった、多くの人にとって一生縁の無さそうなことに的を絞って、これでもかとばかりに解説を続けたもので、当初は単行本として出版されましたが、同じ出版社によって一部の作品が新書化されて再発売されたり、別の出版社によって一部が文庫化されたりと、息の長いロングセラーとしての評価も得ました。
この「空想組織就職読本」も、本来は、「非日常実用講座」の一セクションとして世に出る予定だったようですが、後書きによると、元々、「非日常実用講座」を出していた出版社サイドが、セクションの廃止を決定したことで、「空想〜読本」の体裁を取って出版されることになったようです。そのため、シリーズブランドが付与されない結果となり、本書を最後まで読まなければ、この本が、「非日常実用講座」の一つだったことがわかりません。
文体や、文章のレイアウトは、「非日常」シリーズのフォーマットをそのまま継承しており、仮想戦記に対する硬質な批評で知られた北村氏の分も、随分と柔らかいものになっています。とは言え、指摘そのものの鋭さは相変わらずで、「非日常」シリーズらしく、本全体のテンポもスピーディで滑らか。研究対象になっている組織も、梁山泊、アストロ球団、「るろうに剣心」の志士雄団、さらには「ガンスリンガーガール」の「公社」など、あらゆる年齢の読者層にマッチしうる広さを誇っているのは、「流石」の一言。「空想〜」シリーズが好きな方にも、「非日常」シリーズを読まれていた方にも、お勧めできる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。