サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 不思議の国の論理学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

不思議の国の論理学(ちくま学芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.6
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/250p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-08923-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

不思議の国の論理学 (ちくま学芸文庫)

著者 ルイス・キャロル (著),柳瀬 尚紀 (編訳)

不思議の国の論理学 (ちくま学芸文庫)

1,188(税込)

ポイント :11pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/04/21 17:10

投稿元:ブクログ

えっとぉ〜、解説書とゆぅよりは、キャロルの代表的な論理学の翻訳書。
事前に知っている&理解しているもの半分、知らなかったもの半分だったので、私はちょうど良いかったけど、丸きり知らずに読んだら、結構疲れるかも。
どうしてこうなるかとか、解説は無いわけですからね。

2009/06/18 20:10

投稿元:ブクログ

論理学といって想像したのはどちらかというと文系の考え方だったのだけれど、すごく数学的でした。ただ、英語を無理やり日本語にしたような言葉使いがちょっと・・・。
2009/6/18

2006/09/30 01:56

投稿元:ブクログ

童話作家、数学者、写真家と多彩な顔を持つルイス・キャロル(本名チャールズ・ドジソン)による論理学パズルの詰め合わせ。詭弁論理学に紹介されている「理髪師のパラドクス」の原典もここに収録されている。味のある難問奇問の数々は頭の体操にはぴったり。キャロルが考案したという論理ゲームは非常に面白い。「論理学者にとって前提の真偽は重要ではない。我々の義務はただ、前提が論理的に結論に繋がるかどうかを理解することのみである」とはまた趣き深い御言葉。虚時間という概念を用いて特殊相対性理論を説いたスティーヴン・ホーキング博士(曰、時間を虚数とした方が計算がしやすいだけで、ご本人は時間が実数なのか虚数なのかには興味が無いそう)にも通じる。世界は果てなく深遠でまた美しい。

2007/05/27 21:05

投稿元:ブクログ

パラドクス、謎なぞ、ダブレット、アナグラム、アクロスティック、タングラム、記憶術、初等幾何、暗号法、オリガミ、論理ゲーム…『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』のほか、『もつれっ話』『枕頭問題集』などの作品から精選した頭の体操のかずかず。数学者・論理学者のドジソン先生=キャロルが、パズル好きのすべての人々のために編み出した、数学と言葉あそびにまたがる楽問・難問・奇問集。

2010/01/03 22:32

投稿元:ブクログ

なんだかわからないけど、面白かった。
不思議の国のアリスの世界って、興味深い。
作者も、こんな人だったんだなあ、ということを初めて知った本。

2014/05/12 20:02

投稿元:ブクログ

 想像してた論理学と違った。日本語でおk。

 アリスのゲームやってるから積んでたものを読んでみた。言語哲学に通じる論理学(Pとか¬Pとか使うような)というより、数学、パズル、言葉遊び。まあルイス・キャロルだからねぇ。
 前半は面白かった。アンクル・トムとアンクル・ジョーのやりとりとかも。後半はユークリッド幾何学の公理、定理を知ってるあるいは興味がないとつらい。ほぼ流し読み。あと図が欲しいっす、先生。
 言葉遊びはあまり興味なし。ダジャレにしかならないから寒い。
 魔法の論理部分の初等幾何学の定理、「すべての三角形は二等辺三角形である」と「鈍角はときに直角に等しい」おかしいってのは分かるんだけど、証明読んでも何がおかしいのか分からん。
 次おべんきょ系読むならちゃんと言語哲学か哲学にします……

2012/02/22 16:55

投稿元:ブクログ

柳瀬ファンにはたまらないキャロルのあれやこれや。ユークリッドさんたちの対談が面白かったです。翻訳する前、柳瀬さんの本を読むと気合い入ります。マネできないけど。

2014/10/07 20:10

投稿元:ブクログ

子供向け童謡作家というのは世を忍ぶ仮の姿。天才数学教師、チャールズ・ドジソンは行列や記号論理学の本も著作しており、他にも自作の言葉パズルを連載したり折り紙の名手だったりと多彩な才能を持っていたのだ。本書はそんなドジソンの出版した論理パズルや謎かけ本の幾つかをまとめて一つにしたもの。柳瀬尚紀氏が訳しているだけあって、英語用に創作された言葉遊びを日本語に応用する方法も記載されており二重に言葉遊びを楽しめる仕掛けになっている。韻文で謎かけを出し、答も韻文で作られている「不思議の国からの謎なぞ」には感嘆させれた。

ちくま学芸文庫 ランキング

ちくま学芸文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む