サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~第四弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

特務艦隊
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.5
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/412p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-324000-4

紙の本

特務艦隊

著者 C.W.ニコル (著),村上 博基 (訳)

第一次大戦終盤。跳梁するUボートから連合軍の補給船を守るべく、地中海に派遣された日本海軍。膨大な英文資料を基に、日本海軍の知られざる海戦とその誇り高き姿を勇壮に描く。【「...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

第一次大戦終盤。跳梁するUボートから連合軍の補給船を守るべく、地中海に派遣された日本海軍。膨大な英文資料を基に、日本海軍の知られざる海戦とその誇り高き姿を勇壮に描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

C.W.ニコル

略歴
〈ニコル〉英国生まれ。財団法人「C.W.ニコル・アファンの森財団」設立。著書に日本の海の英雄について書いた「遭敵海域」「盟約」「勇魚」などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本帝国海軍、地中海に遠征す

2006/03/07 17:15

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書、実は銛一一家の壮大なサーガ物の一環だったのですが、そんなことは、全く知らずに本書を飛び込みで読んでしまいました。
 著者のニコルさんは、日本と英国が蜜月だった時代のかくれた、
海の英雄たちを、紹介する目的で、このシリーズを書き出したそうで、
 日本の作家が見過ごしがちな、英国の英雄と日本と英国の関係、
また、欧米の作家が見過ごしがちな、日本の海の英雄を程よくブレンド
しながら、書いています。
 前者の代表的テーマは、第一次世界大戦、
日本人にとって、なんとなく、西洋人どうしが、勝手に戦争をしていた
イメージであんまり興味がない感じです。
 後者の代表としては、日本の国民的作家、司馬さんによって、一躍有名に
なった、日本帝国海軍の秋山参謀が、本書でも、出てきます。
 日本海軍の第一次世界大戦の、地中海遠征は、
「日本海軍地中海遠征記」と、言う本をこのニコルさん自身が、
編集されていて、本当は、そっちの本も読みたかったのですが、
手っ取り早く、こちらを、図書館で借りてしまいました。
 本書の内容は、一応エンターテイメント小説で、
スパイ狩りあり、銃撃アクションあり、海戦ありです。
表題より、もっと、海戦シーンがふんだんにあると予想していたのですが、
ニコルさんが、歴史をきちっと記したかったとあとがきで書いている通り、
事実に即した内容で、あまり海戦シーンは、メインではありません。
 意外に、さらーっと書いてあって、少し、肩透かしを食らった感じです。

 本書でのドイツ海軍のUボート対策で、商船に偽装した、戦闘艦
Qシップの話は、宮崎駿の「雑想ノート」にも、紹介されていました。
 なんか、漫画チックな話しですが、
それぐらい、Uボート対策は、手段を選べないぐらいの、
身に迫った脅威だったみたいです。
 あと、第二次世界大戦では、当たり前の
爆雷が開発されたのも、この時期なのだそうです。
 ニコルさんには、この時期の
海の物語を紹介して欲しいですね、、。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/05/12 07:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。