サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

本の通販ストア OP 3%OFFクーポンページ(~6/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ラインの虜囚
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 47件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生 一般
  • 発売日:2005/07/06
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/355p
  • 利用対象:小学生 中学生 一般
  • ISBN:4-06-270575-3

紙の本

ラインの虜囚 (Mystery land)

著者 田中 芳樹 (著)

【うつのみやこども賞(第22回)】1830年、冬、パリからライン河へ。奇妙な塔に幽閉された仮面の男は死んだはずのナポレオンなのか? カナダから来た少女コリンヌと仲間たちの...

もっと見る

ラインの虜囚 (Mystery land)

税込 2,160 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【うつのみやこども賞(第22回)】1830年、冬、パリからライン河へ。奇妙な塔に幽閉された仮面の男は死んだはずのナポレオンなのか? カナダから来た少女コリンヌと仲間たちの、謎と冒険の旅がいまはじまった。【「TRC MARC」の商品解説】

1830年、冬 パリからライン河へ 謎と冒険の旅がはじまる
旅の仲間は4人 カナダから来た少女コリンヌ 酔いどれ剣士モントラシェ カリブの海賊王ラフィット 若き自称天才作家アレク
奇怪な塔に幽閉された仮面の男は 死んだはずのナポレオンなのか?
謎と冒険の旅がいまはじまった!

【商品解説】

目次

  •  

著者紹介

田中 芳樹

略歴
〈田中芳樹〉1952年熊本県生まれ。「緑の草原に…」で幻影城新人賞を受賞しデビュー。「銀河英雄伝説」で星雲賞を受賞。著書に「創竜伝」「アルスラーン戦記」「薬師寺涼子の怪奇事件簿」シリーズなど。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー47件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

日本の児童小説として、海外に翻訳されても絶対に評判になると思います。特に、歴史の扱い方の上手さ、日本の児童小説史を書き換えるんじゃあないでしょうか、なんたって日本人がいない

2005/10/18 21:07

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリランドの一冊で、話の筋はさておき、なぜ田中がこの話を書きたかったのか、どのような物語にしたかったのかは巻末のあとがきに詳しく述べられています。そして、私が読んだ限り、それは成功しているといえるでしょう。特に、日本語で書かれた児童小説で、舞台をヨーロッパにした冒険談がここまでしっくりいった例を私はほとんど知りません。
田中は、この作品が世界に紹介された場合のことを軽く書いていますが、日本人が全く出てこない、そしてアメリカ、カナダ、フランス、ドイツ、イギリスの近代史を上手に取り入れた作品として、堂々と世界に紹介されるべきものではないかと思います。
繰り返しますが、この本の最大の特徴は日本人が出てこないという割り切りのよさで、やはり田中芳樹が日本人ではない、ということに関係しているのかもしれません。今までにも、日本人が書いた海外を舞台にした小説は、純文学、エンタメ、たくさんありました。私が好きな後者では、逢坂剛のスペインもの、船戸与一の南米もの、森詠のアフリカものなど世界水準の作品が目白押しです。
ただし、私などは何も主人公が日本人である必要はないのになあ、などといつも思っていたものです。不自然なんですね。現在、日本人が世界で活躍する、といっても殆どが海外旅行者ですし、こっそり日本人同士で過ごしてはいても、やはり中国人などに比べれば、あまりにマイナーな存在です。お金だけばら撒いて、大物ぶってはいても、その地に根付いて、その社会で不可欠の存在になるには、まだまだ力不足。これで常人理事国に入りたい、などというのはどの面下げていうのか、と思います。
で、田中はそれをバッサリ切り捨てました。その割り切りが、子供のための本といえば、とかく日本人の、頭はいいけれど気が弱い男の子が探偵役、それを我儘な女の子ひっぱる、といったワンパターンに陥ることから救っています。そう、この物語に登場するのは、スーパーマンではない少女と、百戦錬磨の大人たちで、そこには、ありふれた恋はなく、子供はあくまで子供として描かれます。それが世界に通じる、と私が評価する理由でもあるわけです。
例えば、主人公はフランス人の伯爵の息子モーリスとカナダの先住民との間に生まれた16歳の少女コリエンヌ・ド・ブリクールです。それに海外で手配されている犯罪者ジャン・ラフィットがいます。身分を隠す謎の軍人モントラシュがいます。そして、自分を天才と称する作家アレクサンドル・デュマがいます。
そして、時代ですが1830年です。ナポレオンがセントヘレナ島に流され、亡くなったとされるのが1821年ですから、その9年後が舞台です。その死、というか生がこの話の核にあります。ナポレオンがフランスの皇帝になったのが1804年、とまあこういうことは全く覚えていなかったのですが、この本のおかげでスンナリ頭に入ってきました。
ですから、ベートーヴェン、ハイネ、ジェラール、メッテルニッヒが出てきます。アメリカの奴隷制、カナダの原住民、フランス革命、七月革命、カナダを巡るフランスとイギリスの話も、国債だって出てきます。マルクスだって、顔をだします。それが決して不自然ではありません。ラルフ・イーザウ『暁の円卓』にでてくる有名人オンパレードの奇妙さとは雲泥の差です。今までの子供の物語で、革命を書いたものがありますか?それだけでも田中はエライ!
素晴らしい装画・挿絵は1961年生まれのマンガ家鶴田謙二、これなら星雲賞をとってもおかしくはありません。装幀は、シリーズ全体をまとめている祖父江慎+阿倍聡(cozfish)。もし不足があるとしたら、当時のヨーロッパの地図、これだけは欲しかったですね。フランスやパリ、セントヘレナ島、ライン川、セーヌ川、プロイセンの位置関係は分るようにして欲しかった、そう思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/11/14 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/23 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/17 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/21 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/01 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/01 17:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/11 19:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/07 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/15 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/21 23:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/31 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/06 13:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/12 01:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/03 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。