サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ネコソギラジカル 中 赤き征裁vs.橙なる種

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ネコソギラジカル 中 赤き征裁vs.橙なる種(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 115件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.6
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/373p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-182399-X
  • 国内送料無料
新書

紙の本

ネコソギラジカル 中 赤き征裁vs.橙なる種 (講談社ノベルス)

著者 西尾 維新 (著)

人類の最終存在、橙なる種・想影真心を伴って、「僕」こと戯言遣い・いーちゃんの前に「狐面の男」は現れる。世界の法則は、この世の真理そのものなのか? 「戯言シリーズ」最終楽章...

もっと見る

ネコソギラジカル 中 赤き征裁vs.橙なる種 (講談社ノベルス)

1,166(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ネコソギラジカル 中 赤き征裁vs.橙なる種」が含まれるセット商品

戯言シリーズ (講談社ノベルス) 全9巻完結セット(講談社ノベルス)

戯言シリーズ (講談社ノベルス) 全9巻完結セット

商品説明

人類の最終存在、橙なる種・想影真心を伴って、「僕」こと戯言遣い・いーちゃんの前に「狐面の男」は現れる。世界の法則は、この世の真理そのものなのか? 「戯言シリーズ」最終楽章三部作の中巻。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西尾 維新

略歴
〈西尾維新〉1981年生まれ。2002年「クビキリサイクル」で第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー115件

みんなの評価4.0

評価内訳

2005/06/30 02:35

投稿元:ブクログ

待望の中巻。
なれど中巻でしかなかった。
「崩子のことを任せます」
「そこにいてくれたんだ――理澄」
「傑作だぜ。かはは」

2009/08/24 20:13

投稿元:ブクログ

物語はどんどん加速。
出夢のアレとか、萌太のアレとか、崩子のアレとか、いろいろグッと来るポイントはあったんだけど、個人的に一番グッと来たのは零崎登場シーンかな。
あれほど王道少年漫画パターンはないね。
割り切って読むと面白い。

2005/06/11 15:25

投稿元:ブクログ

期待の中巻、ついに発売!取り敢えず裏表紙の人物がよかったです。後はさすが萌えキャラ殺し・・・ってな所ですか。伏線の回収は間に合うのでしょーか下巻。分厚くなってくれても全然構いませんー笑。

2005/07/08 21:50

投稿元:ブクログ

やっぱり面白いよ、西尾維新。文章がなんとなく独特なせいなのか、単純に面白いのか、かなりのハイペースで読んでしまう、毎回。次は戯言シリーズ最終ですか。期待するが、ちょっと寂しい。

2005/06/11 01:50

投稿元:ブクログ

戯言シリーズもいよいよ佳境。ここから物語がどう集束していくのか、気になります。魅力的なキャラが多いので、オススメですよ。

2005/06/12 23:45

投稿元:ブクログ

ブログで見て即買い。思ったのは、あきらかお前これタイトルおかしいやろ!です(笑)
戯言もあと1作で終わりかー…寂しいです。ああ、泣いたさ!萌太大好きでしたもの!
ああいう、覚悟したのに弱いです。

2005/06/21 16:01

投稿元:ブクログ

えええええ真心さん、えええええ!?の回。
とりあえず意外な展開。読めない顛末。拾いきれないんじゃないかってぐらいの伏線。
下巻が出るのが楽しみな反面怖い…

2005/07/07 18:10

投稿元:ブクログ

一冊だけで評価するとつまらないのだが、シリーズ中の一作として評価すると傑作である。今まで巻数をかけてきたことが、全くのぱーとなる。
狐面の男の一言によりあっけなくおじゃんとなる。世間的にはまだ無名な西尾維新が読者の予想という名の期待を裏切るさまは圧巻である。

2005/06/18 17:17

投稿元:ブクログ

このシリーズは、ロマンチスト以外全部泣きました。別に感動して泣いたんじゃないけどなんなんだろうなぁ。勿論これも例外じゃないです。

轢死したあの人の、死に方は歴代で1番泣いた死に方ですよ。

ていうか、次巻で最終って・・・なんか、下の上とか出して欲しい気分です。終わるのが名残惜しいとかじゃなくて、ただ単に説明不足が多すぎるみたいな意味での。でもこれは最高でした。


「―――いつ死んだって、おかしくない」

2005/06/17 18:06

投稿元:ブクログ

大人気 新青春エンタ<戯言シリーズ>!けれど――もうおしまいだ。
血と知が交錯する最終章。西尾維新、最高潮!

「――諸手をあげて、喜べよ」人類の最終存在、橙なる種・想影真心(おもかげまごころ)を伴って、「僕」こと“戯言遣い・いーちゃん”の前に「狐面の男」は現れる。バックノズル、ジェイルオルタナティブ……。“運命”の最悪の傍観者たる彼が唱える“世界の法則”は、この世の“真理”そのものなのか!?新青春エンタの決定版中の決定版、<戯言シリーズ>、その最終楽章となる『ネコソギラジカル』3部作、すべてが予測不可能な主題(テーマ)が激しく錯綜し旋律する、待望の中巻!完全燃焼、西尾維新!!

2005/07/27 16:12

投稿元:ブクログ

「そこにいてくれたんだ―――理澄」のセリフに泣きました。次回作に期待、でもなんか次巻で書いてないこと全部書ききれそうもないね

2006/12/09 18:27

投稿元:ブクログ

澄百合での決戦を経て激しい痛手を負った戯言遣いは、自分からも攻撃を仕掛けることを決意する。狐さんとの頭脳合戦もいいけど、伏線多数でちょっとつなぎっぽい感じは否めず。それにしても人識おいしいとこもってきどりだ。
06/12/5

2005/07/12 22:30

投稿元:ブクログ

ショッキングな事起こりまくり!キノラッチがたったの一行で!!!(涙)まさかまさかの連続でもう泣きそうです。でもクラスタな人達もうごうごしだしたみたいで下巻が楽しみですよ。だっちゃが出ますように(笑)あ...でも零崎一賊って...!
あと、狐さんは本当に最悪で格好良いよ思う。うふふ。

まだまだ展開が分らないんで★4つで。

2005/11/20 15:33

投稿元:ブクログ

最終の存在が際立つ。いーちゃんの十三階段との接触にどきどきしてたら、狐さんの行動で全てが吹っ飛ぶ。裏表紙の人物の再登場もあって、どんどん加速している!

2005/11/11 22:28

投稿元:ブクログ

西尾維新著。戯言シリーズ終話作中巻。最後の最後まで目が離せない、読み飛ばせない、歓喜と喜狂の作品。主人公『いーちゃん』と死んだはずの友達『想影真心』達が繰り広げる、世界の終わりを描いた一作。
解り難いのなら、まずは読もう。

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む