サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.7
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:20cm/226p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8222-4456-3

紙の本

私の脳はなぜ虫が好きか?

著者 養老 孟司 (著)

虫がわかれば世界がわかる? 著者がもっとも愛してやまない昆虫についての初めての単独著書。養老ワールドの真髄、ここに開陳。『日経エコロジー』連載に加筆して単行本化。【「TR...

もっと見る

私の脳はなぜ虫が好きか?

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

虫がわかれば世界がわかる? 著者がもっとも愛してやまない昆虫についての初めての単独著書。養老ワールドの真髄、ここに開陳。『日経エコロジー』連載に加筆して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

養老 孟司

略歴
〈養老孟司〉1937年神奈川県生まれ。東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。現在、北里大学教授、東京大学名誉教授。「からだの見方」でサントリー学芸賞、「バカの壁」で毎日出版文化賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「なんということもない」ものから広がる世界の気配

2007/05/29 16:15

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 エコロジー関係の雑誌に連載された文章だそうである。虫が好きな人は「そうそう!」と思う話、関心の無い人には「そんなこと、どうでもいいじゃないか。」と大して面白くもない、そんな「なんということもない」虫の話である。1999-2002の連載文をまとめたものなので、「愛知万博予定地」など少し古くなった時事的な話題もある。が、昆虫を相手にしている時の著者ののびのびとした心の動きが素直に出ている文章もあり、「ひとって、こんな風にいろんな考えをまとめあげていくのだな」と思えるものもある。まあ、気楽に読み流せる一冊である。その割には、と考えると値段が少々高いかもしれない。
 大学で長く研究をして疑問も生じたけれど、と著者は書いている。しかし「研究というのは、そうした疑問を解くことではなかった。研究は具体的だが、疑問は抽象的だったからである。」。どんな疑問も思考も「具体的」なところから始まるのだろうけれど、「仕事」という制約の中ではそこからはみ出した抽象的なものを育てることは難しい。著者は、そんなはみ出した部分を「虫」という他人には「なんということもない」世界につないで広げていったのではないだろうか。そんな著者の長年の心の動きが垣間見える。意味はわからないがなにか気になる世界をむやみに切り捨てないことも大事なのかもしれない。

 表紙、裏表紙のゾウムシがなかなか気になってしかたがない。この立体は模型か?グラフィックスか?影も映っていて良くできている。機関車とかフィギュアとか、「何分の一」の模型は多いけれど、「何十倍」の模型もいいかも、などとつくづく眺めてしまった。ひっくり返し、ためつすがめつ見れば、どうでもいいことからいろいろとまた世界が広がりそうな気配がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。